日本家禽学会誌
Print ISSN : 0029-0254
21 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 杉村 敬一郎, 堀 悦子, 栗原 良雄, 伊藤 澄麿
    1984 年 21 巻 1 号 p. 1-7
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    家畜の飼料原料として数多くの種類の飼料が用いられているが,その中で粗放的飼育の場合,家禽は節足動物,環形動物等を相当摂取していることが観察されている。そのうち,蛋白質含有量の高いミミズの栄養価については,これまで,吉田や目加田の報告があるがバッタについての報告はほとんどみあたらない。
    そこで著者は,ミミズを飼料として用いる場合,乾燥方法(自然乾燥,凍結乾燥)の違い,さらに,白然乾燥したバッタを加えての栄養価について検討を行なった。
    1. 一般成分分析の結果から粗蛋白質含量(以後CPとする)については,ミミズは魚粉とほぼ同等の値(60%)を示し,バッタは70%と魚粉よりも高い値を示した。
    2. アミノ酸組成は,ミミズは魚粉に比べてメチオニン,グリシン等が低い値を示し,バッタは魚粉に比べて全体的に低いアミノ酸含量を示した。
    3. 17日齢の雛を用いた消化試験の結果から,CPの消化率は,ミミズ,バッタともに70%以上を示した。その中でも凍結乾燥ミミズは87%と最も高い消化率を示した。粗脂肪の消化率は,凍結乾燥ミミズ,自然乾燥ッタともに88%と高い消化率を示したが,自然乾燥ミミズは59%と低い値を示した。その他の消化率においても凍結乾燥ミミズが最も高い値を示した。
    4. 可消化養分総量においては,凍結乾燥ミミズが81.9%と高い値を示し,自然乾燥バッタおよび自然乾燥ミミズはそれぞれ66.5%,59.6%であった。
    5. 代謝エネルギーにおいても,凍結乾燥ミミズが3.76Kcal/gと高い値を示し,自然乾燥バッタおよび自然乾燥ミミズはそれぞれ2.69Kcal/9,2.41Kcal/gであった。
    6. さらに,魚粉6%と凍結乾燥ミミズ,白然乾燥ミミズ,自然乾燥バッタでそれぞれ代替した飼料で飼養試験を行なった結果,増体重,飼料摂量および飼料効率の成績は魚粉区(対照区),凍結乾燥ミミズ区,白然乾燥ミミズ区,自然乾燥バッタ区のいずれの区間においても統計的に有意の差は認められなかった。
    7. また,飼養試験終了後,すばやく屠殺,放血した後体重に対する各臓器重量の割合を測定した。その結果,対照区と他の区間において統計的に有意の差は認められなかった。
    8. さらに,肝臓,腎臓,膵臓,脾臓および腿筋,胸筋の解剖を行なった結果,外観上の異常は各試験区とも認められなかった。
    これらの成績から,養鶏用飼料の動物性蛋白質源である魚粉の代替としてミミズの重要性が考えられる。
  • 古田 賢治, 高橋 次夫
    1984 年 21 巻 1 号 p. 8-11
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    ホルマリン散布による消毒効果について基礎的な検討を行った。大腸菌又は黄色ブドウ球菌で汚染した人工汚染検体,平飼い鶏舎床面に放置して汚した自然汚染検体を,1m3の木箱内又は14.5m3の消毒室内で,40ml/m3のホルマリンを霧状に散布,又は燻蒸により消毒した。
    1検体当たり大腸菌104.5,黄色ブドウ球菌104.7が付着していたが,ホルマリン散布後3時間以内に菌が検出されなくなった。自然汚染検体には107.3/検体又は106.5/cm2の菌が付着していたが,ホルマリン散布24時間後に極く少数の菌が検出されることがあった。ホルマリン散布の効果は燻蒸による効果と差はなく,高い消毒効果が得られた。
  • 目加田 博行, 今枝 紀明, 横田 浩臣, 奥村 純市
    1984 年 21 巻 1 号 p. 12-19
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    日本酒製造の工程の精米時に相当量の米粉がでる。これは白糠と呼ばれているが,米を十分に利用するため,最近になり白糠を酵素で糖化し糖液を利用することが行われるようになってきている。糖液は糖化液を圧搾して作られるが,その残渣は水分を40~50%含み,蛋白質が豊富でこれまでは工場周辺の酪農あるいは養豚農家において飼料の一部として利用されていた。しかし飼料として効率的に利用するためには,糖液残渣を乾燥することが望ましく,この乾燥残渣(糖化粕と略)の栄養価の検討が必要となった。本研究では,蛋白質含量約50%(高糖化粕と略)および約30%(低糖化粕と略)のものを用いて,その栄養価を評価した。
    実験1:8日齢の白色レグホーン種雄ヒナを用い,20%蛋白質の半精製飼料の蛋白質部分を10%だけ糖化粕とおきかえ,不足するアミノ酸を加えて10日間の飼育試験を行った。その結果,糖化粕添加飼料でも標準飼料と同等に発育した。
    実験2:人工肛門を設着した白色レグホーン雄成鶏を用いた。高糖化粕および低糖化粕を単一蛋白質源とした10%蛋白質含量の飼料および無蛋白質飼料を作り,それぞれの飼料を1日70g,個体別代謝ケージに収容した5羽ずつの鶏に1週間ずつ給与し,それぞれの後半の3日間糞および尿を採集した。その結果,高糖化粕および低糖化粕における蛋白質の真の消化率は89および91%となり,生物価は65および66%,代謝エネルギー価は2.79および2.98kcal/gとなった。
    実験3:1週齢のブロイラー専用種288羽を用い,とうもろこし,大豆粕,魚粉を主体とした実用飼料を用いた。試験飼料は高糖化粕を用い蛋白質含量で2,4,6%だけ大豆粕とおきかえた。49日間の増体量はどの試験飼料区ともほとんど同じであり,飼料摂取量は糖化粕の添加量を増加するにつれて減少した。また飼料要求率は糖化粕を添加すると減少した。
    実験4:7か月齢の白色レグホーン産卵鶏180羽を用い,20週間実験した。標準飼料としてとうもろこし,魚粉,大豆粕を主体として実用飼料を用い,試験飼料として高糖化粕を蛋白質含量として2,4,6%だけ大豆粕とおきかえた。各試験区とも産卵率,産卵量および飼料要求率にはほとんど差がなかった。
    大豆粕-とうもろこし型のブロイラー用および産卵鶏用の実用飼料に糖化粕を蛋白質含量換算で6%まで添加する場合に,不足するアミノ酸はリジンだけであり,糖化粕は鶏用飼料の蛋白質補助剤として,十分に使用できるものと推察される。
  • テラプントワット スイット, 田先 威和夫
    1984 年 21 巻 1 号 p. 20-27
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    三種の緑葉蛋白濃縮物(LPC A:アルファルファ+イヌビエ,LPC B:エンバク+スズメノカタビラ,LPC C:ラジノクローバ)の栄養価を,8日齢のニワトリヒナに10日間給与して検討した。LPC飼料のアミノ酸含量を測定すると,A飼料ではアルギニンとメチオニンが,またC飼料ではアルギニンがNRC要求量に比し欠乏していたので,これらを添加したものとしないものを用いてCP 19~20%の飼料を配合し,大豆蛋白とその栄養効果を比較した。飼料摂取量についてみると,A飼料およびこれにアミノ酸を添加したものは対照の大豆蛋白飼料と差がなかったが,B飼料は対照より多く,またC飼料とそれにアルギニンを添加したものは有意に対照より低かった。ヒナの増体ではLPC飼料はいずれも対照より著しく劣ったが,LPCのなかではB飼料が他のものより優れていた。なおAおよびC飼料にアミノ酸を補足してNRC標準のレベルにしてもその効果はみられなかった。
    窒素の蓄積率,エネルギーの代謝率および蓄積率も増体とその傾向が全く一致し,LPC飼料は対照に比して著しく低かった。これらの利用性が悪いことがLPCの栄養価を低下させる原因と考えられるので,利用性を向上させる方策を究明する必要があろう。
  • 武政 正明, 土黒 定信
    1984 年 21 巻 1 号 p. 28-33
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    小麦およびフスマについて水浸処理を行ない,リン形態の変化およびリンの利用率に及ぼす影響について検討した。水浸処理は次のように行なった。すなわち,粉砕した小麦またはフスマに等重量の水を加えてよく撹拌して室温に6時間(小麦のみ)または20時間保持したのち,乾燥,粉砕,風乾した。このようにして調製した処理小麦および処理フスマについてリンの形態変化を明らかにするとともに,処理小麦の場合55%,フスマの場合25%を含む飼料を雛に給与して処理が成長,飼料効率,MEおよび脛骨灰分含量に及ぼす影響を明らかにした。
    その結果,小麦およびフスマの水浸処理によって雛の成長,飼料効率および脛骨灰分含量は有意に改善された。6時間および20時間水浸処理による雛の脛骨灰分含量の増加量は,小麦55%配合飼料においてそれぞれ0.03%および0.05%の無機リンを無処理小麦飼料に添加した場合と等しいものであった。フスマの水浸処理による雛の脛骨灰分含量の増加量は,フスマ25%配合飼料においては,0.06%の無機リンを無処理フスマ飼料に添加した場合と等しいものであった。小麦およびフスマのMEはいずれも処理によって改善される傾向が認められた。
  • 内藤 充, 小宮山 鐵朗, 韮澤 圭二郎
    1984 年 21 巻 1 号 p. 34-37
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
  • 中広 義雄, 一色 泰
    1984 年 21 巻 1 号 p. 38-42
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    腸粘膜の単位表面積当たり吸収量をもって腸管吸収能を表わすことの妥当性を検討するために,粘膜表面積の測定条件と測定値の関係を調べるとともに,鶏種ならびに部位別における腸管の重量,長さおよび粘膜表面積の相対比について比較調査を行い,次のごとき結果を得た。
    1.室温下(20±4℃)では腸を取り出し後1時間より7時間まで,冷蔵下(7±1℃)ではさらに70時間まで延長してそれぞれ経過時間と粘膜表面積の測定値との関係を調べたが,前者では2~3時間後が,後者では40~50時間後が比較的安定した状態で測定しうる時間帯であることが示された。
    2.腸の重量,長さおよび粘膜表面積の各相対比は鶏種や部位によって差異がみられたが,特に部位間の差が著しかった。これは腸の管囲や厚さが鶏種や腸管部位により差があるためである。
    以上の結果より,腸粘膜の単位表面積当たりの吸収量を吸収能の表示単位に用いる方が腸の大小や組織の厚薄に関係なく比較できるので,腸の重量あるいは長さ当たりの吸収量で示すよりも正確さが得られると思われる。
  • 村田 昌稔, 真鍋 政義, 下司 一, 中沢 稔, 古田 賢治
    1984 年 21 巻 1 号 p. 43-46
    発行日: 1984/01/25
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    滋賀県種鶏場で慣行的に実施しているケージ鶏舎の消毒効果を付着菌数を指標として評価し(実験1),次に,その結果に基づき若干の変更を行なって消毒を実施し効果を調べた(実験2)。
    採卵鶏450羽を48週間飼育した開放式ケージ鶏舎を対象とし,鶏を淘汰した日に除糞と清掃を,その翌日水洗を行った。水洗の翌日オルソ剤の100倍液を散布消毒し,その14日後に逆性石〓の1,000倍液を散布し再消毒した。実験1では,スチーム•クリーナーから14l/m2の水を噴射し水流で洗った。実験2では17l/m2に水量を増し,床面,ケージ台及び床面からの高さ1.5m以下の壁面をデッキ•ブラシ又はたわしにより擦り洗った。オルソ剤と逆性石〓のそれぞれの散布量は実験1では0.4l/m2,実験2では0.6l/m2とした。
    清掃後の鶏舎の付着菌数は床面が最も多く,次いで梁木上面,ケージ台の順で,屋根裏の菌数が最も少なかった。水洗により有意に菌数が減少したのは床面と梁木上面及び実験2のケージ台で,他の位置では有意な減少は認められなかった。実験2では実験1より水量を3l/m2多くしたが,その効果は明瞭でなかった。
    オルソ剤の散布により,実験2のケージ台では菌数の減少が有意であったが,その他の位置及び実験1の各位置では有意な減少が認められなかった。逆性石〓散布による再消毒の前後の菌数を比べても有意な減少は認められなかった。消毒液の散布量も実験2では実験1よりも0.2l/m2多くしたが,その効果は明瞭でなかった。
    本実験は農林水産技術会議農業開発総合助成試験事業による「鶏の慢性疾病対策としての消毒法の再評価試験」の一環として,滋賀県種鶏場の経費により実施したものである。
  • 1984 年 21 巻 1 号 p. 47
    発行日: 1984年
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
feedback
Top