心電図
Online ISSN : 1884-2437
Print ISSN : 0285-1660
ISSN-L : 0285-1660
最新号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
Editorial
原著
  • 加藤 貴雄, 八島 正明, 髙橋 尚彦, 渡邉 英一, 池田 隆徳, 笠巻 祐二, 住友 直方, 植田 典浩, 森田 宏, 平岡 昌和
    2021 年 41 巻 1 号 p. 5-13
    発行日: 2021/02/26
    公開日: 2021/03/01
    ジャーナル フリー

    【背景】心電図自動診断はすでに半世紀を超える歴史があり,健診や臨床の場で広く用いられている.各心電計メーカーの汎用心電計には,それぞれ最新の自動解析プログラムが搭載されているが,その診断精度は決して十分とはいえず,実臨床の場ではいまだに専門医によるオーバーリードが不可欠である.【目的】近年,臨床的意義が高まっている心房細動を取り上げ,不適切自動診断の現状とその問題点ならびに不適切診断をもたらした要因について検討することを目的とした.【方法】有志の集まりである「心電図自動診断を考える会」会員から収集した,匿名化心房細動関連不適切診断心電図計145例について,世話人間で詳細解析を行った.【結果】①一般健康診断(会員A)における不適切自動診断は,健診心電図連続50,000例中1,108例(2.2%)に見られ,そのうち心房細動関連は54例(約0.11%,誤診43例,読み落とし11例)であった.一方,循環器専門外来(会員B)の調査では,さまざまな不適切診断連続272例中51例(18.8%)で心房細動の読み落としが見られた.②心房細動を読み落とした計62例では,f波を洞性P波と誤認したのが42例(67.7%),異所性P波としたのが5例(8.1%),心房粗動としたのが8例(12.9%),心房波を読み取れなかったのが7例(11.3%)であった.③心房細動と誤診した計83例では,洞性P波を見落としたのが38例(45.8%),異所性P波を認識できなかったのが37例(44.6%),粗動波をf波と誤認したのが8例(9.6%)であった.【結論】心房細動の不適切診断に関しては,誤診が不要な再検査や専門医受診を招く一方,読み落としによる治療の遅れが脳梗塞や心不全の発症など,重大な合併症を引き起こす危険性をもたらす.波形計測や診断アルゴリズムのさらなる改良に加え,適切な心電図所見のビッグデータを用いた人工知能(AI)の導入など,より精度の高い自動診断システムの構築が求められる.

症例
  • 松村 雄, 渡邉 友博, 中村 蓉子, 渡部 誠一
    2021 年 41 巻 1 号 p. 14-22
    発行日: 2021/02/26
    公開日: 2021/03/01
    ジャーナル フリー

    キニジンは上室性頻拍の予防薬として知られているが,近年では抗てんかん薬としても使用されている.現在までにてんかんでのキニジンを使用した報告は少なく,特に副作用報告はほとんどない.症例は2歳男児,遊走性焦点発作を伴う乳児てんかん.様々な抗てんかん薬や脳梁離断術が無効であり,キニジンを導入した.血中濃度を頻回に確認しつつ,投与量を増加させていった.増量に伴い,けいれん発作は減少していった.フェニトインとの相互作用もあり,キニジン投与量は80mg/kg/dayで血中濃度は治療域を維持していた.キニジンを導入してから1年が経過し,胃瘻造設術で入院した際に徐脈と低血圧になり,生理食塩水の急速投与やカテコラミンの投与を一時的に必要とした.徐脈,低血圧時のキニジン血中濃度は治療域を逸脱していなかったが,心電図は著明なQT時間延長,徐脈となっており,低血圧もキニジンの影響と考えられた.抗てんかん薬としてキニジンを使用する際は,ほかの抗てんかん薬との相互作用で血中濃度が上がらず,多量投与が必要となる可能性がある.キニジンの副反応として低血圧が出現する前に,徐脈などの心電図変化が先行するとされており,薬物の血中濃度のみならず,心電図や血行動態の変化にも注意を払うことが肝要である.

Communication
  • 清水 祥子, 西川 達也, 大国 千尋, 宮本 知佳, 山口 由梨子, 藤澤 義久, 奥山 雄介, 加藤 孝和
    2021 年 41 巻 1 号 p. 23-29
    発行日: 2021/02/26
    公開日: 2021/03/01
    ジャーナル フリー

    単発または2連発の心室期外収縮により房室結節内で機能的縦解離したslow pathway(S路)を逆伝導し,fast pathway(F路)を下行する非通常型房室結節リエントリー頻拍が再現性をもって惹起されたと考えられた2例を報告した.症例1は50歳代女性,単発の心室期外収縮によりQRS直前に陰性P波を伴う房室結節リエントリー頻拍が惹起されたが,頻拍の第1拍は洞性P波でも,また洞性P波と陰性P波との心房融合でも惹起された.症例2は50歳代男性で,心室期外収縮2連発によりQRS直前に陰性P波を伴う非通常型房室結節リエントリー頻拍が惹起された.症例2も頻拍の第1拍は洞性P波でも頻拍は惹起されたことから,洞性刺激がリエントリー回路に進入する前にS路からF路への回帰が生じたと考えられた.症例2は頻拍QRSの立ち上がり部分にデルタ波を思わせる盛り上がりがあるように見えることから,bystander WPWとの鑑別診断についても述べ,考察した.

Letter
Web講演会レポート
2019年度「心電図」最優秀論文賞授賞報告
feedback
Top