日本救急医学会雑誌
Online ISSN : 1883-3772
Print ISSN : 0915-924X
ISSN-L : 0915-924X
16 巻 , 10 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 篠崎 広一郎, 北村 伸哉, 平野 剛, 吉田 明子, 平澤 博之
    2005 年 16 巻 10 号 p. 573-580
    発行日: 2005/10/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    われわれは縊頸症例の臨床経過を検討し,これらの転帰を左右する因子を見極めることを目的に,実験的に解明している病態生理を考察した。【対象と方法】1998. 4~2003. 8に経験した自殺企図411例のうち,縊頸44例を対象として検討した。完遂率に関しては他の自殺企図手段と比較した。救急隊現場到着時(以下,現着時)cardiopulmonary arrest (CPA)の群とnon-CPA群に分け,転帰及び臨床経過を検討した。後者を来院時の意識障害の程度で2群に分け,年齢,男女比,縊頸形態,死亡率,社会復帰率,遅発性無酸素症後脳症の発症率に関して検討した。また,全縊頸症例において転帰を左右する因子として年齢,男女比,縊頸形態,現着時CPAの有無を取り上げその関与につき検討した。【結果】縊頸は検討期間の自殺企図手段の10.7%を占めるが,完遂率は75%と他の手段に比して最も高かった。現着時CPAの縊頸は33例あり,このうち7例に自己心拍の再開を認め,そのうち1例のみ社会復帰したが6例は死亡した。一方,現着時non-CPAは11例あり,死亡は1例,残り10例は社会復帰した。この11例には意識障害の程度で分類した2群間で背景因子や臨床経過・転帰に有意な差を認めなかった。また,全44例の転帰を左右する因子では,現着時CPAの有無にのみ有意差を認めた。【考察】縊頸で脳血流が途絶し,気道が閉塞すると,中枢神経系の不可逆的障害に次いで,心臓を含めた各臓器の固有機能が停止する。従って,現着時CPA症例の予後は不良であるとともに,CPAの有無が目撃者に乏しい縊頸の転帰を左右する唯一の因子となることが判明した。一方,自律神経反射にて短い経過時間でCPAに陥った症例では,早期に縊頸を解除し適切な処置を施行することで,速やかな心拍再開が見込まれ救命可能である。【結語】今回の検討結果を踏まえ,現着時CPAであった縊頸症例の治療に関しては,慎重に考慮する必要があると思われた。
  • 小鹿 雅博, 佐藤 信博, 鈴木 泰, 吉田 雄樹, 井上 義博, 若林 剛, 遠藤 重厚
    2005 年 16 巻 10 号 p. 581-586
    発行日: 2005/10/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    ワーファリン内服中の腹膜炎患者に対し乾燥人血液凝固第IX因子複合体(prothrombin complex concentrates; PCC)を用いた緊急手術を2例経験した。症例1は80歳,男性。大動脈弁形成術,人工血管置換術後よりワーファリン2mg/day内服中,穿孔性虫垂炎,腹腔内膿瘍の診断にて手術施行。術前プロトロンビン時間(PT)-International Normalised Ratio (INR) 4.69,トロンボテスト5%以下だった。症例2は89歳,女性。心房細動のためワーファリン1.5mg/day内服中,絞扼性イレウスの診断にて手術施行。術前PT (INR) 2.73,トロンボテスト5.2%だった。術前にPCC 500E投与,投与15分後の凝固能検査においてPT (INR),トロンボテストの著明な短縮が認められた。2例とも出血傾向,出血性合併症なく周術期を経過した。ワーファリン投与中患者の緊急手術に対するPCCの使用はわが国の保険制度では適応外であるが,今回有用性が示された。今後の適応拡大について検討する必要があると思われた。
  • 中田 華子, 宮本 哲也, 中村 雅彦, 松山 重成, 小林 誠人, 中山 伸一, 小澤 修一
    2005 年 16 巻 10 号 p. 587-592
    発行日: 2005/10/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    症例は36歳,女性で睡眠薬を服薬し,飲酒後,電気コードを首に巻き,首を吊っているところを母親が発見し救急要請となった。来院時意識レベル300,血圧62/52mmHg,心拍数132/min,整,体温35.4℃であった。胸部X線上著明な肺水腫を認め,心エコー上心尖部を中心に壁運動の低下を認めた。カテコラミン投与下にも血圧の維持は不可能となりIABPを導入した。血圧は上昇し,利尿も得られ安定した。次第に左室壁運動も改善し,第3病日に大動脈内バルーンパンピング(intraaortic balloon pumping; IABP)より離脱することができた。同日施行した左心室造影検査にてたこつぼ型心筋障害の所見を得た。冠動脈造影では有意狭窄は認めなかった。第8病日には心機能はほぼ正常化した。たこつぼ型心筋障害の病因についてはいまだ議論が多く,不明な点が多い。本症例においては急性期の血中カテコラミンは上昇し,カテコラミンの心筋障害が原因ではないかと考える。われわれの知る限りでは,本症例は縊頸に伴うたこつぼ型心筋障害の最初の報告例である。
  • 井上 明宏, 河野 兼久, 武田 哲二, 武智 昭彦, 河野 啓二, 石井 大造, 佐々木 潮
    2005 年 16 巻 10 号 p. 593-599
    発行日: 2005/10/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    われわれは2000年から2004年の過去5年間に当救命救急センターで経験したtalk and die 8症例の臨床的特徴について,代表症例1例を呈示し報告する。今回の検討におけるtalk and dieの定義は,「入院時は会話が可能であったにもかかわらず,急激に意識レベルの低下を来し死亡した症例」としている。外傷機転は,交通事故5例,転落2例,転倒1例であり,頭部単純写真で頭蓋骨骨折が7例(87.5%)に認められた。初診時のGCSは,全例13-15点(verbal scoreは7例が3-4点)で会話可能であったが,外傷後22.5時間以内に急激に神経症状が悪化しており,症状悪化前の頭部CT所見は,SDH (subdural hematoma), ICH (intracerebral hematoma), SAH (subarachnoid hemorrhage)などの多彩な所見が認められていた。8例中5例に緊急手術が行われており,頭部CT,手術により確認された症状悪化の原因は,SDHの増大2例,ICHの出現あるいは増大3例,脳腫脹の増悪7例であった。talk and die症例における急激な神経症状悪化の原因は,脳腫脹とSDHやICHなどの頭蓋内占拠性病変による二次性神経損傷に起因するものと考えられる。これらの症例を救命するためには,意識が保たれていても会話や言語が混乱している患者で,頭蓋骨骨折,頭部CTにて多彩な所見が認められた際には,適切な救命施設への搬送を速やかに行うこと,厳重な症状観察と頻回な頭部CT検査を行うことが必要であり,救命救急医療チームがtalk and dieの概念を常に念頭に置き救命処置にあたることが最も重要と考えられる。
  • 守田 誠司, 石津 和洋, 伊東 英輔, 長谷川 小百合, 石過 孝文, 添田 仁一, 猪口 貞樹
    2005 年 16 巻 10 号 p. 600-604
    発行日: 2005/10/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    患者は89歳の男性で,数週間前より少量の下血を認めていたが様子を観察していた。しかし突然の腹痛・嘔気が出現したため他院より紹介受診となった。身体所見では左半身を中心に頸部から大腿部にかけて皮下気腫を触知できた。腹部は膨隆しており全体に圧痛・腹膜刺激症状を認めた。腹部単純レントゲンでは著明に拡張したS状結腸と考えられる腸管を確認した。S状結腸捻転を疑い緊急手術を施行した。S状結腸は気腫を伴い高度に拡張をしていたが,捻転はしておらず腹腔内との交通もなかった。手術標本ではS状結腸漿膜下層に達する潰瘍のみであった。S状結腸内に硬化した糞塊を認めたことより,糞便による閉塞性イレウスにより腸管内圧が上昇し,S状結腸潰瘍部から漿膜下層にガスが広がり,皮下にまで達したもので非常にまれであると考えられた。
feedback
Top