地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
62 巻 , 12 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
  • 高橋 日出男
    1989 年 62 巻 12 号 p. 853-876
    発行日: 1989/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    東アジアの梅雨季 (6, 7月)における降水分布の日々変化を類型化し,タイプごとの降水帯の形成過程ならびに梅雨前線の構造について解析を行なった.降水帯は温度傾度を伴わない収束帯に対応する場合と,大気下層に出現した低温域に伴う温度傾度の比較的大きい前線に対応する場合とがある.前者の場合,総観規模低気圧の後面における北~西よりの乾燥した気流と南よりの多湿な気流とによる対流不安定性の生成が降水帯の形成に寄与していると考えられる.後者については,下層に現われた低温域により湿潤気流の対流不安定性が解消され,降水が発生していると考えられる.さらに,降水帯が華中・華北に形成される場合と華南に形成される場合とでは低温域の進入経路や前線面の傾き,あるいは前線の位置に対する相対的な降水分布などが異なる.南北の温度傾度が通常小さな中国大陸上では低温域の出現や総観規模低気圧通過後の収束の開始が降水帯形成のトリガーとなっていると考えられる.
  • 高橋 誠
    1989 年 62 巻 12 号 p. 877-901
    発行日: 1989/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    わが国の農村地域は,都市を中心とした社会・経済システムの一部に組み込まれた結果大きな変化をとげたが,村落社会もそれと連動しながら変化してきた.したがって,農業および人口構造の変化の結果生じた農村の地域分化と,村落社会の社会的な機能変化とには密接な関連があると考えられる、本稿では,地理学的な立場に立ちながら,(1)農村地域の地域分化の様式,(2)村落社会の機能変化の様式,(3)村落社会の機能変化と農村地域分化との関連性の諸点について検討を試みた.
    その結果,村落社会の農業的機能と自治的機能とが組織的に一体化しているものから,機能分化しているもの,片方または両方の機能が弱体化しているものなどさまざまなタイプの村落が,農業生産の高さや都市住民の流入と関連しながら,空間的に特徴的な分布を示すことが明らかになった.
  • 1989 年 62 巻 12 号 p. 902-904,908
    発行日: 1989/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top