地理学評論 Ser. A
Online ISSN : 2185-1735
Print ISSN : 0016-7444
69 巻 , 3 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 竹内 啓一
    1996 年 69 巻 3 号 p. 145-164
    発行日: 1996/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    ここで地域問題とは,近代国家において国内の特定の領域が提起する社会的,政治的,経済的問題のことである.それは当該国家の社会体制,すなわち広義の資源配分システムにかかわる問題であるので,国民社会のあり方の議論のかたちをとる.この意味で地域問題の提起は社会思想である.地域問題は国によってきわめて多様なかたちをとるし,現代世界においてその性格は急速に変容しつつある.しかし地域問題としてそれらの比較地誌,比較地理思想史の研究は必要であるので,ここでは地域問題のタイポロジーの基準の提示を,地域問題の内容,地域問題提起の主体,国家権力または体制の地域問題への対応という3っの視点から試みた.最後の視点,すなわち国家と地域の関係に関しては,第三世界諸国,旧ソ連・東欧のもと社会主義体制の諸国,そして西ヨーロッパ諸国の3つにわけて考察した.
  • 山本 憲志郎
    1996 年 69 巻 3 号 p. 165-183
    発行日: 1996/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    有珠火口原内,オガリ山南斜面に発達する崖錐斜面において,乾燥岩屑流堆積物と転・落石堆積物のファブリックを計測し,両者の違いを明らかにし,移動様式を考察した.乾燥岩屑流堆積物では,礫の長軸方向が斜面の最大傾斜方向と平行で,斜面上方へのインプリケーションを示す.この特徴は礫の形態にほとんど影響されず,礫の長軸長が大きくなるにつれて強まる.こうした特徴は,流動速度の小さいすべり運動による運搬によってもたらされた.転・落石堆積物の長軸方向は,顕著な卓越方向を示さない.しかし,長軸長が大きくなるにつれて,長軸方向を斜面の最大傾斜方向と直交させる礫が多くなる.この特徴は礫の形態にほとんど影響されない.こうした特徴は長軸長の大きい礫ほど礫と礫の間隙に入り込みにくく,斜面上での回転時の姿勢を保持したまま停止しやすいためにもたらされた.
  • 石井 孝行, 平野 昌繁, 藤田 崇
    1996 年 69 巻 3 号 p. 184-196
    発行日: 1996/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    The 1995 Hyogoken-nanbu earthquake created 10km-long surface fault ruptures on the northwest coast of Awaji-shima. Due to right-lateral and vertical faulting, characteristic tectonic microforms appeared on the land surface.
    This report presents large-scale detailed maps and stereo photographs of four sites where various small-scale faulted and deformed landforms such as pressure ridges, bulges, and so on were observed. Analyses of such microforms expressed in the detailed maps with contour intervals of 2cm or 10cm-and stereo photographs led to two conclusions.
    1. Distribution of bulges and depressions on the southeastern block of the fault suggests that the southeastern block moved mainly toward the southwest against the northwestern block. This shows a good agreement with the results of geodesic measurement.
    2. Pressure ridges are often separated by tension cracks or faults. This means that during the formation of tectonic microforms, pressure ridges were built up in the earlier stage due to non-faulting phase, followed by tensile or shearing separation in the soft materials in response to increased fault displacement.
  • 1996 年 69 巻 3 号 p. 197-222
    発行日: 1996/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
  • 1996 年 69 巻 3 号 p. 200
    発行日: 1996年
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
feedback
Top