応用地質
Online ISSN : 1884-0973
Print ISSN : 0286-7737
ISSN-L : 0286-7737
28 巻 , 2 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 白幡 浩志, 朝日 秀定, 大浦 宏照
    1987 年 28 巻 2 号 p. 47-53
    発行日: 1987/06/25
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    1983年9月24~25日に亘り, 北海道登別市-白老町地区は記録的な集中豪雨に見舞われた。この豪雨により, 登別クッタラカルデラ南麓に多数の, 曲面すべり型 (Slump type) 及び平面すべり型 (Debris-slide type) 斜面崩壊 (地すべり) が発生した。前者の殆どは, カルデラ南麓西南部に, NNE-SSWの方向に伸びる変質帯内で発生している。それに対し, 後者の分布には特定の傾向が認められない。
    変質帯は, 地すべり地域の主要な基盤岩層である凝灰角れき岩の熱水溶液による粘土化作用によって形成されたと考えられる。変質作用は, 凝灰角れき岩層下部程著しく, 主としてモンモリロン石およびカオリン鉱物よりなる粘土化を特徴とし, 岩層の強変質部では比較的多量の硫化物 (主として黄鉄鉱) も存在する。一方, 平面すべり地では, 基盤岩層表層部に, 風化作用により生成したと考えられるハロイサイト並びにメタハロイサイトを主とする比較的薄い粘土化層が認められるに過ぎない。
    以上のような基盤岩石が破った変質作用のプロセスと程度の相違が, 本地域で発生した斜面崩壊の分布, 規模並びにタイプ等を規制した主な要因であると考えられる。
  • 古住 光正, 大塚 尚寛
    1987 年 28 巻 2 号 p. 54-65
    発行日: 1987/06/25
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    For the purpose of investigating the mechanics of folding process that is formed in relatively shallow underground, we have conducted buckling tests on single layer and threelayered rock beams of KIMACHI sandstone and TOHOKU marble under moderate confining pressures, namely 0, 100, 300 and 500 kg/cm2.
    From this study, it became clear that folding deformation of rock beam under moderate confining pressure initiates at the near point of buckling fracture stress, and failure strength of those conform to the buckling experimental formula suggested by Shanley. Also, by means of conducting buckling test using intact rock, we confirmed that folding degree of multilayered rock beam depends on thickness of unit beam rather than total thickness of beam, and that of multilayered beam constituted with various rocks depends on competent layer.
  • 谷本 喜一, 末広 匡基, 田中 泰雄
    1987 年 28 巻 2 号 p. 66-73
    発行日: 1987/06/25
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    Thick deposits of Upper Pleistocene clays are often found over wide areas of the north west of Osaka Bay, and the geotechnical properties of the clays become more important as a number of large reclamation works are in progress in this area. In this paper, we examine the environment in which the Uppermost Pleistocene clay (Ma-12) was deposited, and the micro-fossil analyses and the X-ray analysis were carried out on samples taken at the RokkoIsland in Kobe. We further examine the relationship between the geotechnical properties and the geological conditions of the clay.
    The results of analyses of pollen-, nanno- and diatom-fossils indicate a distinct variation of the sedimentary environment in Ma-12. However, it is found that there is no major variation in components of the clay minerals with depth, despite of the environmental changes in the clay. On the other hand the geotechnical studies of Ma-12 shows that the sedimentary environment has a strong effect on the geotechnical properties of Ma-12 especially on the value of the liquid limit and the compressibility.
  • 菅野 強
    1987 年 28 巻 2 号 p. 74-86
    発行日: 1987/06/25
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 小野寺 透
    1987 年 28 巻 2 号 p. 87-91
    発行日: 1987/06/25
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
feedback
Top