応用地質
Online ISSN : 1884-0973
Print ISSN : 0286-7737
ISSN-L : 0286-7737
40 巻 , 4 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 稲垣 秀輝
    1999 年 40 巻 4 号 p. 196-206
    発行日: 1999/10/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    1998年9月21, 22日にかけて台風8号, 7号が本州に上陸し, 中部地方を中心として大きな風災害を引き起こした. とくに, 岐阜県七宗町では台風が通過して二, 三日後に集中豪雨が発生し, 台風で緩んだ地盤の多くの箇所で表層崩壊が発生し, それを引き金とした土流災害が起こった.
    ここでは, 台風による風被害が山地森林の新しい植林地に集中していたことを述べるとともに, 風倒木による地盤の緩み状況を調べ, それがその後の豪雨による表層崩壊を発生させた原因であることを示す.
    森林植生の違いが斜面地盤の安定性にどう関与しているのか研究成果が少なく, 不明な点が多いのが現状である. 一般的には, 保水, 土壌侵食防止効果が高く, 根系による地盤の緊縛効果, 杭効果が総合的に発揮される壮年期の混交, 複層林が有利とされている1). 今回の研究成果はこれらのことを裏付ける結果となった. 以下に調査の結果をまとめて示す.
    1) 調査地においては風倒木被害は植林に集中しており (40~60%の被害), 広葉樹の林では被害が少ない (1~2%の被害).
    2) 倒伏の被害の大きかった植生は, 基盤岩が1m以浅に位置し, 根鉢の深さが制限される地盤であった. また, 植林で間伐の行われていないところについても倒伏被害が多かった. これは間伐の行われていないところは根系の発達が悪かったためと推定される.
    3) 風倒木のあった植林の地盤は, 表土のNc値が2以下と緩んでいることが明らかになり, 倒伏被害のなかった広葉樹地盤ではその緩みはほとんどなかった.
    4) 風倒木地盤で表層崩壊が発生したのは, 地下水や表流水の集中しやすいやや沢地形の部分であった.
    5) 倒伏地盤の斜面崩壊は風倒木を多量に含んでいるため, 多くの土石流を発生させやすいと考えられる.
  • 崔 坤, 登坂 博行, 小島 圭二
    1999 年 40 巻 4 号 p. 207-219
    発行日: 1999/10/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    多数の断層破砕帯が作る系としての形態には雁行構造, セグメント構造, 階層構造など普遍的な特徴がある. これらにより断層破砕帯は有限で不連続的なセグメントの集合体となっており, そのつながりが水理構造に強く反映されることにもなろう. 大規模地下施設などの建設にあたっては, ボーリング孔, 調査横坑, 地下空洞壁面などでの断層破砕帯に関する観察データを解釈・対比・再構成をする上でその概念は有用な情報となる. 著者らは, 地下石油備蓄基地で得られている大量の断層破砕帯データを利用し, その領域内の3次元的なセグメント構造の推定を行った. その結果, 大きな断層破砕帯の地下空洞壁面での出現形態, 幾何学的諸計測量 (断層破砕帯の位置, 幅, 本数, 走向傾斜, 粘土充填物など) から, 断層セグメント本体付近とジョグ部付近とを大きく区別しながら, セグメント構造の空間的広がりを推定した.
  • 金折 裕司, 小林 健治, 安野 泰伸, 割ヶ谷 隆志, 山本 哲朗
    1999 年 40 巻 4 号 p. 220-230
    発行日: 1999/10/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    1997年6月25日に発生した山口県北部地震 (M6.1) の震央付近の阿武川河床で確認された断層露頭の性状を記載するとともに, 地震動による家屋被害のデータを再検討し, 震源断層と断層露頭や被害域との関係を議論した. 断層露頭は地質境界として指摘されていた迫田-生雲断層の北東端付近に位置し, NE-SW方向で幅5m以上のカタクレーサイト化したゾーンが発達している. このゾーン内部には最大幅50cmの断層ガウジ帯が “杉” 型に雁行配列して発達し, 右横ずれの運動センスを示唆する. この運動センスは山口県北部地震の発震機構と一致した. さらに, この地震の余震は迫田-生雲断層北東部に集中する.
    家屋被害率を被害家屋総数/世帯数と定義し, 山口県阿武郡阿東町とむつみ村の地区 (字) ごとに被害率を計算した. 被害率の最も高かった生雲西分地区は震央の南西約5kmに位置し, 迫田-生雲断層上にあった. また, 被害域は生雲西分を中心とし, 迫田-生雲断層を軸とする半径10kmの円内に収まっている. これらのことから, 山口県北部地震は迫田-生雲断層北東部の活動で発生したことが裏付けられた.
  • 木谷 日出男
    1999 年 40 巻 4 号 p. 231-239
    発行日: 1999/10/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    砂質土地山のトンネル湧水に伴う切羽の崩壊は, トンネル施工の安全性を低下させる重大な要因となる. 本論ではトンネル切羽の安定性を評価する新たな方法の開発を目的として行った事例調査による検討結果を報告する. このうち, 施工データの分析では, 切羽の流出事故の有無等の切羽ごとの条件を調査し, とくに切羽湧水量と地山物性の関係に着目した多変量解析を行った. 主な結果は以下のように要約される.
    1. トンネル切羽の湧水量 (Q) の流出発生の境界値は200~300l/minであり, 500l/minを越えるとその他の条件にかかわらず切羽の流出が発生する.
    2. その他, 切羽の安定性に密接にかかわる物性値として, 細粒分含有率, 均等係数, 土粒子の密度および60%粒径が抽出された.
    ただし, これらの要因は切羽の安定性に関与するが, 分析結果から判断して直接的に切羽安定性を評価するための指標とするだけの精度はないことが明らかとなった. これはトンネル切羽に向かう地下水流の浸透力が地盤が本来持つ切羽を保持しようとする力を越えときに切羽の流出が発生することに起因する. このような観点から, 切羽の自立性はこの二つの要因群からなる力のバランスを評価する必要がある.
  • 張 銘, 高橋 学, 江崎 哲郎
    1999 年 40 巻 4 号 p. 240-246
    発行日: 1999/10/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
feedback
Top