感染症学雑誌
Online ISSN : 1884-569X
Print ISSN : 0387-5911
ISSN-L : 0387-5911
最新号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
原著
  • 中田 佳宏, 大出 裕高, 久保田 舞, 松岡 和弘, 松田 昌和, 中筋 美穂, 森 美喜子, 今橋 真弓, 横幕 能行, 岩谷 靖雅
    専門分野: 原著
    2021 年 95 巻 3 号 p. 293-300
    発行日: 2021/05/20
    公開日: 2021/11/26
    ジャーナル フリー

    全世界的に感染拡大しているSARS-CoV-2(severe acute respiratory syndrome coronavirus 2)は,他のRNA ウイルスに比べて変異出現頻度は低く,そのウイルスゲノムは変化しづらいと考えられていた.しかし,昨今の急速な人から人への感染拡大により,SARS-CoV-2 ゲノムが変化しつつある.本邦では,2020 年4 月までにclade L およびS,G,GR に分類されるウイルスが海外から流入し伝播したことが報告されている.しかし,それ以降のウイルス遺伝子配列情報は乏しく,国内の分子疫学的動向は明らかになっていない.そこで,本研究では,国内の分子疫学的な動向を把握し,その特徴を明らかにするため,当院のSARSCoV-2 陽性症例の検体(n=55)を用いてウイルスゲノム配列を決定した.さらに,既報のウイルスゲノム配列との比較解析を行った.その結果,国内の第1 感染ピーク期ではウイルスの遺伝子型がclade S とL からclade G とGR に移行し,各遺伝子型が分散していた.一方,第2 感染ピーク期以降では,海外では認められない国内独自の遺伝子型として集約していた.こうしたウイルス遺伝子型に集約した時期は本邦における渡航制限があった時期と相関していた.全世界的にもSARS-CoV-2 の遺伝学的多様性は地域差をもち変化しつつある.これから導入されるであろうワクチンや治療薬を有効に活用するためにも,SARS-CoV-2 の遺伝的多様性を抑える従来の感染予防対策と,より多くの地域における分子疫学的調査は必要不可欠であると考えられる.

  • 濱田 博史, 林 雅
    専門分野: 原著
    2021 年 95 巻 3 号 p. 301-306
    発行日: 2021/05/20
    公開日: 2021/11/26
    ジャーナル フリー

    グラム陰性ブドウ糖非発酵性のアシネトバクターは,自然環境や,健常人および免役能低下患者の皮膚や腸管などから分離され,免疫不全となるような基礎疾患を有する患者で肺炎やカテーテル感染症を起こす場合がある.またアシネトバクターは複数の抗菌薬に耐性を示すことが多いため,経験的治療として選択された初期治療薬に耐性を示す場合には予後が悪化する可能性がある.一方,担癌患者や終末期など状態が悪い患者での感染が多いこと,日本においては,海外に比較して多剤耐性菌のリスクが低いことなどの点も存在する.今まで初期治療とその予後に関しての研究は限られており今回は自施設での2009 年1 月から2018 年 7 月までのアシネトバクター菌血症68 症例を後ろ向きに解析し,初期治療の選択と予後への影響について検討した.患者の平均年齢は69 歳.感染巣は腸管感染症(34%),カテーテル感染(25%)が多かった.初期治療の抗菌薬が適切と判断された症例は43 例(63%),不適切と判断された症例は25 例(37%)だった. 2 群間の30 日死亡率において差は認めず9 名(21%)及び6 名(24%)(P 値=0.90)であった.現在の日本において,アシネトバクター菌血症では初期治療の選択は重要でなく,予後の規定因子として初期治療の選択には左右されず,背景疾患や年齢が予後を規定する因子である可能性がある.必ずしも初期から広域に加療する必要はなく,培養結果に応じて適切に選択することが重要であることが示唆された.

  • 飯田 泰明, 青山 寿美香, 嘉瀬 文孝, 石久保 義紀, 井田 智則, 星 晴彦, 太田 智裕
    専門分野: 原著
    2021 年 95 巻 3 号 p. 307-313
    発行日: 2021/05/20
    公開日: 2021/11/26
    ジャーナル フリー

    背景:現在SARS-CoV-2 検出には,RT-PCR 検査が最も検出感度に優れていると言われている.一方,抗原定量検査は,各医療機関でまだ十分に利用されておらず,信頼のおける報告はほとんどない.今回,当院で施行した抗原定量検査とRT-PCR 検査の結果から抗原定量検査の有用性を検討した.方法:2020年8月13日から9月12日の間に,抗原定量検査とRT-PCR 検査を同時に施行した外来および入院患者115名149検体を対象とした.①抗原定量検査とRT-PCR 検査の検出率②結果が不一致となった症例の属性の比較③発症からの日数と抗原濃度の相関性について検討した.結果:①抗原定量検査とRT-PCR 検査の陽性一致率は100%,陰性一致率は88.4%,全体一致率90.4%であった.②年齢,男女比,発症から検査までの期間,検査時体温,肺炎像の有無に明らかな差はなく,抗原濃度測定値の中央値は陽性一致群(M 群)5,000pg/mL,いずれかの結果が陰性であった不一致群(U 群)74.88pg/mL で,M 群が有意に高かった.(p=0.002)③発症からの時間経過とともに抗原濃度は減少する傾向(相関係数r=-0.656)であった. 結論:SARS-CoV-2 抗原定量検査は,RT-PCR 検査と比較して,初回スクリーニングから臨床経過の全体を通して,十分な検出感度があり,スクリーニングを含めた感染制御の場面および臨床経過の評価に有用である可能性を示した.

症例
  • 遠藤 駿, 北野 正剛, 丸田 竜介, 雨宮 光男, 松本 崇平, 西山 直樹, 小林 正芳
    原稿種別: 症例報告
    2021 年 95 巻 3 号 p. 314-318
    発行日: 2021/05/20
    公開日: 2021/11/26
    ジャーナル フリー

    We report a case of non-O1, non-O139 Vibrio cholerae bacteremia that developed in an 81-year-old man with recurrent non-small cell lung cancer who was under treatment with gefitinib. He was admitted to our hospital with high-grade fever and diarrhea. Laboratory tests showed evidence of moderate inflammation and elevated serum levels of alkaline phosphatase and gamma-glutamyltransferase. He was diagnosed as having acute cholangitis and initiated on treatment with SBT/CPZ. Blood culture on admission showed growth of non-O1, non-O139 V. cholerae. The patient recovered with adequate antibiotic therapy, including AZM, to which the V. cholerae strain was found to be sensitive. Few cases of non-O1, non-O139 V. cholerae bacteremia have been reported in Japan. In addition to immunocompromised patients with liver cirrhosis or hematological malignancies, patients with solid tumors, such as lung cancer, may also develop V. cholerae bacteremia.

  • 櫛田 宏幸, 中内 崇夫, 矢倉 裕輝, 渡邊 大, 上平 朝子, 白阪 琢磨
    原稿種別: 症例報告
    2021 年 95 巻 3 号 p. 319-323
    発行日: 2021/05/20
    公開日: 2021/11/26
    ジャーナル フリー

    Tenofovir disoproxil fumarate(TDF)is a prodrug of tenofovir(TFV), used in the treatment of hepatitis B(HBV)and HIV-1. TFV is a renally excreted drug;a weekly dose of 300mg is recommended for patients suffering from HIV/HBV co-infection and undergoing hemodialysis(HD)for renal failure. The pharmacokinetics of TFV in Japanese patients undergoing HD has not yet been thoroughly explored. Herein, we report a case of HD in which the plasma concentrations of TFV were measured serially after the start of treatment with TDF. An 80-year-old Japanese man with HIV-1 was undergoing HD thrice weekly for end-stage renal failure. Concomitantly, the patient was receiving treatment with darunavir ethanolate, ritonavir, and raltegravir potassium for HIV-1 infection. With the treatment, the blood HIV-RNA levels had decreased to below 20 copies/mL. However, the patient developed acute HBV while under follow-up as an outpatient. He was started on treatment with TDF/emtricitabine, administered once weekly after HD, as treatment for HBV. The 7-day TFV trough concentrations measured in two consecutive weeks were 54 and 45ng/mL. The values were comparable with those in the general Japanese population(non-HD subjects)and to other previous reports. The treatment resulted in suppression of both HIV-1 and HBV. However, based on the combination of drugs and HD conditions, the dialysis clearance and removal rates vary. In conclusion, measurement of the plasma drug concentrations is useful for appropriate and definitive treatment of HIV-1 and HBV in patients undergoing HD.

  • 堀内 弘司, 佐々木 裕明, 宮田 順之, 吉村 幸浩, 原田 壮平, 立川 夏夫
    原稿種別: 症例報告
    2021 年 95 巻 3 号 p. 324-327
    発行日: 2021/05/20
    公開日: 2021/11/26
    ジャーナル フリー

    Klebsiella pneumoniae independently causing necrotizing fasciitis in patients with Klebsiella pneumoniae bacteremia is known and has mainly been reported from East Asia, especially Taiwan and Korea. The clinical course of necrotizing fasciitis developing in association with K. pneumoniae bacteremia has not yet been clearly described. We report a case of lower leg K. pneumoniae necrotizing fasciitis in a patient with following K. pneumoniae bacteremia, which was unrecognized on day 1 of admission. The necrotizing fasciitis, which necessitated surgical treatment, became clinically evident only after the bacteremia diagnosis. A 65- year-old Korean woman who presented with a history of fever and malaise developed septic shock of unknown origin. Although effective antimicrobial therapy was initiated soon after she was admitted to us, purpura and pain in the left lower leg appeared on day 6 of admission, and necrotizing fasciitis was suspected. The patient recovered after surgical treatment and was discharged on day 25 of hospitalization. The isolated K. pneumoniae showed a positive string test, and genetic analysis identified it as the K1-ST23 strain, which is known to be a hypervirulent K. pneumoniae (hvKp) strain. It has been suggested that hvKp bacteremia can cause necrotizing fasciitis even during effective antimicrobial therapy, and because of the need for immediate surgical treatment, clinicians should be very attentive to the appearance of a new skin or soft tissue lesion in patients with K. pneumoniae bacteremia. The index of suspicion should be even higher in patients from East Asia and for K. pneumoniae strains that are string test-positive.

feedback
Top