情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
52 巻 , 1 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
巻頭言
インタビュー
  • 新井 紀子
    2009 年 52 巻 1 号 p. 12-19
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/04/01
    ジャーナル フリー
    情報・システム研究機構国立情報学研究所では,研究者向けサイエンス2.0基盤サービスResearchmap.jpを公開する。本サービスは研究者に対して,研究ホームページを公開するための領域である「マイポータル」のほか,バーチャルなデスクトップの機能を果たす「マイルーム」,他の研究者と共同研究や委員会活動をするためのコミュニティーを提供する。マイポータルには研究者履歴(Curriculum Vitae)を公開するためのテンプレートのほか,研究ブログ,資料配布用キャビネット,動画配信ツールなどが備えられており,研究者はその中から自分を表現するためのツールを自由にチョイスし,効果的に情報発信を行うことができる。
  • 安藤 俊幸
    2009 年 52 巻 1 号 p. 20-31
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/04/01
    ジャーナル フリー
    近年,企業における特許情報活用の重要性はますます高まっている。膨大な特許情報の中からエンドユーザーにとって必要な情報を迅速に抽出することが求められている。テキストマイニングツールと統計解析言語Rを用いて下記2種類の特許情報の可視化を検討した。(1)類似度による特許公報群の解析・可視化,(2)発明者,特徴語のネットワーク分析。商用特許データベースの検索集合に本手法を適用することで特許情報の分析・評価支援や戦略的特許情報活用に応用できる。
  • 堀内 美穂, 中村 徹, 永井 賢吉
    2009 年 52 巻 1 号 p. 32-42
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/04/01
    ジャーナル フリー
    科学技術振興機構(JST)が作成,提供しているJSTPlusファイルおよびJMEDPlusファイルを用いて索引に関する調査を実施した。検索時に利用される検索フィールドといった検索動向の分析や検索テーマ(52テーマ)ごとの検索フィールドによる再現率・適合率への寄与の調査分析を行い,利用者は索引を意識して検索することは多くないが,気付かぬうちに索引およびシソーラスのメリットを受けていること,索引を検索対象とすることで検索精度が向上し,書誌のみではたどり着けない文献も検索できていることを確認した。また,論文の標題・抄録・全文中における索引語の出現割合の調査により,索引語の4割は,その同義語も含めて論文中には存在しないものであり,索引者が本文から判断して付与していることを明らかにした。これは人手による索引の有効性を意味する。
リレーエッセー
情報交差点
JSTサービス紹介
視点
情報論議 根掘り葉掘り
この本!~おすすめします~
feedback
Top