情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
検索
OR
閲覧
検索
49 巻 , 9 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 青柳 英治
    49 巻 (2006) 9 号 p. 483-488
    公開日: 2006/12/01
    ジャーナル フリー
    本稿は,最新版の『専門情報機関総覧』の紹介を目的として,完成までのプロセスを時系列的に述べるとともに,その特徴を解説した。さらに,本書の機能をレファレンスツールとマネジメントツールの二つの視点からとらえた。前者については,索引の成り立ちを説明することで的確な機関情報へたどり着けるプロセスを示し,レファレンスツールとして有効であることを述べた。後者については,巻末に収載した多様な統計データを多角的に集計することで自部門の状況把握が可能となり,さらに,親機関との折衝・交渉の際の説明資料となることを述べた。
    抄録全体を表示
  • 長塚 隆, 神門 典子
    49 巻 (2006) 9 号 p. 489-498
    公開日: 2006/12/01
    ジャーナル フリー
    現在,従来からの図書館資料である書籍や視聴覚資料などの情報源のデジタル化が多くの電子図書館の開発者により行われている。これらの開発者により作成されたデジタルコンテンツの多くはWeb上で提供されている。デジタルコンテンツは急速にその量を拡大し,種類の多様化も進んでいる。ここでは,インターネットやWebの普及など情報技術の発展が,伝統的な図書館の活動にどのような影響を及ぼしているかについて,IFLA大会の分科会テーマと発表内容を通じて検討した。2006年のIFLA大会分科会では,1999年の大会に比べて,従来の図書館の機能や役割を超えた課題が非常に多く取り上げられていた。従来の図書館概念のある部分については変革が必要ではないか議論した。
    抄録全体を表示
  • 和田 恵美子
    49 巻 (2006) 9 号 p. 499-508
    公開日: 2006/12/01
    ジャーナル フリー
    健康情報棚プロジェクトは,患者・市民にわかりやすい健康・医療情報を提供することを目的とした民間研究グループである。これまで統一された分類がなくわかりづらかった闘病記に着目し,入手可能な約1,800冊を集め疾患別に分類した。リスト作成および収集,データベース化を行うとともに,モデルケース「闘病記文庫」の設置は公共図書館,患者図書館,医学図書館など全国10か所に及んだ。「闘病記文庫」は,同じ疾患に悩む患者やそれを支える家族,市民に活用され,患者中心医療の具現化として,ひとつの社会提言となった。
    抄録全体を表示
視点
情報と規範
集会報告
JSTサービス紹介
この本!~おすすめします~
図書紹介
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top