人間工学
Online ISSN : 1884-2844
Print ISSN : 0549-4974
ISSN-L : 0549-4974
53 巻 , 2 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著
  • A Case Study Illustrating its Application to Handrail Position Design
    Takanori CHIHARA, Naoko FUKUCHI, Akihiko SEO
    2017 年 53 巻 2 号 p. 25-35
    発行日: 2017/04/20
    公開日: 2018/05/10
    ジャーナル フリー

    Physical workload reduction is a significant factor in product design. However, experimental bioinstrumentation measurements involve substantial time and costs. This study proposed a simulation based ergonomic design method with digital human modeling (DHM) to accomplish efficient ergonomic product design. DHM simulation was applied to evaluate the joint moment ratios (JMRs). The product design for physical workload reduction was formulated as a minimization of the average and maximum JMRs to determine the optimal solution. The proposed method was applied to a problem of designing the forward distance of a handrail to support the sit-to-stand (STS) movement. The STS motion, the force exerted on the handrail, and the subjective perceived workload were measured for nine subjects. The STS motions and exerted force of the DHMs were predicted from the measured data, and physical workload simulation was performed with multiple DHMs to reflect anthropometric diversity. The response surfaces of the average and maximum JMRs were predicted as functions of the forward distance, and Pareto frontiers of each DHM condition were determined. The findings revealed that there were no trade-offs between the average and maximum JMRs, and that the optimal forward distance was in the range of 345-400 mm.

  • 武内 寛子, 辻野 直良, 森本 裕二
    2017 年 53 巻 2 号 p. 36-45
    発行日: 2017/04/20
    公開日: 2018/05/10
    ジャーナル フリー

    我が国の鉄道のプラットホームで発生する鉄道人身障害事故やプラットホームからの転落の約60%は酔客が原因である.本研究の目的は,プラットホームに設置している防犯カメラ映像を分析し,プラットホームからの転落や列車接触に至った酔客の転落・列車接触時の行動パターンと転落前に見られる前兆行動を明らかにすることである.その結果,酔客の転落・列車接触時の行動パターンが3種類,転落前に見られる前兆行動が5種類あり,それぞれの行動の発生確率が判明した.また,酔客は転落・列車接触の直前までホーム上で静止しており,動き出してから数秒の間に転落・列車接触に至ったケースが全体の約90%を占めていた.このことから,駅員が前兆行動中の酔客を発見した場合は,速やかに酔客に声をかける等して,酔客の安全を確保することが重要である.

    Editor’s picks

    日本人間工学会研究奨励賞 2018受賞論文

技術報告
  • 松本 啓太, 善方 日出夫
    2017 年 53 巻 2 号 p. 46-50
    発行日: 2017/04/20
    公開日: 2018/05/10
    ジャーナル フリー

    ユーザー体験(UX)に基づいてインタラクティブシステムを評価するための質問紙を開発することを目的に行った本研究は,利用体験それ自体ではなく,ユーザビリティや実用性を含むシステム全体を評価する点を特徴としている.質問項目は,既存の関連規格,文献,先行研究,独自のエピソード分析から得られたUXに関する構成概念や個別要素をベースとし,人間工学・心理学の専門家,UXデザインや品質評価に関わる実務担当者らによって検討,試行,修正を行い策定した.最終的に,「利用可能度」5項目,「役立ち度」7項目,「共感度」7項目の19項目,および補足項目からなるβ版を開発し,運用を行っている.今後は,継続的にフィードバックを得ながら,実効性の高い質問紙に改善していく予定である.

feedback
Top