日本海水学会誌
Online ISSN : 2185-9213
Print ISSN : 0369-4550
ISSN-L : 0369-4550
59 巻, 2 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • 今井 正
    2005 年 59 巻 2 号 p. 97-101
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    NaCl is a major component of the extracellular fluid. The kidney plays critical roles in the maintenance of the homeostasis of the body fluid. The regulation of NaC1 balance is accomplished by glomerular filtration followed by tubular reabsorption of NaCl. The evolution of vertebrates from fishes to mammals were accomplished by adjustment of animals to changes in external environments from sea to terrestrial. The development of diluting nephron segments made it possible for fishes to adapt from seawater to fresh water. Such segments were succeeded to reptiles and amphibians. The development of renal medulla in the avian kidney made it possible for birds to adapt to the terrestrial environment by producing concentrated urine, which is established by the countercurrent multiplication system utilizing active NaC1 transport in Henle's loop. In mammals, urine concentrating ability was much advanced due to additional contribution of urea in the countercurrent system of the renal medulla. The evolutional changes of the renal medulla from birds to mammals can be traced through the ontogeny of the mammalian kidney, where avian type nephron was observed during the fetal period.
  • 木村 玄次郎
    2005 年 59 巻 2 号 p. 102-108
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    Based on tight relationship between salt and hypertension, characteristic features of salt-sensitive hypertension will be reviewed. As blood pressure becomes elevated more sensitively to salt intake, glomerular capillary pressure is more elevated and night-time reduction in blood pressure is more diminished, resulting in glomerular hypertension and nondipper type of circadian blood pressure rhythm. In this way, organ damage including stroke is enhanced in saltsensitive hypertension. Salt intake restriction, on the other hand, is expected to reduce cardiovascular events, especially in salt sensitive hypertension.
  • 西牟田 守
    2005 年 59 巻 2 号 p. 109-114
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    First, definition of the word (mineral) and grouping of minerals were introduced. Next, the data showing how sodium restriction caused metabolic changes in minerals stored in the bone (Na, Ca, Mg) were presented. Then, results of human mineral balance studies done in The National Institute of Nutrition (Tokyo) were shown. With these data, interrelations between minerals (Na, K, Ca, Mg, P) and estimated average requirements (EARs) were proposed.
  • 人体の側から
    山本 隆
    2005 年 59 巻 2 号 p. 115-120
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    Sodium ion in salt (NaCl) excite taste cells in the taste buds by penetrating a specific ion channel called ENaC. The neural information is sent to the brain via the taste nerves and is processed to elicit salty taste. Animals prefer salt solutions at the isotonic concentration (0.15mol/l) and reject at the hypertonic concentrations. Females like salty taste more than males do. Under the salt appetite condition, animals show high sensitivity to weak salt solutions and low sensitivity to strong ones to facilitate ingestion of Sodium ion by changing the hedonic value. Brain mechanisms of palatability are described in terms of brain substances: palatability is enhanced by benzodiazepine derivatives and β-endorphin, the motivation to ingest is performed by dopamine and the ingestive behavior is executed by orexin.
  • 畑江 敬子
    2005 年 59 巻 2 号 p. 121-127
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    Effects of various factors such as coexistence of basic ion, five basic taste and gelling agent, on the salt taste intensity of sodium chloride are summarized. The salt taste intensity was significantly lowered when NaCl was substituted with more than 20% KCl, or more than 10% MgCl2. However, there was no significant difference on the preference for the 20% KCl or10% MgCl2 substituted NaCl solutions. Addition of small amount of salt enhanced the sweet taste. When salt is tasted for the second time, after tasting concentrated sugar solution, the salt taste intensity became stronger.
    Salt taste intensity/NaCl concentration in the solid food was expressed as the taste efficiency ratio. The salty taste efficiency ratio of the tested foods was generally lower than the actual amount of salt, which means that we take more salt than we feel when we eat the foods.
    The relationship between the salty taste efficiency ratio and physical property of foods, and the methods to determine the salty taste efficiency are also discussed.
  • 鈴木 和春
    2005 年 59 巻 2 号 p. 128-130
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 上原 伸夫, 合川 英一, 関根 重徳, 清水 得夫
    2005 年 59 巻 2 号 p. 131-137
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    海水濃縮液 (かん水) 中に含まれる主成分ナトリウムを連続的にモニタリングすることを目的として, 錯体系クロモイオノフォアのナトリウムによる分解反応に基づくフローインジェクション分析法について検討した, 錯体系クロモイオノフオア, ビス (1, 4, 7, 10, 13-ペンタオキサ-16-アザーシクロオクタデカン-N-カルボジチオ酸) コバルト (II)(Co-A18CC), は高濃度のナトリウムイオンの共存により, 極めて特異的に分解した. この分解反応は, 共存するナトリウムイオンの濃度が高いほど促進された. Co-A18CC溶液を試料流れに注入するリバースFIAを構築し, 321nmにおけるフローシグナルを記録した. ナトリウム濃度が0mol dm-3から5.0mol dm-3の範囲において, Co-A18CCの吸光度 (ピーク高さ) はナトリウム濃度の増加につれて直線的に減少する応答を示した. 海塩の無機成分として, 海塩に含有されているマグネシウムイオン, 硫酸イオン, 臭化物イオン及び炭酸イオンは, ナトリウムの5mol%共存しても, 定量を妨害しなかった. 本法により測定された市販食用塩中のナトリウムの含有量は, イオンクロマトグラフィー法やフレーム原子吸光法の測定結果と良く一致した. また, 測定値の相対標準偏差も4%以内と, 本法の再現性は良好であった.
  • 桜澤 俊滋, 池上 康之, 板東 晃功, 梅木 雅之, 門出 政則
    2005 年 59 巻 2 号 p. 138-148
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    安定温度成層場における冷噴流の拡散特性を検討するために, 温度成層のある水層を用いた室内実験およびLES (Large Eddy Simulation) を行うことで以下の知見が得られた.
    水層実験の結果, 温度成層場に水平方向に放出された冷噴流は周囲との温度差により徐々に下向きに拡散した後, 主流方向が温度成層の影響で上向きに変わるリバウンド流れが観察された.
    また, 放出された冷噴流が一定水深に層状に滞留する現象が確認された, これは温度成層の鉛直方向の拡散抑制効果による現象であり, 実際の海域における深層水の拡散挙動を検討する上で, 温度成層がその挙動に及ぼす影響を考慮することが重要であることが確認された.
    続いて、非等方型Dynamicスマゴリンスキーモデルによる数値解析を行った。その結果、本手法は温度成層場における冷噴流の拡散挙動を精度よくシミュレーションできることが判明した. 同時に冷噴流の水平移行域およびその水深を定量的にも精度よくシミュレーションできることも確認された.
  • 張 茜, 陳 介余, 松永 隆司
    2005 年 59 巻 2 号 p. 149-152
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    食塩製造用原料海水の蒸発を促進させる方法として, 交流電場の利用を提案し, その可能性について検討した. 電場強度は3.6kV/m, 環境温度は10℃, 25℃および50℃の条件のもとで原液海水の蒸発量を調べた. その結果は, 交流電場を印加した場合の蒸発量はいずれの環境温度において各自の対照区に比べ約2倍であった. 25℃の電場印加区は50℃の対照区より海水の蒸発量が多かった. 交流電場は海水の蒸発を促進する効果があると見られ, 海水の濃縮における電場の利用は可能であると考えられる.
  • 山根 兵, 平川 美恵
    2005 年 59 巻 2 号 p. 153-157
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    食塩中のppbからサブppmレベルのホウ素を迅速簡便に定量するため, 分離濃縮と分光蛍光検出を流れシステム内でインライン直結した分析法を開発した.
    pH10に調節したサンプル溶液中のホウ素をセファデックスG-25ゲルの小カラムに吸着させ, 少量の0.10mol/l塩酸で溶離することで大過剰の塩化ナトリウムや他の共存元素からの分離濃縮が可能であった. ホウ素の検出にはクロモトロープ酸 (1, 8-dihidroxy-3, 6-naphthalenedisulphonic acid) との錯体の蛍光を測定した (励起波長303nm, 測定波長355nm). 分析感度や精度に影響する種々の因子について検討し, 最適な条件及びマニフォールドを設定した. 5mの試料ループを用いた場合, ホウ素濃度が0-15ppbの範囲で直線性の良好な検量線が得られ, 5.0ppbのホウ素溶液での相対標準偏差1.8%, 検出下限は溶液濃度としてca.0.2 ppbであった. 3mol/l塩化ナトリウム溶液を分析に供した場合, 検出下限の5倍として定義された定量下限は塩化ナトリウム中ca.6 ppbである. 本FIAシステムにより種々の塩中の数十ppbからサブppmレベルのホウ素を簡便に定量することができた. 試料溶液を注入後, 分析に必要な時間はわずか9分であり, 煩雑な人手による操作は不要である.
  • 尾方 昇
    2005 年 59 巻 2 号 p. 158-160
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
feedback
Top