テレビジョン学会技術報告
Online ISSN : 2433-0914
Print ISSN : 0386-4227
18 巻 , 70 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • 原稿種別: 表紙
    1994 年 18 巻 70 号 p. Cover1-
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 原稿種別: 目次
    1994 年 18 巻 70 号 p. Toc1-
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 川崎 幹雄, 渕上 祥児, 冨安 弘, 小林 深
    原稿種別: 本文
    1994 年 18 巻 70 号 p. 1-7
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    50%MRヘッド用として、MR素子をセンターレールの後部に配置したTri-rail形状で、ディスク全域で一定浮上を実現するスライダを開発した。HGAしたヘッドによって、3.5"、5400r.p.m.ディスク全域での一定浮上特性を確認した。このスライダは、センターレール周囲にのみ深さ1.8μmの微小段差を有し、微小段差部はイオンミリングプロセスにより形成する。ブリードスロット部は機械加工により十分深く形成し(>20μm)、高転送レート、高周速条件下でのブリードスロット部による空気圧縮効果を除いている。また、微小段差部の幅をできる限り広げることで、加工ばらつきの影響を低減している。さらに、MR素子をセンターレール後方に配置したことで、HGA時の取り付け位置ずれによるギャップ浮上量の変動を最小限にできた。
  • H.J. Ryu, J.O. Choi, S.H. Han, H.J. Kim, J.J. Lee, I.K. Kang
    原稿種別: Article
    1994 年 18 巻 70 号 p. 9-14
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    Soft magnetic properties of Fe-Zr-C-N films fabricated by rf reactive sputtering in Ar+N_2 atmosphere were investigated. The as-deposited films having mixd phases of amorphous and bcc α-Fe or mostly crystaEine α-Fe phase showed nanocrystalline structure upon annealing. The best soft magnetic properties achieved in these films are; H_c of 0.06 Oe, μ_<pff> of 3150 (1MHz) and 4πM_s of 16.8 kG. The films exilibited high μ_<pff> of more than 2000 and 4πM_s. of about 1.6 kG when the Zr content is about 6.4-8.3 at% and the [C+N] cdntent is around 15.5-18.0 at%. The fine grained α-Fe structure, together with very fine Zr(C,N) precipitates which were formed at an early stage of crystallization is considered to be one of the main factors for the excellent soft magnetic propertiesn
  • Kyeong-Ik Min, Seung-Ki Joo
    原稿種別: Article
    1994 年 18 巻 70 号 p. 15-21
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    NiFe/Cu artificial superlattices have been fabricated by rf-magnetron sputtering on Si(111) wafer substrates using thin copper layer as an underlayer. 11.7% magnetoresistance at room temperature is observed in a[Cu(22Å)/NiFe(20Å)]_20Cu(50Å)|Si(111) sample and the saturation field is measured to be 100 Oe. The artificial superlattices show in-plane uniaxial anisotropy with the easy axis parallel to the fiat edge direction (// Si<110>) of the wafer. The easy-axis magnetoresistance curve exhibited a multiple stepwise changing behavior and it turned out that the size of the plateau region of steps had a great influence on the saturation field.
  • H.S. Chang, K.H. Shin, T.D. Lee, J.K. Park
    原稿種別: Article
    1994 年 18 巻 70 号 p. 23-28
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    Thin CoCrTa/Cr films were deposited on glass substrates at various temperature with or without Al micro-bumps. The coercivity of CoCrTa increased considerably by introducing the Al micro-bumps as a texture layer. The cause of the coercivity increase is attributed to the development of stronger (1011) texture of Co grains which is related to lattice expansion of Cr underlayer by Al addition to Cr lattice. The Morphology of CoCrTa/Cr/Al films was also observed. The size and shape of Al micro-bumps was very sensitive to the thickness of the Al films and the substrate temperature.
  • 本多 直樹, 有明 順, 大内 一弘
    原稿種別: 本文
    1994 年 18 巻 70 号 p. 29-35
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    下地層を導入することにより、Co-Cr膜の磁気特性と膜構造に及ぼす非常に広い範囲でのAr圧力と基板温度の影響を調べた。高Ar圧力作製では(00・1)配向は下地によって200nm厚程まで維持されていることが分かった。一方、低Ar圧力作製では300-600nm厚まで下地の配向の影響を受け、高基板温度は下地の影響を強める。下地膜により高結晶配向性が得られているので、膜の磁気特性は主に膜構造によって影響される。
  • Yoshiyuki NAGASE, Toshiyuki SUZUKI
    原稿種別: Article
    1994 年 18 巻 70 号 p. 37-43
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    In overwrite recording on thick recording media, recording dips or so-called "re-recording phenomena" have been observed. In this paper, the overwrite characteristics for thin recording media such as metal evaporated tape are reported. It was experimentally confirrmed that recording dips in over-write characteristics occur for thin media as well as for thick recording media, when some recording conditions were satisfied. To explain the characteristics, the effects of internal field and rotating vectorial head field are discussed.
  • 田中 陽一郎, 小舞 知子, 彦坂 和志, 大日向 祐介, 中村 則男, 秋山 純一
    原稿種別: 本文
    1994 年 18 巻 70 号 p. 45-51
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    長手記録方式によるサブミクロントラック幅記録の観点から、トラックエッジ記録現象に関する解析を行った。記録磁化パターンのMFM観察により、サイドライティングがトラックエッジにおける記録分解能を低下させることが明らかになった。未飽和記録を考慮したシミュレーションにより、サイドライティング現象の特徴を解析した。シミュレーションと実験を通し、ヘッドギャップ長、スペーシング、記録磁界強度が記録分解能に与える影響を調べ、長手記録におけるサブミクロントラック幅記録の可能性を検討した。
  • 光安 保, 関口 卓司
    原稿種別: 本文
    1994 年 18 巻 70 号 p. 53-60
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
    近年、ハイビジョンなど情報量の増大に伴い、VTRに於いては、高密度記録化が進められている。磁気テープの高密度化にはテープの薄型化と表面の平滑化が必要である。テープ表面が非常に平滑になると、テープとドラム部分での摩擦が増加し、テープがドラムに貼り付くなど、テープの走行性に悪影響を及ぼす。今回、ドラム表面を超音波周波数で微少振動させて、見かけ上テープとドラムの接触面積を減少させ、テープとドラム間の摩擦を低減する超音波振動ドラム(USVドラム)を開発し、テープ走行系に実際に組み込み、記録・再生実験を行なった。その結果、摩擦係数が1/3以下に軽減し、テープの安定走行に効果があることを確認した。
  • 原稿種別: 付録等
    1994 年 18 巻 70 号 p. App1-
    発行日: 1994/11/19
    公開日: 2017/10/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
feedback
Top