テレビジョン学会技術報告
Online ISSN : 2433-0914
Print ISSN : 0386-4227
17 巻 , 68 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
  • 原稿種別: 表紙
    1993 年 17 巻 68 号 p. Cover1-
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 原稿種別: 目次
    1993 年 17 巻 68 号 p. Toc1-
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • デリコッテ デイビッド, 今井 康之, 田中 彰二, 瀧野 浩
    原稿種別: 本文
    1993 年 17 巻 68 号 p. 1-8
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    5000TPI(200TPMM)以上の高トラック密度を達成するため、あらかじめメディア上にサーボパターンを形成したディスクリートトラックメディアを実現した。基板にはプラスチックを用いサーボパターンを形成するために、CDと同じく、スタンピング技術を用いた。磁性膜はバターンを形成した面の上にスパッタリングによって作成し、サーボパターンから信号を得るためには、2段階着磁法を用いた。ディスクの物理的性能として、ランナウト量<20μm、ディスクのソリ<10μm、中心線平均粗さ1.40nm、最大粗さ14.5nmを得た。
  • 釘屋 文雄, 前田 武志, 井手 浩, 戸田 剛, 土永 浩之, 桐野 文良, 三田 誠, 重松 和勇
    原稿種別: 本文
    1993 年 17 巻 68 号 p. 9-15
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    5.25インチの光磁気ディスク装置で従来の3倍容量である2GB/両面を実現するための高密度化 技術について報告する。記録方式として、高密度化に有利なマークエッジ記録方式を採用した。そのため、マーク長およびマーク幅の高精度形成技術の開発が課題となり、マルチパルスを基本とした記録波形制御技術と試し 書きによる最適記録条件の検出技術を組み合わせることにより、上記課題を解決した。再生方式では、原波形検 出方式を導入することにより、高密度化に伴うS/Nの低下をカバーするとともに、既に12インチ追記型光デ ィスクにおけるマークエッジ記録方式の検討時に開発した、前後エッジ独立再生方式を採用し、媒体や回路特性 のバラツキに強い再生系を構築した。その結果、852Mb/i n2の高面記録密度が達成可能となった。
  • 豊岡 孝資, 新島 秀人, 高橋 伸彰, 坂上 好功
    原稿種別: 本文
    1993 年 17 巻 68 号 p. 17-23
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    半導体メモリ、ハードディスク、パーソナル・コンピュータの動向について検討した結果、ソリッド・ステート・ファイルはハンドヘルドコンピュータや厳しい環境で使われるコンビュータヘの応用が有望であることが分かった。NAND型フラッシュEEPROMは2kビットのメモリセルベの同時にデータの書込みが可能で、消去時間が短く、書替え可能回数が100万回と大きいなど、ソリッド・ステート・ファイル用に適した性能を有している。動的セクタ配置、バックグラウンド・ガーべ一ジ・コレクション、消去回数の均一化などの機能を付加したソリッド・ステート・ファイルのプロトタイプを試作した。2.5"ハードディスクと比較した結果、約5倍の平均動作速度を確認できた。
  • 加藤 大一郎, 笠井 春雄, 武藤 一利, 高畠 保, 石川 秋男, 牧野 英二
    原稿種別: 本文
    1993 年 17 巻 68 号 p. 25-32
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    高密度記録においてテープの薄型化は重要な課題である。しかし、従来のようにテープを8次元的に走行きせる方式の場合、ローディング時や早送り・巻戻し時など、テープエッジに与える負担が大きくテープを損傷してしまう場合が生じる。そこでテープを2次元的に水平に走行させ・カム機構を用いてヘッドを回転と同時に上下に駆動してヘリカルに記録再生を行う新しいヘッド走査方式に関して実験検討を行った。その結果・カム曲線や球加圧力(支点をカムに押し付ける力)、カム・メカニズムなどを最適に設定することによって、トラック幅20μmでも十分記録再生が可能であることを確認した。
  • Shigeki Nakagawa, Shin'ya Yoshida, Takayuki Ichihara, Masahiko Na ...
    原稿種別: Article
    1993 年 17 巻 68 号 p. 33-40
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    Several configurations and preparation methods of perpendicular magnetic recording tape media have been proposed in this study. Co-Cr thin films with large saturation magnetization M_s and good c-axis orientation could be prepared by two step sputtcring method. The crystallinity of Co-Cr recording layer and Ni-Fe backlayer seemed to be important for perpendicular magnetic recording media with Co-Cr/Ni-Fe double layer. Two step sputtering method was also applicable to improve the crystallinity of not only Co-Cr layer but also Ni-Fe one. The Co-Cr underlayer as ultra-thin as 100Å was very helpful for enhancing the c-axis orientation of Co-Cr crystallites and <111> orientation of Ni-Fe ones. The multilayers composed of Ni-Fe and ultra-thin Co-Cr layers revealed very soft magnetism and excellent <111> orientation for the Ni-Fe layers. These multilayers were properly effective for the hetero-epitaxial growth of Co-Cr recording layer deposited on them. In addition, Co-Zr-Ta amorphous alloy films were also proposed as the backlayer with large M_s and soft magnetic properties. Very thin Ti interlayer deposited of the Co-Cr layer was effective to improve the c-axis orientation of Co-Cr crystallites deposited on it. At last, Fe-Mo-B thin films also were proposed as the top coat and back coat layers with sufficient durability and electrical conductivity.
  • 本多 直樹, 有明 順, 大内 一弘, 岩崎 俊一
    原稿種別: 本文
    1993 年 17 巻 68 号 p. 41-46
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    最近報告したCo-Cr膜媒体の新しいスパッタ作製法を紹介する。50Pa以上の高Ar圧カスパッタリングでは放電電圧が300V以下の安定な放電が可能である。また、良好な結晶配向を持つTi下地膜を用いると、50Pa以上の高Ar圧力スパッタ堆積でも△θ_<50>が5°程度の高い結晶配向を示すCo-Cr膜が得られる。この膜は粒界が明瞭で微細な柱状構造を持ち、低ノイズな高記録密度媒体としての可能性がある。
  • C.H. Hwang, Y.S. Park, K.H. Shin, T.D. Lee
    原稿種別: Article
    1993 年 17 巻 68 号 p. 47-52
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    The effect of Ta addition in Co_<83>Cr_<17> base composition was studied to investigate the origin of an increase in the coercivity. For this purpose, the perpendicular magnetic anisotropy of Co-Cr and Co-Cr-Ta films was measured before and after annealing at 550℃. The Co_<81.4>Cr_<16.6>Ta_2 film showed larger perpendicular anisotropy than the Co_<81>Cr_<19> film in the as-sputtered states. However, after the anneal, perpendicular anisotropy value of the two specimens were almost the same. The cause of this was interpretated as the enhauced segregation of solute atoms in the Ta added film in the as-deposited state. The change of d-spacings for the (0002) plane with the Ta addition was also studied. The linear increase of d-spacing with increasing Ta addition suggests that Ta is randomly distributed rather than segregated. This result implicates that the coercivity increase with Ta addition is not due to Ta segregation but due to enhanced segregation of Cr.
  • P.W. JANG, H.K. SOHN, T.D. LEE
    原稿種別: Article
    1993 年 17 巻 68 号 p. 53-59
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    In order to develope new magnetic media with higher coercivity, we have investigated the magnetic properties of Co-P/Cr and Co-P-Cr/Cr films. The coercivity of Co-P binary films deposited at RT was around 835 Oe in the range of 9 - 12 at.% P. In the Co-P binary system coercivity decreased with increasing substrate temperature for P contents of 9 -12 at.%. However, the coercivity of the films containing more than 12 at.%. P is very low due to the formation of amorphous phase. The coercivity of Co-P-Cr ternary films increased with increasing Cr contents and reached the maximum value of 1020 Oe in the water cooled CO_<84>P_<10>Cr_6 film.
  • Myong R. KIM
    原稿種別: Article
    1993 年 17 巻 68 号 p. 61-67
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    Magnetic anisotropy in magnetron in-line sputter deposited Co-alloy thin film disks was studied. The amount of dispersion in magnetic properties determined by using a transfer curve magnetometer was 85 Oe in film coercivity, 0.15 emu/cm^2 in remanenee-thiekness product, and 0.03 in coercivity squareness within a disk. Angular variation in magnetic properties showed a sinusoidal curve with two maxima and minima, corresponding to two regions which are parallel and normal to the pallet movement, respectively. The micro-structural examination revealed Co-alloy grains locally elongated in the direction of pallet movement. It was shown from the present study that approximately 45 % of Co-alloy grains on Cr-underlayer have in-plane c-axis and the resultant c-axis vector component of grains orients to the texture groove direction.
  • Ki-Bong Song, Takahisa Yamashiro, Masahiko Naoe
    原稿種別: Article
    1993 年 17 巻 68 号 p. 69-75
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    The distribution of the magnetic field and plasma diagnosis in the facing targets sputtering apparatus have been investigated and performed by using a gaussmeter and single probe method, respectively, and the field distribution was compared with calculated one by computer aided finite element method. Perpendicular line of force between target planes and extremely high magnetic field above target edge confined plasma almost perfectly and substrates could be placed in plasma-free region even for ferromagnetic targets. The measured radial field distribution at the central plane between two facing targets agreed well with calculated one. Parameters important for controlling distribution and strength of magnetic field in FTS system seemed to be distance between targets, target magnetism, performance of magnet and distance between target and magnet, in the order of influence degree. It was shown that the size of permanent magnets for confining plasma may influence the strength of magnetic field but may not do the distribution of magnetic flux.
  • 田河 育也, 竹尾 昭彦, 中村 慶久
    原稿種別: 本文
    1993 年 17 巻 68 号 p. 77-84
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
    VSM測定中に磁化に比例する適当な磁界を印加すると、粒子間相互作用が見かけ上消失するためHenkelプロットが直線となる。これを利用してBa-ferrite塗布媒体のMeanFieldを測定した結果、無配向のときMean Field係数はほぼゼロであるが角形比O.8では0.2程度となることがわかった。微粒子を規則正しく配列させたモデル計算により、Ba-feniteのような板状粒子塗布媒体では正のMean Field働き、針状のメタル微粒子塗布媒体では負のMean Fieldが働くこと、また、配向性が悪くなるにしたがい粒子間の縦横の間隔が変化するためMean Fieldも弱くなることを示した。Mean Fieldを考慮した記録再生シミュレーションから、長手配向Ba-ferrite媒体の場合Mean Fieldの有無により低記録密度領域の出力が40%程度変化し、垂直配向媒体の場合には記録密度が高くなるにしたがいMean Fieldの影響が顕著になることがわかった。
  • 原稿種別: 付録等
    1993 年 17 巻 68 号 p. App1-
    発行日: 1993/11/11
    公開日: 2017/10/06
    研究報告書・技術報告書 フリー
feedback
Top