水文・水資源学会誌
Online ISSN : 1349-2853
Print ISSN : 0915-1389
26 巻 , 1 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
原著論文
  • 舛谷 敬一, 馬籠 純
    2013 年 26 巻 1 号 p. 26-37
    発行日: 2013/01/05
    公開日: 2013/07/12
    ジャーナル フリー
     通常の分布型水文モデルでは,DEM解像度を変えるとモデルパラメータを再調整しなければならない.本論文では,小流域スケールでの降雨-流出モデルであるTOPMODELの簡単な粗視化法を提案し,解像度依存性の低減を目指す.TOPMODELでは地形指標が重要な役割を果たす.地形指標はDEM解像度に大きく影響を受けるので,粗視化した低解像度DEMから直接求めた地形指標は使うことができない.本モデルでは低解像度のとき,高解像度DEMの地形指標の累積確率分布を利用する.この累積確率分布はべき乗則を満たすので,粗視化した大格子毎に簡単な関数で近似することができ,これを表面流出の変動寄与域の評価に用いることができる.高解像度の河道網の特徴を十分な精度で保持する粗視化河道網と河道水追跡のMuskingum-Cunge法を組み合わせ,ここで提案したTOPMODELで富士川支流の早川について流出解析を行うと,スケール依存性のない結果が得られた.非常に大きな粗視化倍率を選んでも計算流量はほとんど変化しない.また,流出解析における入力情報の空間的な非一様性に対して計算結果がどのように変わるのかについても検討した.
feedback
Top