社会学評論
Online ISSN : 1884-2755
Print ISSN : 0021-5414
ISSN-L : 0021-5414
30 巻 , 4 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • 藤田 弘夫
    1980 年 30 巻 4 号 p. 2-16
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    わが国の都市はいったいどのような社会的特質を有するのであろうか。最近の都市社会学には、こうしたおおざっぱな問いかけはあまりみられない。最近の研究は、もっぱら都市の社会現象の微視的な分析的断面を描き出してきた。とかく拡散しがちな都市研究にあって、地区集団は都市社会学研究の焦点をなしてきた。なかでも「町内会」はもっとも研究の集中してきたところであった。これらの研究を通じて、町内会の強い自生力が指摘されるとともに、町内会組織のもつ包括的地縁的・組織形態が、わが国の「文化型」に由来するものだ、といわれてきた。
    他方、巨視的には隣接科学の研究によって、わが国の「集権的」性格が、わが国の都市の社会的特質を大きく規定しているものだ、といわれてきた。
    本稿はマクロとミクロの二つの視点から指摘された「集権制」と「町内会」を相互に関連させながら、日本都市の社会的特質を探る。この際本稿は、わが国の都市の特質の一端が、西ヨーロッパ諸国の都市と比較するかぎりでは、都市が、単なる国家の行政対象として、国家によって「区画」されていたところにあることを明らかにする。
  • 平野 貴子, 神田 道子, 小林 幸一, Joanna Liddle
    1980 年 30 巻 4 号 p. 17-37
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    女性の職域の拡大、男女平等化が課題になってきているが、その実現には多くの困難がある。社会的地位が高く男性と同じ職業能力を要求される専門的・管理的職業に従事する女性を中心にして、就職・昇進における不利な状態、およびそれを乗り切る態度を性役割の視点から分析した。就職における不利は、募集、応募、採用の各段階でみうけられ、就職ルート、職務領域、配偶上の地位によって異なり、女性の役割に関連の多い領域では不利が少ない傾向がみられた。昇進における不利は、転勤・異動のしかたに典型的にみられる、男性と女性の労務慣行上の違いによって生じていることが多い。また女性が男性の上に立つことを嫌う社会慣習の影響がみられる。これらの障害には性役割、とくに性別役割分業観および分業実態が影響している。
    職業生活におけるこれらの障害を乗りこえていく際には、男性の評価規準に適合する実績をあげる積極的態度と、家庭役割が重い場合に、昇進や実績をあげる機会や条件を自分から見送ることによって職業を継続していく消極的態度がみられた。これらの分析を通して、女性役割との関連からみた職業 (職務) 領域と、進出する女性の側の条件としての女性 (家庭) 役割の大きさの関連によって、女性の職業進出パターンおよびそれにもとづく進出過程についての仮説を導き出した。進出初期の段階では、女性の役割に関連が多い領域に未婚で進出し、もっとも困難が多く進出がおくれるのは、女性役割に関連が少ない領域に子どもを持ち進出するパターンである。
  • 坂本 美樹雄
    1980 年 30 巻 4 号 p. 38-54
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    日本の本社からサンパウロに派遣されてきた駐在員が日本人移民の子弟である二世、三世および「準二世」に対して示す態度に着目して、同じ日本民族としてのアイデンティティが両者の間にどの程度まで存在するかを明らかにすることが本稿の目的である。
    駐在員のこうした態度を調べるために、まず二世、三世や「準二世」を「日本人」と考えるか否かについて質問し、ひきつづきその理由について意見を述べてもらい、我妻洋と米山俊直がとりあげた日本人の六つの条件にもとづいて、これらの理由の分析を試みた。その結果は以下の仮説によって要約することが出来る。つまり、「人種」と「民族」の概念上の違いにもとづいて考察したばあい、駐在員と日系二世、三世あるいは「準二世」の間には同じ日本民族としての共属意識は存在しない。
    この仮説を検証するために、両者の間にみられる接触形態と社会的距離について考察を試みた。その結果、両者の間で日本民族としての共通のアイデンティティの欠如がますます決定的になりつつあることが明らかになった。
  • 森岡 容子
    1980 年 30 巻 4 号 p. 55-72,127
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    本稿は、従来のアヴォイダンスの定義を拡大し、特定の社会的距離を毀損することの禁止であるとして把え、ミクロネシア・ポナペ島におけるアヴォイダンスの事例分析を提示し、アヴォイダンスとポナペに固有の価値規準、尊敬、権威とが、社会関係の統合化に結びつく過程を、社会組織との関連において、具体的に記述する。
    ポナペのアヴォイダンス、いわゆる五種類のペル関係が、諸個人の地位=役割、各レベルの社会組織と関連しながら、首長制を骨格とする政治組織に包含、統合される諸過程の分析をふまえ、これを社会関係の全体的構成モデルと対照する。その際に、首長制社会は価値規準としてのワウと、アヴォイダンスとしてのペル関係との関連において把握される。
    ついで、ポナペの事例との対比のために、隣接するトラック島のアヴォイダンスを考察し、アヴォイダンスが、地位対地位の関係として、尊敬、権威と結びつくとき、さまざまな社会関係の統合化過程の一位相として、位置づけられることを明らかにする。
  • 清水 威
    1980 年 30 巻 4 号 p. 73-80,126
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    Japanese Development has two meanings in its term. Which is right the term of “Development” with Prof. Okada ask for us human or social ecology insist on Hatten or Kaihatsu.
    According to my personal opinion, ecology stand for control the Development of nature, but it has the meaning Hatten has not Kaihatsu.
    Because, Japanese speciality of “Mujokan” conclude the factor of Hatten concerning the social change gradually.
    After modern recent time, in our country, human ecology appeared with “Development” means Kaihatsu-a study facilitate Development.
    I wish to inquire into the reason of Kaihatsu about social ecology in Japan.
    The notion of Kaihatsu about Japanese social ecology are due to modern recent time merchant's worth living and highest order in Japan Merchant-Chonin-their economic action to aquire his own interests.
    Merchant-Chonin, at that time in Japan operate the class of samurai, ruler of Japanese feudalism society behind their back, so their remote control based on financial ability, consist on the notion of Kaihatsu in Japan.
    Supremacy of Japanese Merchant-Chonin, with ecomomic aspect, they have the initiative of social change and continuation.
    Meet the Japanese restoration era in Meiji, Merchant-Chonin and low class samurai, Powerlessness people in the old feudal government, changing suddenly, jump on the surface of social structure.
    Add to European Depression for Japan, fallen in us crisis to keep the independent of our country, the action of pursuit of Private benifit, and profit becomes to advance to belief.
    Under the mask of serve take off and establish the national capitalism, public interest and public welfare, merahant deed of profit acqwsition makes furn into outhodox thought of Japanese people.
    Seek after private interests look upon always goodness, absolutely. Our traditional “Mujokan” means Hatten, change into Kaihatsu at that aspect.
    We have to gaze, what is remain behind take away from the recent modern time comouflaged worth of Living and conception of the world, lead by commercialism consist on since middle era of Tokugawa feudalism society. I take up enlightenment philosopher Yukichi Fukuzawa, for the purpose of research for the Japanese traditional view of value, penetrate for “Mujo-kan” -through, the “Mu” -nothing accomplish the self realize without pursuit our own interest-possessed with aquire material world or make for tune.
    If that the case of calling of economic amimal toward the Japanese, found on our tradition, our racial spirit and natonality?
  • 小玉 敏彦
    1980 年 30 巻 4 号 p. 81-87,125
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    The aim of 'sociology of science' is to investigate the social and cultural factors having influence on the development of science, especially on natural science. This discipline was originated from R.K. Merton's work, “Science, Technology & Society in 17th century England” (1938). In this work, Merton made a research in the social-cultural environment of natural science stood at macroscopic point of view.
    After world war II, Merton's research was focused on the function of scientific communities, i.e. societies of scientists. In this context, the tacit assumptions brought in by him and his disciples are
    (1) the function of scientific communities is the most important factor having influence on the development of science,
    (2) the real scientific method is the organized empirical method,
    (3) scientists always migrate from one research area to another so that they can 'produce' articles much effectively and gain high reputation.
    In 1970's, new groups of sociology of scientists began to criticize these points. One of main trends is channeled by T. Kuhn's “paradigm thesis”. This group made an assertion that science did not develop continuously, but that the mode of science changed discontinuously and in a Gestalt-like way. Sociologists of this group are investigating the inner structures of scientific communities from the empirical point of view. In this approach, one of the most useful techniques is regarded to be 'co-citation analysis' adopted by H.G. Small.
  • 竹田 聴洲
    1980 年 30 巻 4 号 p. 88-91
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 老川 寛
    1980 年 30 巻 4 号 p. 91-93
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 西平 重喜
    1980 年 30 巻 4 号 p. 94-96
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 佐々木 交賢
    1980 年 30 巻 4 号 p. 96-100
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 皆川 勇一
    1980 年 30 巻 4 号 p. 100-104
    発行日: 1980/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
feedback
Top