第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
ISSN-L : 0418-2642
58 巻 , 3 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
論説
  • 江口 誠一
    2019 年 58 巻 3 号 p. 253-263
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/28
    ジャーナル 認証あり

    タイ国内各地域の典型的な景観の一つである熱帯季節林に焦点をあて,現在落葉フタバガキ林が立地している地点の,表層を含めた堆積物中の植物珪酸体化石群の層位変化から,フタバガキ科Shorea属とタケ亜科の植生の形成過程を明らかにした.その結果,フタバガキ科が産出する最古年代は,南部マレー半島の標高100m以下の比較的沿岸域に近い平地部で約9,300年前,東北部の標高200~300m台の内陸丘陵地で約5,000~4,500年前,北部の標高500m以上の山間部内平坦地で数千年前であり,その分布範囲は低緯度から高緯度,低地から高地へと広がっている様子が示唆された.一方,タケ亜科は東北部から北部の同層準より多数産出したが南部からは少数であった.よって,林床に温帯性のタケ亜科植物を伴う落葉フタバガキ林分布域の中心は東北部で,過去約5,000年間植生景観を維持しつつその後北部へ広がったが,南部では現在まで貧弱であったと考えられる.

総説
訂正
feedback
Top