油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
42 巻 , 9 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 増田 光輝, 小竹 比呂志, 三浦 千明, 大場 健吉
    1993 年 42 巻 9 号 p. 643-648
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    家庭用合成洗剤に最近使用されるようになった2-スルホネート脂肪酸メチルエステル (α-SFMe) の生分解性について, 振とう培養法, リバーダイアウェイ試験及び自動酸素消費量測定装置を用いた生物化学的酸素消費量 (BOD) 測定法 (MITI法) で検討した。
    生分解はメチレンブルー活性物質 (MBAS), 溶存有機炭素 (DOC) あるいは BOD を測定することによって追跡した。
    試験の結果, α-SFMe は下水処理場や自然の河川水中で一次分解が容易に始まり, 分解は順調に究極分解に到ることが示唆された。
  • 杉田 陸海, 早田 知恵子, 堀 太郎, 森川 亜紀, 三輪 祥代
    1993 年 42 巻 9 号 p. 649-655
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    キンバエ, Lucilia caesar 幼虫 (節足動物・昆虫類) 由来のマンノース含有アミノ CTH (GlcNAcβ 1-3Manβ 1-4 Glcβ1-Cer, ArOse3Cer) を免疫源としてウサギ抗体を調製し, 得られた抗体の特異性を, 関連糖脂質を用いてELISA及び TLC-immunostaining testにより検討した。その結果, ArOse3Cer及びArOse3-sphingosineとは反応したが, GlcNAcを非還元末端糖とする GlcNAcβ1-3 Ga1β 1-4 Glcβ1-Cer (アミノCTH) や GlcNAcβ 1-2 Manα 1-3 Manβ 1-4 Glcβ1-Cer, 及び調べた他の糖脂質とは交差反応を示さなかった。
    一方, この抗体を用いて2種類の甲殻類 (南極オキアミ, Euphausia superba及びテナガエビ, Macrobrachium nipponense) のスフィンゴ糖脂質画分をTLC-immunostaining testによって調べ, 両者にArOse3Cerと同じ移動度を示す糖脂質のの存在することを認めた。この糖脂質は化学的分析結果から ArOse3Cerと確認できた。甲殻類にArOse3Cerが存在することを明らかにしたのは, これが初めてである。
    さらに, テナガエビの凍結切片の免疫染色結果から, 同糖脂質が触角せん (腺), 食道内壁及びえら (鯉) に局在することを見いだした。
  • 朝倉 浩一, 塩谷 陽俊, 本田 栄敏, 松村 秀一
    1993 年 42 巻 9 号 p. 656-660
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    フェノール性芳香環がオルト位で直接結合したオリゴマーを, horseradish起源のペルオキシダーゼを触媒とした過酸化水素による酸化によって合成した。フェノール類としてp -クレゾール, p -エチルフェノール, p-s-ブチルフェノール,.p-t-ブチルフェノール, p -メトキシフェノール, p-ノニルフェノール, m -クレゾール, m -t-ブチルフェノール, m -メトキシフェノール, 3, 4-キシレノールを用いた。p -ノニルフェノール及びm -t-ブチルフェノールの場合は, 酸化によって重合は起こらなかった。一連のパラ位にアルキル基を有するフェノールオリゴマーは, いずれのものも数平均分子量 (Mn) は800程度であり, また, かさ高い置換基を有するものは重合の際におけるヒドロキシル基の減少を防ぐ傾向が認められた。p-メトキシフェノールオリゴマーのMnは, 約1,700であった。メタ位に置換基を有するオリゴマーは, 相当するパラ置換型オリゴマーと比べMnは低く, ヒドロキシル基残存度 (D.R.H.) は高いことが認められた。合成したフェノールオリゴマーのラードに対する酸化防止性を測定したが, 重合による酸化防止性の向上はほとんど認められなかった。一方, これらオリゴマーのテトラリンに対する酸化防止性は, p-メトキシフェノールの場合以外では, 相当するモノマーと比較してかなりすぐれることが認められた。フェノールオリゴマーのペルオキシラジカルとの高い反応性及び安定なフェノキシラジカルの生成がすぐれた酸化防止性の原因と考えられる。高いD.R.H.を有するオリゴマーは, 低いものと比較し高い酸化防止性を示した。メタ置換型オリゴマーの酸化防止性は, 相当するパラ置換型オリゴマーよりもすぐれることが認められた。
  • 田村 隆光, 藤津 雅子, 伊藤 聖治
    1993 年 42 巻 9 号 p. 661-667
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    Partial phase diagrams and microstructures were investigated in a one-phase microemulsion region of sodium oleate/monoalkyl poly (oxyalkylene) ethers/water ternary systems by conductivity, freezefracture electron microscopy and pulsed field gradient spin-echo (PGSE) NMR measurements. The influence of n-decane and glycerol trioleate on the ternary phase diagrams was also examined. Monomethyl, ethyl and butyl poly (oxyethylene) ethers and monobutyl ethers having both ethylene oxide (EO) and propylene oxide (PO) groups with different alkylene oxide chain length were used for this purpose. Although similar one phase microemulsion regions appeared in the monobutyl poly (oxyethylene) ether ternary systems, the microemulsion regions shrunk on increasing EO chain length by adding n-decane and glycerol trioleate. The introduction of PO groups at the terminal position of ethers had a spreading effect on the one phase region even in quaternary systems. Transition from water-in-oil to oil-in-water microemulsions through bicontinuous structures was found to occur with increase in water content.
  • 吉村 彦二
    1993 年 42 巻 9 号 p. 668-674
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    8- or 9- [2- (perfluorooctyl) ethoxy] -tricyclo [5. 2. 1.02' 6] deca- 3- en (1) was synthesized by the reaction of 2- (perfluorooctyl) ethanol with dicyclopentadiene in the presence of boron trifluo-ride- ethyl ether complex. The reaction rate exceeded that of the linear hydrocarbon alcohol with dicyclopentadiene. At the start of liquid phase oxygen oxidation, radicals were formed by the abstraction of hydrogen at the allyl position of (1) in the presence of azobis (isobutyronitrile), and peroxy radicals were subsequently produced by oxygen attack. The peroxy radical produced hydroperoxide by hydrogen abstraction in an intermolecular manner. At above a concentration of 10 % hydroperoxide, was converted to the corresponding hydroxide and ketone. The activation energy of hydroperoxide formation in neat was 20.6 kcal mol-1. Neither the addition of the peroxy radical to a double bond nor its coupling could be detected.
  • 吉村 彦二
    1993 年 42 巻 9 号 p. 675-679
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    A study was made of the liquid phase oxygen oxidation of 8- or 9- [2- (perfluorooctyl) ethoxy] -tricyclo [5. 2. 1.02, 6] deca-3-en, active catalytic species, reaction behavior and components of products. The catalysts used were radical forming type : azobis (isobutyronitrile) and benzoyl peroxide, and transition metal salt type : Co-naphthenate and Mn- naphthenate. All reactions were carried out with oxygen bubbling in a xylene solution.
    Using radical forming catalysis, practically hydroperoxide alone was produced upto about a 10 % conversion, followed by the production of the corresponding hydroxide and ketone. On using the transition metal salt type, these three components were formed at the start of the reaction ; the hydroperoxide formation ratio was comparatively smaller and production of oligomer, larger. With radical forming catalysts, hydrogen abstraction led to the smooth formation of peroxy radicals and production of hydroperoxide. Hydroperoxide gradually decomposed with the transition metal salt type, excess amount of alkoxy and peroxy radicals were produced at the start of the reaction.
  • 青山 稔, 兼松 弘, 塚本 正人, 東海林 茂, 新谷 〓
    1993 年 42 巻 9 号 p. 680-684
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    Assessment was made of the stabilization of fish oil, rich in highly unsaturated fatty acids, by several antioxidants at 5, 20, and 60°C. Antioxidants used were a mixed tocopherols concentrate (m-Toc), L-ascorbyl palmitate (Ap), dibutylhydroxytoluene (BHT), propyl gallate (PG), t-butylhydroquinone (TBHQ) and m-Toc combined with one or two of the others. Their added amounts were 0.1 and 0.2 % for m-Toc and 100 ppm for the others. In storage at 5°C, TBHQ markedly suppressed rapid increase in peroxide and carbonyl in fish oil. Antioxidant activity decreased in the order of TBHQ>PG>BHT>AP>m-Toc. m-Toc in combination with other antioxidants enhanced antioxidant activity. The most effective combination was that with TBHQ, followed by AP and PG. In storage at 20°C, the order of antioxidant activity was the same as at 5°C. Antioxidant effectiveness decreased with increase in storage temperature. Owing to the rapid rate of oxidation, no significant antioxidant activity could be seen at 60°C.
  • 蒲 康夫, 川口 芳広
    1993 年 42 巻 9 号 p. 685-686
    発行日: 1993/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    5種類のメチルD-グリコシドとS- (2-ピリジル) デカンチオアートとをピリジン中で, 8h, 90℃の条件で反応させることにより, それぞれの6-O-モノエステル体が位置選択的に好収率で得られることを見いだした。
feedback
Top