油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
33 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 玉井 久司, 河野 鶴雄, 須沢 利郎
    1984 年 33 巻 2 号 p. 73-79
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    ポリ酢酸ビニルラテックスのナイロン-6, ポリアクリロニトリル及び木綿繊維への付着量を時間及びpHに関して測定し, ポリスチレン及びポリアクリル酸エチルラテックスの結果と比較した。結果を静電力及びファンデルワールス力による相互作用の点から考察した。
    ナイロン6-繊維への付着量は, pHの増加と共に急激に減少し, 静電的な相互作用が付着に対する主たる因子であることがわかった。
    ポリスチレン及びポリアクリル酸エチルラテックスのポリアクリロニトリル及び木綿繊維への付着量は, 大きな静電的反発力にもかかわらず大きな値を示し, pHの増加すなわち静電的反発力の増加に対してもその減少はわずかであった。一方, これらの繊維に対するポリ酢酸ビニルラテックスの付着量は, ポリスチレンやポリアクリル酸エチルラテックスとほとんど同程度の反発力にもかかわらず, 非常に小さい値を示した。
    これらの結果に基づき, ポリ酢酸ビニルラテックスとポリアクリロニトリル繊維や木綿繊維の間には, ラテックス粒子表面に存在するかも知れない水溶性高分子層, 例えばポリビニルアルコール層による立体的な反発力が働くことを考えた。
  • 中 昭廣, 西田 善久
    1984 年 33 巻 2 号 p. 80-87
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    前報では, Washbornの変形式を導びき, 粉炭そのものの水ぬれ性を浸透速度法で測定できることを明らかにした。
    本報では, その分析値に特徴をもつ18種類の海外炭を入手し, 浸透速度法で水ぬれ性を測定した。その結果, 次の結論をえた。
    1) 浸透速度法は, 幅広い海外炭に適用できた。
    2) 海外炭は, 分析値の差が非常に大きく, その表面特性も水に非常にぬれやすいものからまったくぬれないものまで, その差は著しかった。
    3) 石炭の水ぬれ性と含有水分量 (I.M.) には正比例の関係があった。また, その傾向はやや弱いけれど, 石炭の水ぬれ性と揮発性物質 (V.M.) 含有量に正比例傾向が, 灰含有量又は, 固定炭素 (F.C.) とは反比例の傾向が認められた。すなわちI.M.が多く, V.M.の多い比較的若い石炭は, 水にぬれやすいことがわかった。
  • 篠塚 則子, 新治 修, 早野 茂夫
    1984 年 33 巻 2 号 p. 88-94
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    フミン酸溶液の界面張力及び導伝率を測定し, その結果, 会合体の生成が示唆された。会合が始まる濃度は他の方法で決定した濃度と良く一致した。
    金属カチオンのフミン酸溶液の導伝率, 粘度, 界面張力, 電位差滴定への影響も調べた。添加した金属カチオンは海洋フミン酸と錯体を形成する。金属イオンの錯形成能の順序は次の通りである。
    Na+, K+<Mg2+<Ca2+<Ba2+<Cu2+
    金属イオンは主としてフミン酸のカルボキシル基と結合するものと思われる。溶液的性質に及ぼすカチオンの影響については, 海洋フミン酸と市販のAldrichフミン酸の間には本質的な差は観察されなかった。
    分子量分画した海洋フミン酸試料を用いて, 溶液的性質に対する分子の大きさの影響について調べた。より小さい分子はより低いフミン化度と, より高い酸度を示すことが確かめられた。
  • 鈴木 修, 横地 俊弘
    1984 年 33 巻 2 号 p. 95-99
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    The effects on the lipid composition of Fusarium moniliforme with growth age using glucose or decane as the carbon source was investigated. It was found that the maximum dry weight of growth cells and accumulation of lipids in mycelium at 30°C was attained in 2 days using glucose and 6 days of culture using decane respectively. The neutral and polar lipid fractions in the cells grown on decane mainly contained linoleic acid (4560%) which increased gradually during incubation. The neutral and polar lipid fractions in the cells grown on glucose contained oleic acid (ca. 40%) and linoleic acid (ca. 30%). Changes in neutral lipid composition and the amount of sterol in the cells grown on glucose or decane with regard to culture aging were also studied.
  • 町田 芳章, 福井 秀夫, 山下 太郎, 山川 幸夫, 北村 啓三, 鈴木 清次, 山下 道大, 菰田 衛
    1984 年 33 巻 2 号 p. 100-104
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    Various fats and oils (2ml) were tested for their reaction with Bieber's reagent (10ml), a mixture of equal weights of sulfuric acid, fuming nitric acid and water. This is the so called Tsujimoto's color reaction. Blue green colors were observed for camellia oil, sasanqua oil, olive oil and high oleic safflower oil. Also solid fats such as coconut oil, palm oil, and beef tallow were found to turn blue green. Other oils turned yellow or orange. This coloration was related to the ratio of the content of polyenoic fatty acid to that of monoenoic fatty acid. That is, the ratio at which the blue green color appeared was below about 0.25 for liquid oils, but below about 0.35 for solid fats. This color reaction makes possible the easy identification of fats and oils of high monoenoic fatty acid content (70%>).
  • 山川 幸夫, 塚本 照夫, 山下 太郎, 町田 芳章, 北村 啓三, 鈴木 清次, 山下 道大, 平山 晴男
    1984 年 33 巻 2 号 p. 105-110
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    To establish a standard color detection method, various color reactions for detection of kapok and cottonseed oil present in other oils were examined.
    Good detection was possible by the Halphen reaction and satisfactory results were also obtained by Besson, Milliau, and Becchi & Milliau reactions using silver nitrate.
    About 0.01% crude kapok oil or 0.1% neutralized cottonseed oil in soybean oil could be detected by the Halphen reaction. By the three reactions using silver nitrate, it was possible to detect nearly 0.5% crude kapok oil or 5% neutralized cottonseed oil.
    These results indicate that the Halphen reaction is the best method for color detection because of its high sensitivity, while the Besson reaction rates second in view of the simplicity of the procedure.
  • 藤原 康雄, 木下 辰雄, 佐藤 博, 小島 一郎
    1984 年 33 巻 2 号 p. 111-114
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2009/11/13
    ジャーナル フリー
    Tertiary-butyl methyl ether (MTBE) has recently attracted much attention as a high-octane blending stock in the preparation of unleaded premium gasoline.
    The biodegradation study of several alkyl ethers having various alkyl groups was carried out by measuring the oxygen uptake rate in the presence of standard activated sludge as a source of microorganisms. Although alkyl ethers with t-butyl groups in their molecules showed very poor biodegradability (Fig.-1), MTBE had no effect on the biodegradability of gasoline blended with it (Fig.-2). MTBE-blended gasoline was found to have excellent biodegradability and causes no environmental pollution.
    The bioconcentration factor in fish was determined by the cultivation of Japanese carp in a flowing water system containing alkyl ethers over a period of four weeks. Alkyl ethers used in this bioconcentration experiment were 2- (t-butoxy) ethanol, MTBE, and t-butyl isopropyl ether. The bioconcentration factors of these ethers were 0.6, 1.5, and 5.7, respectively (Fig.-3, Table-1 and Table-2). The concentrated MTBE in the fish was excluded quite rapidly on placing the fish in fresh water (Fig.-3). The bioconcentration factors of water-soluble chemicals such as the alkyl ethers used in this experiment, can be predicted from their partition coefficients in an 1-octanol-water system (Fig.-4).
feedback
Top