油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
34 巻 , 8 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 難波 幸弘, 榊原 敏之
    1985 年 34 巻 8 号 p. 593-598
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 島村 馬次郎
    1985 年 34 巻 8 号 p. 599-605
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 橋本 尊子, 藤井 富美子, 川瀬 徳三, 皆川 基
    1985 年 34 巻 8 号 p. 606-612
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    脂質分解酵素リパーゼによるトリグリセリドの洗浄機構を明らかにするため,トリオレインとその加水分解生成物であるジオレイン,モノオレイン及びオレイン酸のそれぞれ単一及び混合汚れの綿布からの除去を,界面活性剤の種類及び洗液のpHを変えて調べた。また,位置特異性の異なる各種リパーゼを含む界面活性剤水溶液によりトリオレインを洗浄した。
    非イオン界面活性剤,モノアルキル=デカ(オキシエチレン)エーテル(APE)では,トリオレイン及びその加水分解生成物のそれぞれ単一及び混合汚れはグリセリドの種類によらずすべて同じ程度で除去されたが,アニオン界面活性剤,硫酸ラウリル=ナトリウム(SDS)では,ジオレイン,モノオレインがトリオレインに優先して除去された。また,アルカリ水溶液では,オレイン酸はオレイン酸セッケンの生成により最も容易に除去され,それが共存する他のグリセリドの除去を促進した。
    リパーゼを含むSDS水溶液によるトリオレインの除去において,pH 7.0では,トリグリセリドの加水分解反応系中にジ及びモノグリセリドを蓄積する位置特異性を有するリパーゼの方が,脂肪酸生成量の多い位置特異性を持たないリパーゼよりも効果的であった。リパーゼを含むAPE水溶液によるトリオレインの除去において,リパーゼの効果は位置特異性の有無による有意差はみられなかった。これらの結果は,界面活性剤によるトリオレインとその加水分解生成物の除去の結果とよい対応を示した。
  • 喜多 正義, 山田 裕, 立松 良一, 村井 淳一
    1985 年 34 巻 8 号 p. 613-617
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    There was a marked difference between the thermal behavior of N-(perfluoroacyl) ethylenediamine (NF) with Rf=C3F7- or C7F15- and that of conventional N-acylethylenediamine (NH), heating to 100240°C under nitrogen gas.
    At low temperature, the cyclization rate of NF was slower than that of NH. The kind of product depended on n in a structure (-CF2-)n, where the main product was N, N'-bis (perfluoroacyl) ethylenediamine (NB) when n=3 and 2-(perfluoroalkyl)-2-imidazoline (FI) when n=7. At high temperature, defluorination occurred with heating longer than 3h, and the rate was accelarated by the addition of CaO.
  • 芝原 章, 山本 公平, 中山 孝夫, 梶本 五郎
    1985 年 34 巻 8 号 p. 618-625
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    A rapid method has been devised for the GC-MS determination of double bond positions in monounsaturated fatty acids as their dimethyl disulfide adducts.
    As a standard procedure for the single-step preparation of adducts, fatty acid methyl esters were incubated with dimethyl disulfide in the presence of I2 as the catalyst for 30min. After the reduction of I2 with NaHSO3, hexane-ether mixture was added to the resulting system, and the upper phase was injected directly into a GC-MS. When the original esters contained a large quantity of polyenoates, TLC purification was used to remove contaminating by-products from the polyenoates before conducting the GC-MS analysis.
    The adducts of monoenoates had relatively shorter retention times under the GC-MS conditions, and gave simple mass spectra and easily recognizable molecular ions. The cleavage between the methylthio-substituted carbons gave key fragment ions showing the original double bond positions in the aliphatic chain.
    This method was applied to the fatty acid analysis of naturally-occurring lipids, such as chlorella, parsley seed and soybean lipids. The positional isomers, 14:1 (n-9, n-7 and n-5), 16:1 (n-9, n-7 and n-5), 18:1 (n-9 and n-7), and 17:1 (n-8), could be readily detected in chlorella, 18:1 (n-12, n-9 and n-7) in parsley seed, and 18:1 (n-9 and n-7) in soybean.
  • 桑村 常彦, 青木 治, 須藤 信一
    1985 年 34 巻 8 号 p. 626-633
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    Four series (anionic, cationic, zwitter-ionic and POE nonionic) of surfactants with peptide joints were prepared from various N-dodecyl-α-amino acids (Scheme-1, Table-1). The aqueous properties (Krafft point, cloud point, cmc, surface tension) and gross effects (foaming, emulsifying, detergency) of these products were examined and compared with those of surfactants without peptide joints for each series.
    The effects of peptide joints on aqueous properties were found to depend primarily on the hydrophobicity of the α-amino acid used (Table-6, -7). Glycine and alanine joints generally caused on increase in hydrophilicity and a slight change in cmc and surface tension for all series studied.
    Some nonionics having hydrophilic peptide joints and shorter POE chains had both Krafft and cloud points in the temperature range from 2090°C and exibited high surface activity (Table-7). These nonionics were effective emulsifying agents (O/W) against relatively polar oils (Fig. -4) and showed good detergency (Table-8),
    The surfactants with peptide joints were highly biodegradable.
  • Ab. GAPOR, 無類井 建夫, 渡辺 寿, 河田 司
    1985 年 34 巻 8 号 p. 634-637
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    マレイシア産パーム脂肪酸留出物(PFAD)に含まれる非極性物質をシリカゲル薄層板により分離した。ガスクロマトグラフ-質量分析計による分析では,この区分に脂肪酸エステルが存在することが確認された。PFAD中で脂肪酸エステルが生成することは次のことから確認された。1.PFADからシリカゲル薄層板により直接分離した非極性区分にも脂肪酸エステルが存在する。2.長時間けん化分解して得た不けん化物中には脂肪酸エステルが検出されず,脂肪酸エステルは試料調製中に生成したものではない。
  • 北原 文雄
    1985 年 34 巻 8 号 p. 638-643
    発行日: 1985/08/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top