油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
27 巻 , 12 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
  • 山中 実
    1978 年 27 巻 12 号 p. 821-827
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 松本 勲
    1978 年 27 巻 12 号 p. 828-837
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 1978 年 27 巻 12 号 p. 837
    発行日: 1978年
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 窪寺 忠良, 武藤 利雄, 山本 龍夫
    1978 年 27 巻 12 号 p. 838-842
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    直鎖を14Cで標識したDBS-14Cを用いてその生分解性をトレーサー法と.それに合わせてLASの分析法として広く使用されているメチレンブルー法で実験を行った。活性汚泥を用いて, DBS溶液を24℃にて生分解を行わせた。その分解過程には吸着, じゅん化, 分解の3期間があると考えられる。5000キューリーのコバルト60でDBSの放射線分解を行った。
    分解生成物はGLCとGC-MSスペクトルで確認した。それらの中に1-テトラロン, 1-インダノン, 4-メチル-1-テトロン, ナフタレン等が見いだされた。
  • 丸山 武紀, 新谷 〓, 今村 正男, 岡田 正和, 松本 太郎
    1978 年 27 巻 12 号 p. 843-846
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    Correlation between crystal habit and the modification of crystals by growth conditions was examined by electron microscope, polarization microscope, and X-ray diffraction, using a single crystal obtained from 1-monostearin by a solution method.
    1) The crystal growth from ethyl alcohol solution gave a single crystal of leaf-like pattern, the growth form was not uniform, and the steps on the crystal surface were irregular (Fig.-1). Crystal growth from benzene and carbon tetrachloride solutions gave a lamellar single crystal, forming polyhedral or rhombic crystals by the growth in a definite direction, and the crystal surface showed a two-dimensional growth in the direction of a and b axes and a pattern formed through a screw dislocation (Fig.-2, 3). Consequently, mechanism of the crystal growth of 1-monostearin can be explained by both the theories of growth by the formation of a two-dimensional nucleus and that by screw dislocation.
    2) The long spacings of the single crystals grown from ethyl alcohol, benzene, and carbon tetrachloride solutions agree with the β-type long spacing of 1-monostearine. Therefore, the morphology of a single crystal is affected by the kind of solvent used, its concentration, and temperature of crystal growth, but these conditions have no effect on crystal modification.
  • 横川 洋子, 石島 恵美子, 石井 郁子, 金山 幸代, 遠藤 節子
    1978 年 27 巻 12 号 p. 847-850
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    The simple lipids of five species of Polyporaceae (Phellinus yucatensis, Polystictus polyzonus, Trametes dickinsii, Grifora gigantea and Granoder leucophaeus) were investigated. The fatty acid compositions of the simple lipids were determined by GLC. The main fatty acids common to these species were found to be C16-saturated and C18-unsaturated acids. The sterol fraction was isolated from the unsaponifiable matter by column chromatography and its composition was determined by GLC. The main sterols were proposed to be ergosterol (G. gigantea) and 7, 22-ergostadienol (P. yucatensis, P. polyzonus, T. dickinsii, G. leucophaeus) from their mp, IR, GLC, and MS.
  • 白 台鴻, 金田 尚志
    1978 年 27 巻 12 号 p. 851-855
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2010/05/07
    ジャーナル フリー
    過酸化物及び二次酸化生成物の一定量を長期間マウスに経口投与し, 慢性毒性実験を行い, 小腸, 肝, 肺, じんの各組織について病理組織学的に検討し, 次の結果をえた。
    1) 過酸化物及び二次酸化生成物の慢性毒性は一定量以上を長期間投与することにより発現したことから毒性発現にはあるbarrierが存在する。
    2) 過酸化物及び二次酸化生成物による死亡マウスの小腸, 肝, 肺, じんなどの組織には急性毒性時の症状と同様, 細胞壊死と脂肪沈着が共通にみられ, さらに各器官には血管の拡張と充うっ血, 出血が認められた。これらの障害の程度は急性亜急性毒性時より一層顕著であった。このことから, 慢性毒性は過酸化物及び二次酸化生成物が小腸から直接吸収され, 各組織に運搬されそれが組織に蓄積した結果組織の障害が起こると推察された。
  • 白 台鴻, 金田 尚志
    1978 年 27 巻 12 号 p. 856-862
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2010/05/07
    ジャーナル フリー
    自動酸化油投与マウスの急性毒性による各組織障害を各種Tocが防御しうるか否かを知るため, d-α, dl-α, d-γ Tocをマウスに事前投与し病理組織学的変化を比較し, つぎの結果をえた。
    1) 各種のTocを事前に経口投与するとd-α, dl-α, d-γ Tocはいずれも過酸化物及び二酸化生成物の毒性を抑え, 生存時間は延長され, 死亡数が減ることを認めた。また, 病理組織学的観察からも添加効果を認め, 各臓器の障害は軽減される。
    2) 同一量のTocを与えた群のうち抗酸化性の強いd-γ Tocよりも, その作用の弱いd-α Tocを与えた群に一層の効果を認めた。このことから, 各組織の障害に対するToc類の防御作用として抗酸化性以外の生理作用が推察された。
    3) これらの効果は二次酸化生成物投与群において特に顕著であった。
  • 渡辺 昭次, 藤田 力, 須賀 恭一, 阿部 晴彦, 鶴田 治樹
    1978 年 27 巻 12 号 p. 863-865
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    Unsaturated nitriles were synthesized in good yields from 6-methyl-5-hepten-2-one and active methylene compounds containing nitrile group. From methylheptenone and malononitrile, 2-cyano-3, 7-dimethyl-2, 7-octadienenitrile was obtained in 91% yield. The unsaturated nitriles were alkylated at the 3-position by various Grignard reagents. Furthermore, reduction and hydrolysis of these unsaturated nitriles were examined.
  • 岡部 孜, 菰田 衛, 松原 繁左右
    1978 年 27 巻 12 号 p. 866-869
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    Soybean oil was oxidized using 7, 000 lux fluorescent light for different time periods. The volatile compounds were isolated by bubbling purified nitrogen through the oil heated at 150°C and collected on activated charcoal. These compounds were extracted from charcoal with carbon disulfide and then analyzed by temperature programmed gas chromatography. The used oils were evaluated by expert panels. Good correlations were found between total gas chromatographic peak areas and the adjusted grassy flavor scores of the soybean oil. The threshold level of the grassy flavor in the soybean oil corresponds to about 400 expressed as total peak intensity ratio of the volatile compounds. The technique provides good reproducibility and is used for evaluating the commercial soybean oil during storage.
  • 高木 徹
    1978 年 27 巻 12 号 p. 870-875
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 油脂及び油脂製品試験法部会・ガスクロデータ小委員会
    1978 年 27 巻 12 号 p. 886
    発行日: 1978/12/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top