油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
43 巻 , 9 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 日比野 英彦, 田中 幸久
    1994 年 43 巻 9 号 p. 687-697
    発行日: 1994/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    Docosahexaenoic acid (DHA) was isolated from cellular membranes at the sn-2 position of phospholipids (PLs). Using conformation modeling computer software, data were obtained indicating DHA in PLs to possibly be tightly and regularly packed in the acyl chain array in cellular membranes under certain conditions.
    PLs containing DHA had stereospecific conformations, which may possibly be the reason for the important physiological functions of this lipid. PLs containing DHA express difference induction and inhibited 5-lipoxygenase and lecithin-cholesterol acyltransferase activity. They were found essential to integrated brain functions such as learning ability and the inducement of paradoxical sleep.
  • 篠塚 則子, 二瓶 好正
    1994 年 43 巻 9 号 p. 698-703
    発行日: 1994/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    フミン酸と疎水性化合物-ピレン, イコサン-との相互作用を溶解度の増加および蛍光の測定により調べた。フミン酸は海底堆積物から抽出したものおよび市販のものを用いた。
    ピレンのフミン酸溶液への溶解度はいわゆるフラスコ法-分光光度法により測定したが, フミン酸濃度と共に増加した。塩の添加はピレンの溶解度を減少させ, 特にCsClで著しかった。フミン酸の溶解能をKsとして計算すると, 海洋フミン酸ではその界面活性に依存すると考えられる。ピレンとフミン酸との結合定数を蛍光消光法によりKbとして求めた。海洋フミン酸のKbは2.2~10.4×104L/kgであり, 市販フミン酸では8.1と8.4×104L/kgであった。これらの値はフミン酸の芳香族性と関連づけられる。ピレンの蛍光の強度比から, フミン酸を加えるとピレンに対し非極性の場所を提供することがわかった。フミン酸は非常に複雑な物質であるから, 異なる方法で得られた結果は異なる種類の相互作用を表している可能性もある。SJ-1フミン酸に対して 2種類の方法で得られた結果が異なるのは (Ksは最大であり, Kbは最小である), その特異な構造によるのであろう。
  • 田中 筆子, 原田 悠三, 池田 宜弘, 荒殿 誠, 本村 欣士
    1994 年 43 巻 9 号 p. 704-710
    発行日: 1994/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    硫酸ドデシル=ナトリウム (SDS) が共存する場合の吸着膜およびミセル中における酸性染料, オレンジIIおよびメタニルイエローの表面密度が理論の上から見積もられ, 酸性染料に対するSDSの均染作用との関連が検討された。染料はSDSの存在により吸着膜およびミセル中から追い出され, 界面での染料の濃度は非常に小さくなることがわかった。その程度はオレンジII混合系における方が, メタニルイエロー混合系におけるより強かった。このことは染料の界面活性の違いによって議論された。この実験結果は染色過程におけるアニオン界面活性剤の均染作用の一因を説明していると思われる。
  • 青山 稔, 兼松 弘, 塚本 正人, 東海林 茂, 新谷 〓
    1994 年 43 巻 9 号 p. 711-718
    発行日: 1994/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    未硬化魚油含有マーガリンを10℃で貯蔵した場合の数種の酸化防止剤の効果を比較検討した。酸化防止剤は混合トコフェロール濃縮物 (Toc), t-ブチルヒドロキノン (TBHQ), 3, 3', 4', 5, 7-ペンタヒドロキシフラボン (クエルセチン, Que) 及びカテキン (Cat) を単独で, さらにパルミチン酸L-アスコルビル (AP), L-ヒスチジン (His) またはAP+没食子酸プロピル (PG) をTocと組み合わせて試験した。マーガリンへの添加量はTocが0.2%, その他は0.01%である。酸化防止剤を含まない対照マーガリンのチオバルビツール酸値は貯蔵中に上昇が認められたがいずれの酸化防止剤を加えても抑制された。特にTocとAP+PGの組み合わせは最も効果的で, 次いでTBHQ>>Toc+AP>Toc>Toc+His>Que>Catの順であった。TBHQおよびTocとAP+PGの組み合わせはマーガリン中のイコサペンタエン酸 (C20 : 5), ドコサヘキサエン酸 (C22 : 6), ビタミンA 及びβ-カロテンを強く安定化し, 品質の維持に最も効果的であった。
  • 越智 知子, 大塚 洋子, 青山 稔, 丸山 武紀, 新谷 〓
    1994 年 43 巻 9 号 p. 719-723
    発行日: 1994/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    Examination was made of the synergistic antioxidant effects of various components in coffee beans with tocopherols (Toc) on cookies by storage tests at 40°C for 12 months. The components were 2-carboxy-3, 4, 5-trihydroxycyclohexyl 3, 4-dihydroxycinnamate (chlorogenic acid, Chl), 3', 4'-dihydroxycinnamic acid (caffeic acid, Caf), a powder of roasted coffee beans (CP) and its extract (EE) obtained by ethanol treatment. A mixed tocopherol-concentrate (m-Toc) served as the antioxidant. The components were added to the cookies at 100 ppm for m-Toc, 100 and 200 ppm for Chl and Caf, 2 % for EE and 10 % for CP. Each cookie sample was periodically analyzed for peroxide value (POV) in the lipid fraction and residual Toc during storage.
    (1) In cookies without m-Toc, Chl and Caf slightly suppressed increase in POV, while EE and CP did so markedly. The synergistic effect of Caf in cookies with m-Toc was clearly evident but could be hardly detected in EE or CP, the antioxidant effect of EE or CP being much greater than that of m-Toc in cookies containing no antioxidative substances.
    (2) Caf, EE and CP, prevented the decomposition of Toc in cookies during storage, but Chl had such effect only weakly.
    (3) The sensory evaluation indicated Caf, EE and CP to delay the onset of rancid odor in cookies during storage.
  • 野村 正人, 久冨 智, 濱田 敏正, 藤原 義人
    1994 年 43 巻 9 号 p. 724-728
    発行日: 1994/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    Examination was made of the acylation reactions of Δ2-carene (1) and Δ3-carene (2) with acid anhydrides (acetic anhydride and propionic anhydride) in the presence of synthetic zeolites.
    The following results were obtained : In acetic anhydride and propionic anhydride with Y Type zeolites, the acylation of (1) gave 2-acetyl-3-carene (3) and 2-propionyl-3-carene (4) respectivery. In Y type Zeolites, 4-acetyl-2-carene (5) and 4-propionyl-2-carene (6) were obtained from (2) as the main products, respectively.
  • 〓原 敏之, 難波 幸弘
    1994 年 43 巻 9 号 p. 729-732
    発行日: 1994/09/20
    公開日: 2009/10/16
    ジャーナル フリー
    A new method was developed for preparing liposomes using an instananeous vacuum-dried lipid mixture. White lipid powder for preparing liposomes was easily obtained by spraying an organic solution of lipids into a vacuum at a temperature exceeding the boiling point of the organic solvent. The lipid mixture thus obtained could be quite easily hydrated and converted to liposomes possessing excellent trapping efficiency and trapped volume. The liposomes thus obtained was superior to that prepared by the freeze-dry or spray-dry method. The present method showed thus be readily applicable to industrial-scale production of liposomes.
feedback
Top