栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
11 巻 , 3 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
  • 玉置 文, 諏訪 節子, 小林 澄子
    1958 年 11 巻 3 号 p. 103-105
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The consumption of soysauce and its loss per person per day were investigated. The amount of loss of soysauce was calculated from the amount of salt examined in the foods or/and liquid remainded in used dishes and pans.The samples were collected from thirty meals in ten days of a certain dormitory.
    It was observed that the average consumption of soysauce was 34.3 ml and the average ratio of its loss to the amount of the consumption was 9.6% with ranges from 3.9 to 17.9%.
  • 西原 さつき
    1958 年 11 巻 3 号 p. 106-110
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1.生麹汁中の糠味増漬乳酸菌の増殖開始を抑制する作用の物質は, pH2.5で醋酸ブチルで抽出され重曹に転溶可能である。
    2.この抽出液は, pH3.0で100°, pH6.8で100°, pH7.0で60°各1時間州加熱処理によつて抑制作用を失つた。
    3.麹菌を改変Mayer培地に接種し, 表面培養を行つた場合も, この抑制因子の生成を認めたが, 振盪培養では認められなかつた。
  • 福士 俊一, 田中 浩, 西村 謙之助, 山根 昭二, 大喜多 秀夫, 久玉 晟, 渡辺 威之
    1958 年 11 巻 3 号 p. 111-114
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    An investigation was made on the diets among the 30 Katori settled families extracted arbitrarily from the 56 ones. Since each one of the settlers (who were the object of this survey) showed much more nutrients intake than the average one for farmer in the other parts of this country, the economic conditions of these families seem to be good as for settlers of the newly cultivated land. But as some of them (23.3%) took no animal proteins, it was assumed that there was an extreme difference between them. This could be also recognize from their consumption of seasonings, fishes, and its products. The mode of their living differs very much between them by the various, complicated conditions of location, soil, weather and farming plan; consequently, for the promotion of their diets, more systematic investigations must be undertaken in this settled village.
  • 村田 希久, 宮川 久邇子, 松川 悦子, 池畑 秀夫, 白砂 峯子, 岡 照幸
    1958 年 11 巻 3 号 p. 115-122
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1954年と1955年組国民栄養調査結果にあらわれた平均1人1日の摂取食品を基礎として乾燥飼料を作り, そのN含量2.1%の飼料を基本飼料として幼白鼠を飼育する時は類似組成から成る同一N含量のカゼイン飼料と大差がみられなかつた。然し混合乾燥飼料をコーンスターチでN0.8%に希めたものを基本飼料として飼育試験を行う時は幼白鼠の体重増加, 蛋白質効率, X. O. A. 共に類似組成のカゼイン飼料に較べ遙かに劣るにも拘らず, この基本飼料に0.2%l-L, 0.2%dl-Thを添加する時は体重増加, 蛋白質効率, X. O. A. 共にカゼイン飼料群と同程度まで増強することを観察した。しかるに0.2%l-L単独添加群は初期3~4週間の体重増加においてかなりの効をしめすも全期間を通じてその効が著しくなく, また0.04%dl-M, 0.04%dl-Try添加群においてもその効がみられず, 0.2%dlM, 0.2%dl-Try添加群においてはかえつて著しい悪影響があらわれた, これは低蛋白質に対する特定のアミノ酸多量添加によるアンバランスのあらわれとみるべきであろう。
    また混合食乾燥飼料の肉と魚の乾燥重量を米でおきかえたところのN含量1.3%組飼料においてもNレベルの関係もあつてか類似組成のカゼイン飼料より幾分劣る程度でかなりよい成長をしめした。然しこの飼料への0.2%l-L添加は幾分蛋白質効率の増進に役立つことが観察された。
    今回の白鼠による飼育試験において理論上補足効果組期待されていたMとTryの補足効果がみられず, 遂に計算上では充分とみられるが米組蛋白質効率を高めるLとTh組同時補足効果の著しかつた理由について考察した。
    終りに臨み本実験に用いた飼育動物並びに各種資料御提供に当り多大なる御援助を給った武田研究所渡辺厚博士, 並びにスレオニンの1部を御提供下された阪大赤掘教授をはじめ, リジンの1部を御寄附下されたエーザイ株式会社, コーンスターチを御供与下された日本食品化工株式会社戸田陽三氏の各位に甚深なる感謝の意を表す。
  • 福士 敏雄, 内藤 幸次
    1958 年 11 巻 3 号 p. 123-125
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    When vitamin A, absorbed previously on defatted soybean flours, was mixed with another materials at the beginning of manufacturing process, the loss of vitamin A in this “Miso” was 10% approximately after fermentation, and the decrease of vitamin A content during the storage for 2 months at 27°C. was very slight.
    Though the dispersion of vitamin A in “Miso” was not uniform at the early period of fermentation, the uniformity became high in the products owing to the tank-change process repeated several times during the fermentation and crushing.
    On the other hand, the direct addition of vitamin oil onto nonfortified “Miso” was carried out easily by the use of a suitable mixer, and the high uniformity of vitamin A dispersion was obtained in spite of the simple addition. The loss of vitamin A in this “Miso” was 2-3%, after 2 months storage.
  • 檀原 宏
    1958 年 11 巻 3 号 p. 126-129
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1) Ca強化食品を作るのに用いる添加Ca剤につぎ, 生体内の利用度を検討した。
    2) Ca45で標識したCa塩 (Ca45CO3, Ca45HPO4, Ca45-Phytate, Ca45-Lactate及びCa45-Oxalate) を普通の維持用飼料に添加し, それらの飼料でラットを飼育した。
    3) 標識飼料を3日間与えて後殺し, 片側の大腿骨をとり出して計測。摂取飼料のCa45との%を求め, 各塩のCaの利用度を推定した。
    4) Ca-Lactate及びCaCO3は最も利用度が高く, CaHPO4及びCa-Phytateは劣る。Ca-Oxalateは最も低く, 事実上ほとんど利用されないように思われる。
  • 中村 定市
    1958 年 11 巻 3 号 p. 130-133
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    種々の入工色素液を調製し, このものにASAを添加した場合色素の槌色が起る。この槌色は時間の経過と共に増加し, ASAの濃度の増加に伴なって槌色度も大となるが比例的には増加しない。また逆にASAを一定とし色素液を稀薄にした場合には色素液が稀薄になるにつれて槌色度も大となつて来る。光線照射によつて色素の裾色は一層起り易い。ASAの酸化抑制剤であるEDTAを添加した場合には槌色は起らない。またASAの代りにDHAを作用させた場台も槌色しない。これ等の事実よりASAがDHAに酸化される際に大部分の槌色が起るものと考える。
  • 西原 さつき
    1958 年 11 巻 3 号 p. 134-139
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    生麹汁における糠味噌漬乳酸菌の生育初期等永い生育Lagについて次の事項を認めた。
    1. Phyti登は生麹汁に添加する場合, 10γ/ccで明らかにLagperiodを消す効果がありそれ以上等添加では全体的な生育の増加を促がす。これに反してInositolは生育Lagをなくすることが出来ず, 又生育促進についても全く効果を認めない。無機燐酸は1236γ/ccでは生育Lagを消す効果はあるが全体として生育を促進する効果はない。以上でPhytinが特異的に生育促進効果を示すという事実が明らかにされたがこれは注目を要することである。
    2. 酵母RNAは以上の生育Lagをなくするがモノヌクレオチドに分解したものでは効果がない。
    本実験に当り終始御懇篤な御指導を賜りました九大, 農化, 山崎教授に厚く御礼申上げます。
    本実験に使用した粗Phytinの一部は, 北大, 小幡教授より御分譲いただいたもので, また, RNA及び “ヌクレトン” はキリンビール研究室黒岩氏より御分譲いただいたもので併せて厚く御礼申上げます。
  • 原田 静子, 小川 政禧
    1958 年 11 巻 3 号 p. 140-144
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The l-ascorbic acid content of green bean seedlings increased with the germination, when the plant was grown on the media with SH inhibitors, such as p-chloromercuribenzoate (PCMB), NaASO2, and CH2ICOOH, but this was reverse with SH compounds such as reduced glutathione (GSH), and cysteine. On the contrary the formation of l-ascorbic acid from D-glucurono-lactone, which is said to be the precursor of that vitamin during the germination was inhibited by the presence of SH inhibitors such as PCMB; but SH compounds such as GSH or cysteine increased this biosynthesis.
  • 白神 敬子, 板倉 幸枝, 小川 政禧
    1958 年 11 巻 3 号 p. 145-148
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1) In the lumen of rat small intestine, D-glucurono lactone was converted to l-ascorbic acid, and this was promoted by the presence of SH compounds, such as glutathionine (GSH) or cysteine, but inhibited by P-chloromercuri benzoate (PCMB), NaAsO2, or CH, ICOOH.
    2) In the case of ascorbic acid formation from d-glucose, Robinson-ester, or Harden Young-ester neither of SH compounds nor their inhibitors were observed to have this effect.
    3) Yet the biosynthesis of l-ascorbic acid from Cori-ester was conspicuously accelerated by oxidized glutathione (GSSG) or PCMB, and inhibited by GSH and cysteine.
    4) These results suggest us that the phosphorylation of D-glucose to Cori-ester is the first and direct pathway of the biosynthesis of l-ascorbic acid from D-glucose in intestine.
  • 後藤 たへ
    1958 年 11 巻 3 号 p. 149-150
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The mineral contents of the mother's milk, which was taken by the rachitic infants, differed greatly among the individuals, so that the definite tendency could not obtain. However, generally speaking, the amounts of the total calcium, dialytic calcium, phosphorus, sodium, and potassium were comparatively greater in the rachitic mother's milk, and those of the copper, and iron were a little smaller than those of the normal mother's milk.
  • 後藤 たへ
    1958 年 11 巻 3 号 p. 151-152
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    Owing to the individual differences, the amounts of the minerals were scattered greatly in the feces of the rachitic infants who had taken the non-artificial feeding. However, the contents of the calcium, phosphorus, iron, and copper were generally greater and that of the potassium showed a reverse tendency, comparing with these contents in the feces of the normal infants.
  • 一瀬 義文
    1958 年 11 巻 3 号 p. 153-155
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    (1) β-アミラーゼに予めビタミンB1 (以下B1と略す) を加えた場合の時間及び温度の差は酵素の活性度に影響を及ぼさなかつた。
    (2)β-アミラーゼに予めB1を加えたもの基質に予めB1を加えたもの及び酵素基質B1等を同時に混合したもの等三者の間には酵素活性度に関しては有意の差を認めなかつた。
    3) B1の濃度が10-3Mの場合には20%の酵素活性度阻害を起したが1/8×10-3M以下のB1濃度の場合には阻害作用を認めなかつた。
    (4) ピリミヂン部チアゾール部各々単独及び両部を単に混合したものは酵素作用を阻害しなかつたがチオクロームは相当濃度のB1 (10-3M) の場合の約半分の阻害 (11.69%) を認めた。即ちピリミヂン部とチアゾール部との結合がβーアミラーゼの作用阻害に有意義なことが覗われた。
    本実験の遂行に当つて終始協力された馬場輝子助手に深く感謝の意を表する。
  • 一瀬 義文, 馬場 輝子
    1958 年 11 巻 3 号 p. 156-158
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    (1) 甘藷βーアミラーゼ (以下アミラーゼと略) に予めビタミンB2 B6, B12 (フレスミンを用いた), ニコチン酸 (以下B2, B6, B12, NA等と略) 及びビタミンB1 (以下B1と略) とこれ等B類ビタミンの各々との混合液を加えた場合の時間, 及び温度の差はアミラーゼの活性度には殆んど影響を及ぼさなかつた。
    (2) アミラーゼに予め (1) と同様のビタミン類を加えたもの, 基質に予め其等を加えたもの及び酵素基質上記ビタミン類の三者を同時に混合したもの等の間には酵素活性度に及ぼす影響に関しては5%の危険率で有意の差を認めなかつた。
    (3) B2, B6, B12, NA等を夫々単独にアミラーゼに加えた場合は, その活性度に殆んど影響を及ぼさなかった。
    (4) B1とB2, B1とB6, B1とNA等の各混合液をアミラーゼに加えた場合はB1だけを加えた場合よりも阻害率が増加した。
    (5) B1とB12との混合液をアミラーゼに加えた場合はB1による阻害を僅かに軽減した。
  • 豊沢 功
    1958 年 11 巻 3 号 p. 159-161
    発行日: 1958/10/30
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    硝酸加水分解法によるコリンのライネッケ定量法 (Ackerman法) は操作が簡易で殆んどあらゆる試料に適用出来る利点をもつが, 標準偏差が大きく, 結果がやや不正確である。著者はこの方法を検討し, n-propano洗灘時にNa2CO3, NaNO3が析出し, 結果を不正確にすること, 水解温度は800℃前後が適当であること等を知り, 更に他の条件についても検討を加えて, 食品及び飼料分析に一応適用の出来る方法を設定した。終りに終始御指導をいただいた学部長西本卯三博士及び中村定市講師, 資料を御送り下さつたU. S. Dep. of Biochem. and Nutrition, Dr. C. J. Ackcrman並びにBeckman Spectrophotometerの使用にあたり御援助をいただいた農学部栄養化学研究室の方々に深謝致します。
feedback
Top