栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
11 巻 , 5 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
  • 後藤 たへ
    1959 年 11 巻 5 号 p. 221-223
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    Even though the greater amounts of calcium and phosphorous taken by the rachitic infants and animals from their mother's milk and the diets than the nomals, their absorption or retention in the body was smaller and also their metabolisms in the body became more diffcult.
    However, potassium and sodium, showed sometimes the reverse tendencies comparing with those of calcium and phosphorous.The amounts of total and di alyzable calcium and also phosphorous were greater in the mother, s milk taken by the good nutritive infants but the excretions of calcium, phosphorous, iron, and copper were generally smaller than those of malnutritive infants.
  • 古沢 康雄, 原田 知枝
    1959 年 11 巻 5 号 p. 224-229
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    白米粉および小麦粉に対してそば粉を種々の割合に混合して, ラッテによる成長試験を試みその栄養価を比較検討した結果, 白米粉あるいは小麦粉単独の場合には何れも良好な結果が得られなかつたが, それらに対してそば粉を1/3以上混合した際には常に栄養価の向上がみとめられた。
    その原因は主として, 各々単独の場合に不足しているトリプトファンあるいはリジンなどの必須アミノ酸がそば粉の添加によつて補足せられ, その蛋白価が向上したためであると考えられる。
    終りにのぞみ, 御指導, 御校閲を賜つた東大農学部佐々木林治郎教授に深謝するとともに, 本研究費の一部を恵与された日本麺類業組合連合会 (理事長, 野川浩伸氏) に厚く謝意を表する。
  • 遠藤 一
    1959 年 11 巻 5 号 p. 230-234
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    寒天, アン, 糖を含む食品 (おもに和菓子) の中の寒天をコロイド滴定法によつて定量分析する方法を検討した。
    一般の和菓子に含まれると予想されるていどの塩類や糖類は, 10倍希釈によつて測定するばあい, その影響は全く現れないか, あるいは無視できる。しかしアンは妨害になり, その影響を除去するためにジアスターゼ処理をすると補正の困難は誤差を生じるようである。また寒天は種類によつてコロイド滴定値が非常に違うので, 今の段階では任意の, 種類不明の寒天について正確な数値を得ることは困難である。
  • 松下 アヤコ
    1959 年 11 巻 5 号 p. 235-238
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1豆類の遊離アミノ酸分布状況試験豆類中に大体共通して存在したアミノ酸は, アスパラギン酸, グルタミン酸, アスパラギン, グルタミン, アラニン, バリン, ロイシン, スレオニン, チロシン, グリシン等の10種類であつたが, プロリン, β-アラニン, γ-アミノ酪酸等も可成り広く分布するアミノ酸であつた。その他共通でないアミノ酸としてセリン, シスチン, フェニールアラニン, リジン, ヒスチジン, タウリン, オルニチン等が見出された。
    2豆類の発芽に伴う遊離アミノ酸分布の変化状態試験豆類が発芽して幼植物になると, 遊離アミノ酸の分布状況に変化を生じた。種子とその発芽幼値物中に大体変化なく共通して存在するアミノ酸はアスパラギン酸, グルタミン酸, グルタミン, アラニン, バリン, ロイシン, スレオニン, チロシン等の8種類であつたが, アスパラギンも十六寸豆の場合を除けば大体共通するアミノ酸であつた, 又種子中に存在するが発芽して幼植物になれば大体消失するらしいアミノ酸はシスチン, リジン, オルニチン等で逆に発芽後の幼植物中に新たに見出されたアミノ酸は大体ヒスチジン, タウリン等のようであつた。
    3豆類の発芽に伴う遊離アミノ酸含有量の変化状況試験豆類が発芽して幼植物になると, 遊離アミノ酸の含有量に変化を生じた, 試験豆類に大体共通して発芽後の幼植物中に含有量の著しく増大するアミノ酸はアスパラギンであり, セリン, アスパラギン酸, バリン, スレオニン等も多少増量するようである。又各試料についてその乾燥重量中のアミノ酸の絶対量は各種のアミノ酸についてその発芽後の幼植物中に著しく増量してくる。又逆に発芽後の幼植物中に大体含有量の減少がみられるアミノ酸はグルタミン及びグルタミン酸等であつた。
    4アミノ態Nの含有量の変化状況豆類が発芽して幼植物になると, アミノ態Nの含有量が増量する。種子及びその発芽幼植物の各々についてその乾燥重量中のアミノ態Nの絶対量は発芽後の幼植物中に著しく増量してくる。試験豆類の中では小豆, ささげ, うずら豆の場合に増加率が高かつた。
  • 小川 政禧, 小野 真知子
    1959 年 11 巻 5 号 p. 239-242
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    In accordance with the real survey, held at Aichi Pref, Nagoya City, and others onMay, 1957, on the individual business conditions, many kinds of food for testing rats wereprepared, and for about a month, these foods were administered to rats. The results of thisexperiment were as follows:
    1. The remarkable deficiencies of calories, proteins, Ca, and various vitamins (especiallyvitamin A and riboflavin) on the foods used in this study were observed.
    2. The growth of these experimental animals were only 65-70%of standard group.
  • 苫米地 孝之助, 添野 洋子
    1959 年 11 巻 5 号 p. 243-248
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    Two kinds of choline deficient diet, one is low in protein and the other is high inprotein and fat and low in methionine, were fed to rats and the results were as follows.
    1) Diet low in protein produced fatty liver when casein, used as a source of protein, waspurified with water and alcohol completely, but did not occur the kidney damage.
    In one case, acute liver necrosis was found after high peroxide value of liver lipid hadrapidly dropped.
    2) Diet high in protein and fat and low in methionine, produced characteristic hemorrhagickidney in choline deficiency even though fatty liver was not so remarkable.
    This difference might be due to the quality and quantity of protein or fat used inthese experiments.
    3) Cystine and tocopherol enhanced choline deficiency while choline, vitamin B12, and methionine had the protective effect.
  • 苫米地 孝之助, 添野 洋子
    1959 年 11 巻 5 号 p. 249-252
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The occurrence of choline deficient symtomes, chiefly judged by fatty liver and hemorrhagickidney, was observed when various fatty acids were added to low casein diet fedto rats.
    As the results of these experiments, it was found that stearic acid was more toxicthan oleic acid and short-chain saturated fatty acids lauric, caprylic, and capric acids) werel ess toxic than long-chain fatty acids (stearic, palmitic, and myristic acids).
  • 脇 健, 佐藤 義雄
    1959 年 11 巻 5 号 p. 253-256
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The sudachi is the special fruit of Tokushima prefecture, and it is most used in theAutumn.
    The main object of using it is to taste its essence, or its special perfume.
    The fruit increases its weight by 12 times and pulp weight changes from 35% to 75%of its total weight during the growing seasons (from July to November).
    The largest factor of the increased weight is moisture, and another components (protein, fiber, pectin and ash) begin to decrease their proportion from the end of August.
  • 脇 健
    1959 年 11 巻 5 号 p. 257-260
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    In this paper we are reporting on the results of the estimation of Sudachi juice.
    1. Specific gravity of the juice is nearly 1.03.
    2. pH of the Sudachi juice is2.2-2.5and juice obtained from the sarcocarp contains 3-5%of acids. As it gets ripe, the acid tends to decrease.
    3. Glucose, fructo3e and sucrose are detected as the sugar component by the paper partition chromatography.
    4. The sugar content is0.6-2.0%and increases greatly when it is overripe. This is caused by the increase of cane sugar, as the quantity of reducing sugar is constant.
  • 飯田 稔, 望月 弘子, 荒木 瑞枝, 保木本 尚子, 佐藤 悦子, 勇 光江
    1959 年 11 巻 5 号 p. 261-263
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    Urinary excretion of acids and bases by healthy women on a normal diet was investigated.
    It was obserbed that the excreted substances in urine were influenced by foods and conditions in the body.
    Generally, excretions of total bases and Cl were proportional to the volume of urine and parallel with each other.
    Urinal pH was scattered from 5.0 to 8.0, and decreased gradually toward afternoon and it was found that there was some tendency between the increases of NH3, H3PO4concentration and titratable acidity and the decrease of pH.
  • 飯田 稔, 望月 弘子, 荒木 瑞枝, 保木本 尚子, 佐藤 悦子
    1959 年 11 巻 5 号 p. 264-267
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    In a previous study of the excretion of components in the urine of normal subjects, marked variations were observed in responce to daily foods and conditions in the body.
    The effect of dosed various acidee and bases on the excretion of urinary substances was investigated in this report.
    The administration of HCl, NH4Cl and NaCl increased total base and Cl after 3 hours in the urinary excretion, respectively, but that of NaHCO3 increased total base only.
    HCl, organic acids and sugared water decreased pH and produced increases in the excretion of NH3, H3PO4 and titratable acidity.
  • 森 日出男
    1959 年 11 巻 5 号 p. 268-270
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    1) 小麦粉貯蔵において高段拱にした場合下積みのものの変質等から考慮して2, 3の実験を行つたのであるが, その1及びその2から判るように夏期においては供試品の程度の水分では品温は圧力が加えられた方がそうでないものより低温である。測定時期から考えて小麦粉に包含される空気が室温に影響され包含する空気の少ない下積みの方が低温であると考えられる。
    2) その1の結果から, この程度の温度差と圧力差においては化学成分の上には顕著な差はないと考えられる。(A) と (B) 間においては水分の多い方の小麦粉の変化が著大であるがこれは当然のことであろう。
    3) 従つて貯蔵する時において高段拱にすること, そのものは保管上に危惧は少なく下積みのものの吸湿を防止することが問題となる。
    4) その3においてスフ, 紙袋及び参考としてボリエチレン袋を使つて水分浸透の量を測定したが, 透過量の大きいものの順はスフ>紙>ボリエチレンの順となり, この実験における透過量の比較値は119: 100: 34の割合であつた。
  • 檀原 宏
    1959 年 11 巻 5 号 p. 271-272
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    Several food materials, land and marine products, were analyzed on its contents of calcium and radio-strontium.
    Land produce foods, such as rice and wheat, harvested in 1957, contained 11-16mg of calcium per 100g, but strontium unit (SrU: Sr90μμc/Cag) were increased about 10 times of that of 1956 year's ones and amounted to about 100×SrU.
    On the other hand, marine products, such as cooking salt contained Sr90 only 14 SrU.
    It was considered that SrU content of marine products was less than that of land produced materials, because in the sea, Sr90 would be diluted by sea water.
  • 吉村 寿人, 岩波 真佐夫
    1959 年 11 巻 5 号 p. 273-277
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The authors devised a new method of measuring the acid or alkaline effect of food by titration of ash sample with glass electrode.
    The acid effect is represented with a negative number of ml of normal alkali required for neutralization of the ash solution obtained from 100g food sample, while the alkaline effect with a positive number of ml of normal acid.
    Various food materials were measured and the values determined were found to coincide with the previous author's within the experimental error.
    The acid or alkaline effects of Japanese diets of various composition were also determined to coincide well with the calculated values from food compositions.
    The mean value for all Japanese people which was calculated from the mean food consumption surveyed by the Ministry of Health and Welfare was -1.5, indicating an almost neutral effect.
  • 岡 和子
    1959 年 11 巻 5 号 p. 278-280
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    (1) いかの白作り黒作りにおける熟成過程中の遊離アミノ酸をペーパークロマトグラフィーで検し相互を比較検討した。
    (2) 白作りにおいてはprolin, methionine, serineglutamic acidが消失文は減少しているのに反し黒作りでは余り変化が見られなかつた。
    (3) prolineの消長から特に黒作りにおいては細菌の影響が受難い状態にあると考えられる。
    (4) アミノ態窒素の時間的変化からしても黒作りにおいては細菌の作用が少ない様に思われる。
    (5) 味と遊離アミノ酸との関連では甘旨味を有するアミノ酸の消失が白作りの旨味を悪くしていると考えられる。
  • 春田 三佐夫
    1959 年 11 巻 5 号 p. 281-295
    発行日: 1959年
    公開日: 2010/11/29
    ジャーナル フリー
    The studies on the heat-resistibility of coliform organisms in milk were done, and the following results Nvere obtained.
    1) Coliform organisms isolated from raw-and pasteurized-milk were heated in saline solution and 6 strains, out of 76 Escherichia Coli strains, survived after that at 63°C for 30 minutes.
    2) Coliform organisms suspended in milk had, in general, more heat resistibility than in other medium.
    3) The destruction of coliform organisms occures logarithmically according to the monomolecular reaction equation, and coliform organisms may survive after the pasteurization at 63°C for 30 min. when present in excessive numbers.
    4) There is no difference in heat-resistibility between the strains cultured in milk and the one cultured in broth when the concentration of bacteria in heating medium is the same numbers.
    5) The heat shocked coliform organisms may lie dormant for some periods without multiplying in desoxycholate agar and other medium.
feedback
Top