繊維学会誌
Online ISSN : 1884-2259
Print ISSN : 0037-9875
45 巻 , 7 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
  • 磯貝 明, 武藤 直一, 尾鍋 史彦, 臼田 誠人
    1989 年 45 巻 7 号 p. 299-306
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
    無水亜硫酸-アミン-ジメチルスルホキシド系セルロース溶液の安定性および粘度測定から木材セルロースの重合度測定への適用性を検討した。
    コットン,漂白木材パルプ,低重合度再生セルロースなど8種のセルロース試料を用いたところ,他のセルロース溶剤に比較して迅速に溶解し,かつ透明な溶液が得られるが,長期間安定ではない。Hugginsプロットからそれぞれのセルロース試料の固有粘度を求め,一点法による固有粘度計算式を提案した。また,用いたセルロース試料の銅エチレンジアミン溶液から得られた重合度に対応するように,無水亜硫酸-ジエチルアミン-ジメチルスルホキシド溶液での粘度式の係数を決定した。1.04-1.23という高いa値から,セルロースはこの溶剤中でかなり剛直な状態で溶解しているものと考えられる。
    本セルロース溶液は長期間安定ではないが,通常の測定条件であればセルロースを分解しないので,酸化処理,熱処理,化学処理などを受けた木材パルプ中のセルロースの重合度測定に適用できるものと考えられる。
  • 田中 信行, 阿部 幸雄, 田村 一光
    1989 年 45 巻 7 号 p. 307-309
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
    For methoxymethylation of nylon-12 films unannealed and annealed at 100°C, the relation between their melting temperature and the substitution ratio of methoxymethyl residue was investigated by DSC. Melting peak temperatures in the 1st-run were a little higher than or nearly equal to that of nylon-12, independent of the substitution ratio. This result means that the methoxymethylation was not effective in suppressing the thickening of crystal or recrystallization by heating. Melting peak temperature in the 2nd-run decreased with increasing substitution ratio. The application of the modified Flory's equation (1) (a=2) to the melting peak temperatures in 2nd-run led the heat of fusion of 17.5_??_19.5 cal/g for the monoclinic (or pseudohexagonal) crystal.
  • 佐々木 雅彦, 松本 信昭, 須澤 利郎
    1989 年 45 巻 7 号 p. 310-317
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
    Deposition of polymer latex onto nylon 6 fibers, ungrafted or grafted with acrylic and methacrylic acid, in shaking conditions was studied with regard to pH dependence of the amount of deposition of polystyrene [PS], styrene/acrylic acid copolymer [P (St/AA)] and styrene/acrylamide copolymer [P (St/AAm)] latices, all prepared without emulsifier. With decreasing pH in acidic region, the amount of deposition of each latex onto both ungrafted or grafted fibers increased remarkably, while scarce deposition was observed in alkaline region. With increasing degree of grafting, the amount of deposition of each latex decreased because of steric hindrance due to water-soluble polymer layer formed by polymer chain grafted on the fiber surface. The amount of deposition of latex at pH 4 onto the fiber decreased in the order of P (St/AAm)>PS>P (St/AA). These results suggested the existence of bridging effect between the polymer chain on P (St/AAm) latex and the fiber, and of electrostatic repulsion force between P (St/AA) latex and the fiber. The deposition was more remarkable with shaking than without, regardless of the type of latex.
  • 金谷 義博, 梶 加名子
    1989 年 45 巻 7 号 p. 318-323
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
    For introducing high concentration of functional groups on the surface of polyester fibers, thin layer grafting of methacrylic acid (MA) was applied to polyester fiber by direct electron irradiation. Radial distribution of concentration of MA in the thin surface layer of the grafted fiber was examined by measuring the optical reflectivity of the surface dyed after concecutive alkali hydrolysis of the grafted fiber.
    By the alkali treatment of graft fiber it became clear that the concentration of MA was relatively low on the fiber surface, showed a maximum at the inner part within 1μm from the surface, and then decreased toward the inner regions of the fiber.
    From above results we expect that by shaving the surface by a proper quantity through alkali treatment and thus exposing the surface with the maximum concentration of functional group, we can give a high concentration of functional groups at the surface of polyester fibers. Actually MA graft polyester fibers showed excellent dyeability by grafting even below 1%, through alkali treatment.
  • 渋沢 崇男, 遠藤 智道
    1989 年 45 巻 7 号 p. 324-331
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
    非イオン染料のナイロン6フィルムからの水中への脱着速度と無限浴からポリエチレンテレフタラートフィルムの染色速度を測定した。得られた染色速度データに対してNewman式を用いた曲線のあてはめを行ない,フイルム中の染料の拡散係数(Df)並びに境界層パラメータ(L)を求めた。同じ染料-フィルム系についてフィルム巻層法でDfを求めた。両法で求めたDfの値は多くの場合は一致したが,ナイロン6フィルムに高い親和力を持つ染料が撹拌が不十分な染浴中で脱着される時は,脱着速度データから得られたDfの値はフィルム巻層法からのそれよりかなり小さな値となった。
    一般に,濃度分布曲線から得られるDfの値は染色速度データからのそれらよりも信頼性が高い。この点を考慮して,測定された染色速度(脱着速度)データに対して, Newman式にフィルム巻層法で得られたDfを入れて曲線あてめを行なって, Lの値を求め,これより各フィルム染色系の拡散の境界層の厚さ(δD)を見積もった。得られた値は試料の浴中の撹拌速度(上下方向30mmの往復運動)が0, 30, 80及び146strokes/minの時, δD=20-80, 5.9-18.5, 14-15及び0.2-0.7×10-3cm程度であった。これらの値を同じ染料でナイロン6,ポリエステル紡績糸を染色した時に見積もられているδDの値と比較した。繊維の集合体である糸や布の染色では撹拌が十分であっても,拡散の境界層中を染料が透過する速度が染色速度に影響を与えるが,フィルム染色系では基質の近傍の染液流速が14.6cm/sec程度まで増加すると,境界層中の拡散抵抗は染色速度に殆ど影響を与えないことが分かった。
    この報告で見積もられたδDの値は,酸性染料によるメトキシメチルナイロン66フィルムの染色速度の解析や流体力学に基づくLevichの式で計算した結果とほぼ一致した。
  • 須藤 幸恵, 飯島 俊郎
    1989 年 45 巻 7 号 p. 332-334
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
    Fading reaction of azo dyes in aqueos solution with sodium hypochlorite through oxidation was investigated. The use of the apparent initial reaction rate constant in the interpretation of the reaction was proposed. The addition of water soluble polymer having nitrogen atom was found to retard the fading reaction. The mechanism of the retardation was discussed.
  • 渡部 勇市
    1989 年 45 巻 7 号 p. P289-P294
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
  • 横山 宏太郎
    1989 年 45 巻 7 号 p. P295-P301
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
  • 馬杉 則彦
    1989 年 45 巻 7 号 p. P302-P304
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
  • 塚口 実紀, 福本 隼明, 服部 信美
    1989 年 45 巻 7 号 p. P305-P307
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
  • 村田 幹生, 渡辺 道彦
    1989 年 45 巻 7 号 p. P308-P314
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
  • 山田 稔
    1989 年 45 巻 7 号 p. P315-P322
    発行日: 1989/07/10
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
feedback
Top