日本家政学会誌
Online ISSN : 1882-0352
Print ISSN : 0913-5227
ISSN-L : 0913-5227
52 巻 , 2 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
  • 日本国憲法第3章人権条項の制定過程 (第3報)
    小野瀬 裕子, 草野 篤子
    2001 年 52 巻 2 号 p. 123-133
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    本研究ではアメリカ合衆国が主導権を握っていたGHQの憲法草案作成の背景を整理した.日本と同じ第二次世界大戦で敗戦国となったドイツとイタリアの新憲法では, ベアテ草案の「男女平等」と「教育の機会の平等」はどの様に条文化されているか比較して考察を加えることで, ベアテ草案の特徴を明確にした.その結果を以下にまとめる.
    (1) GHQ草案の作成に至る経緯
    GHQ最高司令官のマッカーサー元帥 (アメリカ合衆国) は, 憲法改正について当初は日本側が自主的に検討すべき問題であると捉えていたが, 日本政府の草案が保守的で, 大日本帝国憲法の表面的変更にとどまるものであることを知り, また, 極東委員会が対日管理を1946年2月26日からFECに移行することを決定したことから, GHQはこれに先立って憲法を改正するためにモデル憲法を準備し提供することが効果的だと考えた.
    (2) 第二次世界大戦敗戦国の新憲法との対比
    戦後のドイツとイタリアの新憲法には, ベアテが起草しGHQによって削除された「母性保護」「非嫡出子差別禁止」「労働における男女平等」と同様の条文を見いだすことができた.
    ベアテ草案にあり, 3力国の憲法にはない内容として「家庭における男女平等」のなかに「個人の尊厳」という言葉がはいっていたことをあげることができた.ベアテが戦前の日本の家制度を否定し, その意味を明確にするために入れた注目すべき言葉であったといえる.
    (3) アメリカ合衆国憲法における家族の扱いと男女平等の実現のための憲法修正に対する動向
    日本はGHQ占領下において, 最高司令官マッカーサーによりアメリカ合衆国を介して間接統治されていた.アメリカ合衆国憲法では, 「家族」に関しては, プライヴァシーの範疇であると考え, 憲法に条文として規定することはなかったこと, 詳細な社会権の規定は憲法の下位規範である法律に委ねられていたこと, アメリカ本土で当時, 女性組織が女性保護法と対立するものと考えて男女平等のための憲法修正に反対していた事実がある.一方, ベアテ草案第6条「性別における差別の禁止」, ベアテ草案第18条「家庭における男女平等」は日本国憲法に残った条文であるが, アメリカ合衆国憲法にはなく, 本土よりも1歩進んだ条文であったということができる.
    (4) ベアテ草案削除に関して
    ベアテ草案の「家族における男女平等」は残ったものの, その他の「家族」に関する条文や「労働における男女平等」などの条文の多くがGHQによって削除された理由として, 日本の歴史的背景が大きく関係していると考えられる.また, GHQの主導権を握っていたアメリカ合衆国憲法での状況として, 「男女平等」や「家族」に関するベアテ起草と同じ内容の社会権が, 憲法に条文として導入されることはなかった事実があることがわかった.
  • 久保 桂子
    2001 年 52 巻 2 号 p. 135-145
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    This study examines the personal networks of working mothers and the support they receive thereof in child care. This research uses data obtained from a survey made in the year 2000 on 278 working mothers in the Tokyo metropolitan area.
    The findings indicate that mothers rely on instrumental support more from their relatives living with or near them than from their friends. My investigation on emotional support, on the other hand, shows that they seem to rely on the relatives on their side rather than their husbands' side, and that, so far as emotional support goes, they do not seem to count on their husbands' relatives so much as on their friends whose children go to same nursery or elementary school. The degree of instrumental support they receive is related to the residential distance from relatives, while the degree of emotional support is related more to the strength of emotional ties than mere distance. The network size affects both the instrumental and the emotional support statistics. Larger support is likely to be offered to mothers in large networks than those in small networks.
    Furthermore, it should be noted that the size of network of friends is related to the mothers' attributes and characteristics such as the number of children, the age of the eldest child, the number of friends their children have, and how mothers view companionship.
  • 吉澤 千夏, 大瀧 ミドリ, 松村 京子
    2001 年 52 巻 2 号 p. 147-153
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    1歳児とその母親49組のままごと遊びの分析を通して, スクリプト獲得の初期段階であると考えられる1歳児の食に関するスクリプトの構造を概観するとともに, 子どものスクリプトの構造化に関わる母親の役割について検討した.ままごと遊びにおける母子の行動をコンピュータに取り込み, 5秒ごとのファイルを作成し, 各スロットの出現時間を記録した.スロットの種類が最も多いスクリプトを抽出し, スロットの出現率と自発・受動・模倣における母子間比較及び多くの子どもに出現した「食べる」「飲む」スロットと母親のスロットとの関係について分析し, 以下の結果を得た.
    (1) 子どものスロットは, 日常生活の主要行為である「食べる」「飲む」に集中し, 母親からはその行為を促すスロットや意味づけするスロットが多く出現した.
    (2) 1歳0カ月児のスクリプトの構造化に対して, 母親の寄与が大きいことが明らかになった.
    (3) 母親のスロットは, 子どもの行為を促し, 子どもの行為を強化する効果をもつことが示唆された.
    本報告の概要は, (社) 日本家政学会第52回大会において, 発表された.
  • カイコガ幼虫及び蛹の調理加工法の開発 (第1報)
    渡辺 喜弘, 岡崎 英規, 西宗 高弘
    2001 年 52 巻 2 号 p. 155-160
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    カイコガを食材として利用する際, その安全性を検討する必要がある.本報では, カイコガ体内に存在するチアミナーゼに着目し, 以下の結果を得た.
    (1) カイコガの幼虫及び蛹にビタミンB1分解酵素チアミナーゼを見出した.
    (2) 酵素反応温度がチアミナーゼ活性におよぼす影響を検討したところ, 60℃から70℃で活性が最も強かった.
    (3) 本酵素のpH依存性を検討した結果, pH9.0において最大の分解活性が認められた.
    (4) 本酵素はビタミンB1を分解するときに第2基質としてシステイン, タウリン, リジン, プロリン, グルタチオン, ピリドキシン等を要求することがわかった.
    (5) 本酵素をプロテアーゼ処理すると失活し, 蛋白質性である事が確認された.また, 透析後の酵素液中にも第2基質依存性の酵素活性は残り, 本酵素は非透析性の高分子量物質であることが確認された.
    (6) ビタミンB1のモノリン酸エステル, ジリン酸エステル, トリリン酸エステルには本酵素は反応せず, 遊離のビタミンB1のみを分解することがわかった.
  • 篠原 陽子, 藤原 康晴, 山下 伸典
    2001 年 52 巻 2 号 p. 161-166
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    NaClOと過酸化水素水との反応で発生する酸素量を自作のガスビュレットで測定し, 簡単に塩素系漂白剤の濃度決定を行う方法を開発した.得られた結果は次のように要約される.
    (1) ガスビュレットで求めた発生酸素量V (mmol) と, 常法の酸化還元滴定で求めた有効塩素濃度H (%) との間によい相関が認められ, 本方法が有効塩素濃度の決定に用い得ることがわかった.
    (2) 本法は, 漂白に関係する酸素を測定するので, 原理がわかりやすい.経時的な測定では, 反応速度定数が求められ, 基礎から応用まで幅広く活用可能である.過酸化水素水を用いる本法は, 安全で廃液の処理も簡単であり, 学生実験にも適用できる.
    (3) みかけの反応速度は10~40℃の範囲では, 温度に比例して大きくなることが認められた.
    (4) 開封して長期間使用している市販塩素系漂白剤の発生酸素量を測定した結果, 開封後1年で当初の約70%, 2年後で約50%の濃度に低下していることが示された.
    (5) 保管条件による濃度低下を検討した結果, 温度, 光の影響を強く受けることがわかった.
    なお, 本研究の概要は, 日本家政学会第49回大会 (1997) において発表した.
  • 大川 由子, 稲垣 勝彦, 河内 光義
    2001 年 52 巻 2 号 p. 167-173
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study is to analyze the shapes of 3-dimensional basic bodice patterns by using a 3-dimensional model.
    In this paper we proposed a modified 3-dimensional model that could be applied for basic bodice patterns with different widths in front and back body parts. It was examined whether the side and the arm hole of these bodice patterns are on the same plane. Furthermore, the relationship between body width and the amount of side darts was considered in detail.
    The results are summarized as follows.
    1) It was found that there are 11 types (A, D, E, G, H, I, J, K, L, O, S) out of 18 basic bodice patterns which can be explained by the modified 3-dimensional model. Four types (A, E, I, S) out of 11 have the same width in the front and back body parts. Three types (D, K, L) out of 11 have wider back body parts than front body pats and the remaining four types (G, H, J, O) have narrower back body parts than front body parts.
    2) Seven types (B, C, F, M, P, R, T) out of 18 basic bodice patterns were not concordant with their developed patterns of the modified 3-dimensional model. The shifting distance between the shoulder points of the front body part and the back body part is permissible to construct a 3-dimensional shell.
    3) It was concluded that the modified 3-dimensional model can be used effectively when determining the height of the bust, body width, the amount of side darts and the arm hole line.
  • 石原 三妃, 森高 初惠, 内藤 成弘, 福場 博保
    2001 年 52 巻 2 号 p. 175-180
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    The effects of soybean dietary fiber (SDF) on the texture of gellan gum gel in the presence and absence of added calcium chloride or sodium chloride were examined by a sensory evaluation. The concentrations of SDF were 3%, 9% and 12 %, the calcium chloride concentration was 2 mm, and the sodium chloride concentration was 50 mm. The “color” was deeper with higher concentration of SDF. “Hardness” and “brittleness” of gellan gum gels containing 3% SDF, were affected by added calcium chloride or sodium chloride. Added SDF was found to increase “adhesiveness” of gellan gum gel. “Color, ” “ease of pulling a teaspoon from the sample after cutting, ” “odor” and “adhesiveness” in the mouth all showed marked positive correlations (r>0.97, p< 0.01) with each other.
  • 後藤 景子, 田川 美恵子
    2001 年 52 巻 2 号 p. 181-187
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    リバーダイアウェイテストにより, 水環境中での各種アニオン界面活性剤 (LAS, AS, AES, AOSおよびSoap) の生分解シミュレーションを行った.淀川水系と大和川水系の河川水中でメチレンブルー法により求めた一次生分解速度は, 界面活性剤の種類により異なり, 25℃, 5mgl-1での一次生分解速度はLASが最も小さく, 50日を経ても40%程度しか分解しなかった.一方, ASおよびSoapは分解速度が速く, 数日程度で殆ど分解した.環境条件としての河川水の温度やCOD, 並びに界面活性剤濃度を変化させて実験を行ったところ, 温度やCODが高いほど生分解が促進される傾向を示した.また, 界面活性剤濃度5~100mgl-1の範囲では, 界面活性剤濃度が高いほど消失に時間を要するが, 生分解される界面活性剤の絶対量は多いことが明らかとなった.
  • アヤコ年令不問のPGファッション
    伊藤 綾子
    2001 年 52 巻 2 号 p. 189-191
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
  • 小田 智美
    2001 年 52 巻 2 号 p. 192-193
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
  • 大分大学教育福祉科学部
    久保 加津代
    2001 年 52 巻 2 号 p. 195-198
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
  • 田中 直義
    2001 年 52 巻 2 号 p. 199-201
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
  • 道本 徹
    2001 年 52 巻 2 号 p. 203-209
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    昨年都立病院で発生した女性患者が消毒液の注射により死亡した事件で, 死亡した患者の遺族が医療ミスとその隠蔽工作によって受けた精神的苦痛に対して提訴する考えであることが報じられており, これに対し病院側は医療事故対策を検討し再発防止のために「航空機の事故防止対策の手法を取り入れ, 事故報告をどんどん出すように奨励している」と述べている.また, 今年の5月の朝日新聞の記事では医療ミス防止に向けてNASA (航空宇宙局) 方式を導入する米国の復員軍人省の例が紹介されている.
    NASA方式というのは航空の自発的安全報告制度のことでFAA (米国連邦航空局) から委託を受けて第3者であるNASAが1976年から運用している制度であり, 人間はミスを犯す者であるとの認識から故意でない限り, 報告者を罰するより事故の再発防止の方を重要視する免責制度を基本とした安全報告制度である.この制度は航空機のパイロットや客室乗務員, 整備士, 航空管制官等が, 安全を脅かすようなミスを犯したり, いわゆるヒヤリ・ハット的な出来事を自発的に報告し, 事故となる前にプロアクティブに対策をとり事故を未然に防止するために活用されている.米国においてはこのような免責を基本とする安全報告制度は航空の世界だけでなく他の交通機関や医療の事故を未然に防ぐ対策を取るうえで有効とされている.
    最近の航空機事故の原因を分析するとヒューマンファクターに起因するものがほとんどであり, 事故後のパイロット, 整備士あるいは管制官の証言で「その問題は前から分かっていたんだよ」ということがしばしばある.GAINはこれら航空に携わる人々の自発的な安全情報を集め, 分析し, 事前に安全対策を取る世界的なネットワークを構築しようとするものである.本稿は航空の専門家でない利用される立場の皆様に航空界で現在進められている安全報告制度「GAIN」の活動についてご紹介すると共に, 「GAIN」のプロアクティブな事故防止の考え方はあらゆる方面での事故防止対策に応用され得るものであることをお伝えするものである.
  • 小笠原 小枝
    2001 年 52 巻 2 号 p. 211-218
    発行日: 2001/02/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
  • 2001 年 52 巻 2 号 p. 224
    発行日: 2001年
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top