日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
ISSN-L : 0468-2513
44 巻 , 6 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
  • 杉山 一教
    1996 年 44 巻 6 号 p. 769-776
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    本学会も44回をむかえ, 発足当初からみると社会情勢も大きく変わり, 農山村部への健康管理活動の取組みも様変わりしている。
    我々の学会活動も多方面にわたるが, そのなかの重要テーマの一つである健 (検) 診活動の実績から学会との関わりあいを検討した。
    当初には農山村の現場へ足を運び, 健康調査・生活指導を行い, 当時の貧困や交通の不備に起因する環境, 疾病構造の改善に努力した。その後, 急速な経済情勢の変化から交通網の整備, 物質的な豊かさから来る健康障害へと次第に変化し, 新たな成人病が課題となってきた。又, 医療環境の整備も加わり, 高齢化問題の深刻化, 核家族化による老人世帯の急増, 農業従事者の高齢化と福祉対策も我々の関与する重要な問題となっている。これらの時代の移り変わりに伴う健 (検) 診成績の変遷を報告し, それらを発表した学会での一般演題・シンポジウム等のテーマを紹介した。
  • 武藤 輝一
    1996 年 44 巻 6 号 p. 777-783
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    Truth telling to the cancer patients (TTCP) is a part of informed consent (IC). The name of IC was firstly used in a judgement of the Court of Appeal of California in 1957 and then in Helsinki Declare of the 18th Congress of World Medical Association. The core of IC is “self-determination” in every medical treatment including diagnosis and therapy. Self-determination should be respected to the utmost in TTCP.
    The rate of TTCP is more than 90% in USA and northern countries of Europe, but slightly higher than 20% in Japan. However, Dr. M. Sasago who is a surgeon of National Cancer Center Hospital in Tokyo has reported the high rater of TTCP (97.1%).
    In attitude of doctors, devices of manner in TTCP such as a stepwise truth telling are necessary in order to prevent or reduce shock of cancer patients following TTCP. In attitude of cancér patients, they are recommended to have usually their own views of life and thanatopsis or religions to be able to receive TTCP without perturbation.
    Patient's prepardness confronting to cancer and considerable support of doctor, nurse and family are necessary following TTCP.
    In conclusion, it is stressed that doctors have to endeavor to tell the truth to the cancer patients considering thinkings of patients and families as possible they can.
  • 比嘉 照夫
    1996 年 44 巻 6 号 p. 784-789
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    Chemical fertilizers, pesticides and large-size machinery characterize present-day intensive agricultural operations. Technological advances in the application of those chemicals and machinery have made a large contribution toward solving the food problem, to be sure, but with detriment to the earth's environment and endangering man's health. Such untoward consequences were also observable not in agriculture and the manufacturing industry alone but in medicine and many other branches of science as well. In 1972, I was diagnosed with pesticide poisoning. With this as a turning point, I washed my hands of modern agriculture, which had been in my line for many years, and decided to do research in microbiology in earnest with my sights set on establishing farming of the sort that is friendly to the natural environment and compatible with the laws of nature. So far, I have harvested well over 2, 000 varieties of microbes. At least two years would be required for the study of one variety thoroughly if conventional methods were employed. So, I gave up all the old ways and resorted to my own method of eliminating harmful bugs and unpleasant odors using pH values and activated water. As a result, a symbiotic group of colonies made up of more than 80 kinds of “effective microorganisms”(EMs) has been formed.
    Without reliance on chemical fertilizers and pesticides, it has become possible to produce more than twice as much crops of high quality only by dint of EMs. Not only that, those microscopic organisms have proved to be surprisingly helpful in the improvement as well as conservation of the environment. Agricultural, livestock and fishery products produced through the use of EMs are rated high as healthy foods today. Now that it has been made clear that the favorable effects of EMs are due to the antioxidizing substances synthesized by EMs, the scope of their application is being expanded from the above-mentioned sectors to medicine, manufacturing industry, environmental protection, energy resource development and so on. Thus, the EM technology is hailed as something that will bring about a new industrial revolution.
    The principle of the technology is very simple: Oxidation breaks down everything on earth, but is prevented by the work of antioxidizing substances formed in EMs. The application of this principle could not have been thought of no matter how much the knowledge of modern science as based on the law of entropy was extended. A good idea occurs when you get your thinking on a different track, see the natural phenomena as they are and study them multidimensionally.
  • 辻 省次
    1996 年 44 巻 6 号 p. 790-794
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    先ごろ米国のレーガン元大統領がアルツハイマー病であることを発表してわが国でも一般の人たちのアルツハイマー病に対する関心が高まっている。わが国においても, 人口の急速な老齢化に伴い, 痴呆老人が増加の一途をたどっており, 社会的にも大きな問題となりつつある。現在わが国における痴呆老人はおよそ100万人に上ると推定されており, 脳血管性痴呆の方が少し多く, その比率はおよそ3: 4程度と推定されている。発症年齢について初老期 (40-65歳) の発症の場合を早発型アルツハイマー病 (あるいは狭義のアルツハイマー病), 老年期 (65歳以降) 発症の場合を遅発型アルツハイマー病 (あるいは老年期痴呆) と分類することが行われてきたが, 最近では, 病理的にも病態機序の上からも両者に本質的な差はないとする考え方から, 両者をあわせて, アルツハイマー型痴呆 (dementia of Alzheimertype) という名で呼ぶことが多い。
    痴呆患者に対するアプローチとしては, まず第一に, 痴呆の存在を診断することが重要で, その上で, 痴呆を来しうる疾患についての鑑別を行う。この際に, 特に治療可能な痴呆疾患 (treatable dementia) を見逃さないことが重要である。
    痴呆を起こしうる疾患は, アルツハイマー型痴呆, 脳血管性痴呆だけでなく, この他にも, 内科疾患に伴うもの (甲状腺機能低下症などの内分泌疾患, ビタミンB1, B12などの欠乏症, 腎疾患, 肝疾患など), 正常圧水頭症, 慢性硬膜下血腫, 脳腫瘍, 感染症 (脳炎, 梅毒, AIDSなど), 薬物の副作用, 神経変性疾患 (進行性核上性麻痺, ハンチントン病, パーキンソン病の一部など), さまざまな疾患がある。これらの中には, 治療可能な疾患も多く含まれており, 実際の臨床の場ではtreatable dementiaの可能性について十分に検討を行うことが重要である。脳血管性痴呆については, そのリスクファクターをチェックし, 進行を予防することが重要である。アルツハイマー型痴呆については, 現在のところ, 抜本的な治療法は確立されておらず, 主として介護の点に重点が置かれているのが現状である。
  • 山本 正治
    1996 年 44 巻 6 号 p. 795-803
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    Geographical distribution of standardized mortality ratio (SMR) for biliary tract cancer (BTC) showed a characteristic clustering pattern; high in the northeastern regions and low in the southwestern regions of Japan. Among the 47 prefectures (corresponding to counties in the U. S.) with high SMRs, Niigata Prefecture has been the highest in both sexes for the last two decades. It was found that the cities, towns and villages in Niigata where the mortalities from BTC were high were correspondent with rice producing areas.
    In addition, it was revealed that the sources of tap water in the cities with high SMRs in Niigata were commonly big rivers, whereas in those with low SMRs they were either reservoirs located in the mountains, underground water or small river originating from the mountains. Based on these findings, the contamination of tap water by agricultural chemicals form paddy fields was suspected as a cause of the high mortality from BTC. Among several chemicals examined, diphenylether herbicide, chlornitrofen (CNP) and its derivative (CNP-amino) were detected high in tap water in the cities with higher SMRs and they seem to be related to the occurrence of BTC, particularly of female gallbladder cancer.
  • 荒川 正昭
    1996 年 44 巻 6 号 p. 804-808
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    糖尿病は, 文明病ともいわれ, 欧米において最もポピュラーかつ重要な疾患の一つであるが, 我が国においても, とりわけ農村部において, 増加しつつある疾患である。また, 最も重要な合併症である糖尿病性腎症 (腎症) も増加しており, 我が国で透析に導入される慢性腎不全患者のなかで, 糸球体腎炎に次いで第2位を占めている。欧米においては, 糸球体腎炎を抜いて第1位であり, 近い将来我が国においても同じ現象がみられることが予測されている。
    我が国の糖尿病患者は, その大部分がINDDMであるが, 発症後5年程度で微量アルブミン尿 (micro.albuminuria) を示し, 10年程度で顕性蛋白尿 (overt proteinuria) となり, 15年後には腎不全に陥っている。しかし, 全ての糖尿病患者が腎症を合併するわけでなく, 30-60%と報告されており, 報告者によって異なっている。
    かつては, 顕性蛋白尿の出現が腎症のスタートと理解されていたが, 微量アルブミン尿の概念は, 古典的な考えを大きく変えてしまった。しかし, 私達は, 腎生検による組織学的検討の結果より, 糖尿病発症直後の微量アルブミン尿陰性の時期, いわゆる正常アルブミン尿normo-albuminuriaの時期に, すでにメサンギウム基質の増加があり, 形態学的には腎症が始まっていると理解している。
    本講演では, 腎症の発症進展, 病態, 治療について, 自験例も含めて解説したい。
  • 若月 俊一
    1996 年 44 巻 6 号 p. 809-815
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    農薬や化学肥料の大量使用を前提とした従来の化学農法に対する反省として, 近年わが国においても,「有機農業」農法が提唱され, 今や全国的にも普及する実状になった。この有機農業が人間の健康に及ぼす影響について, 医学的な面から調査することが求められている。
    ここでは, 有機農業実践者の健康実態調査や農業化学物質の人体影響およびその基礎となる動物実験を行うなどの検討をした。
  • 松下 敏夫
    1996 年 44 巻 6 号 p. 816-827
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    Research work of the Special Research Group for Survey of Pesticide Poisoning (Chief: T. Matsushita) was presented and discussed.
    The main items are as follows:
    1) Long term years of nation-wide survey for clinical cases of pesticide poisoning (disorders) in Japan from 1967 to 1989, which was carried out by the Research Group of the Pesticide Poisoning under the Japanese Association of Rural Medicine, was reconsidered. And, revised systems of this survey including new survey forms were proposed.
    2) Results of methodological research work of our group for epidemiological study to clarify health disturbance from pesticides were indicated and a personal protocol was also presented.
  • 1996 年 44 巻 6 号 p. 828-829
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 坂東 玲芳
    1996 年 44 巻 6 号 p. 830-838
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    四国農村医学会は, 日本農村医学会の地方学会として, 1975年に発足し, 20年を経過した。この20回記念として, その歴史を振り返り, 将来を展望した。
    農村医学は, 農業医学と農村保健医学とを併せ持つ性格を有し, 農村住民に対する包括医療を目指す地域社会医学である。
    この農村医学の将来を展望するには, 日本の農村と農業の未来の姿をイメージする必要がある。すなわち, 日本の農業は, 今後, ますます専業化, 大型化する方向にあり, よって, 農村医学は, 専業農家群と専業農業者に対する農業医学的視点からのアプローチが, より強く求められることになろう。一方, 農村は, より強く混住社会化することが考えられ, 農村における地域ぐるみの健康管理対策がさらに重要となる。そして, 高齢化が進む農村住民の介護対策が, もっとも, 急を要する課題である。小さい視点からは, 厚生連病院に, 農村医学研究室を作ることを提唱したい。
  • 玉田 浩郁, 小山 ゆかり
    1996 年 44 巻 6 号 p. 839-843
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    1992年6月より1995年6月に山本組合総合病院にて施行した眼軸長26.0mm以上の強度近視眼の白内障に対する眼内レンズ移植術の術後成績について報告した。術後矯正視力は0.1以下が16眼 (28.1%), 0.2-0.4が16眼 (28.1%), 0.5以上が25眼 (43.8%) であった。全症例の94.7%に視力の改善が認められた。術前に計算した屈折予想値との誤差の絶対値は平均1.6Dであった。術前予想値との誤差が±2D以内の割合は66.7%であり正視眼の白内障に対する眼内レンズ移植術後に比べ誤差は大きく, 予想値よりも近視化を示す症例が多く認められた。術後合併症としては, 網膜剥離が1眼 (1.75%), 後発白内障が5眼 (8.77%) に認められたが, 術後網膜剥離の発生率は一般の白内障手術後と差は認められなかった。
  • 山下 一也, 飯島 献一
    1996 年 44 巻 6 号 p. 844-846
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    糖尿病患者を対象にし, 易怒性と血糖コントロール状況, 主観的幸福感の関係について検討をした。易怒者と非易怒者の間に蛋白尿 (陽性者) および網膜症合併者の比率, HbA1, 罹病期間 (年), 治療法に両群に有意差はみられず, さらに, 高血圧, 高脂血症, 心疾患の合併の比率にも両群間に有意差を認めなかった。しかし, 主観的幸福感において易怒者のモラール得点は, 非易怒者のそれに比して有意に得点が低かった。
    糖尿病患者の主観的幸福感に易怒性が影響を与えていることが示唆された。
  • 山下 一也
    1996 年 44 巻 6 号 p. 847-849
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    看護婦の精神的健康に関して調査をした。
    精神的健康状態は質問紙法GHQ (General Health Questionnaire) 60項目を用い自己評価した。GHQ全得点の平均は18.7点であり, 年齢とは有意の相関は認められなかった。また, GHQを勤務部署別に外来, 外科系 (ICUも含む), 内科系及び老人病棟勤務について比較したが有意差は認められなかった。しかし, 身体的症状を有している人の割合が, 外科系勤務看護婦は他に比して有意に局かった。
    看護婦の精神的健康は看護業務などとの関連について検討していく必要があることが示唆された。
feedback
Top