植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
32 巻 , 375 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • Koichi Morita
    1918 年 32 巻 375 号 p. 39-52
    発行日: 1918年
    公開日: 2007/05/24
    ジャーナル フリー
  • Geniti Koidzumi
    1918 年 32 巻 375 号 p. 53-63
    発行日: 1918年
    公開日: 2007/05/24
    ジャーナル フリー
  • 小原 龜太郎
    1918 年 32 巻 375 号 p. 57-71
    発行日: 1918年
    公開日: 2007/05/24
    ジャーナル フリー
    一、ぜんまい棉ハぜんまい屬植物ノ嫩葉上ニ生ゼル毛茸ナリ。
    二、毛茸ハ多數ノ細長ナル細胞ヨリ成リ、羽状ノ分岐ヲナセリ。
    三、毛茸細胞膜ハ三層ヨリ成リ、コレニ斜走セル線條ヲ有シ、乾燥セルモノニハ多數ノ撚囘アリ。
    四、毛茸細胞膜中ニハ黄色乃至赤褐色ノ色素ヲ沈澱セルモノアリ、本色素ハ水、酒精、「エーテル」、「ベンジン」「クロヽフオルム」等ニ溶解セズ、「アルカリ」ニヨリ濃色トナリ、酸ニヨリテ再ビ淡色トナル、「オードジヤベル」「クローム」酸及硝酸ニヨリテ褪色シ、鹽化第二鐵ニヨリ緑黒色ノ反應ヲ呈ス、所謂 Vagin ナル色素ニ屬ス。
    五、本色素ハ無色細胞内容及同膜中ニ存在セル一種ノ色原體ノ酸化ニヨリテ起ルモノニシテ、色原體ノ性質トシテハ鹽化第二鐵ニヨリ緑黒色トナリ、醋酸鉛ニヨリテ沈澱シ、「アムモニア」ニヨリ黄色ヲ呈シ、鹽酸ニヨル煮沸ニヨリ鮮紅色トナリ、又「アルカリ」ニヨリテ緑色ト變化シ、「フオルモール」及苛性加里ニヨリ緑色トナリ、又コレニ酸ヲ加フルコトニヨリテ紅色ヲ呈ス。
    六、KUNO PECHE ノ Eisengrünender Gerbstoff モ亦コノ色原體ト關係アルモノヽ如シ。
    七、毛茸細胞間物質ハ其結合密ナラズ、機械的及化學的處理ニヨリテ容易ニ分離ヲ惹起ス。
    八、毛茸ノ分析ノ結果ニヨレバα及β加水分解ノ度其差甚ダシク、「セルロース」含量少ナク、又酸精製減量甚ダシ。
    九、有色膜ヲ有スル細胞ハ無色膜ヲ有スル細胞膜ニ比シテ水中ニテ膨脹スルコト少ナシ。
    一〇、應用上美點トナスベキハ
    (a) 纖維ノ長キ事。
    (b) 撚囘ヲ有スル事。
    (c) 有色膜ノ水ニヨリ膨脹スルコト少ナキ事。
    ニシテ、缺點トナスベキハ
    (a) 細胞容易ニ分離スルコト。
    (b) α及β加水分解、酸精製減量ノ大ナル事。
    (c)「セルロース」含量ニ乏シキコト。
    ニシテ、コレ等ノ缺點ヲ除去スルガタメニハ種々ナル手段ヲ要スルコトナリ、就中、最モ簡單ナル操作トシテ實施シ得ベキハ充分乾燥ヲ計ルコトニシテ、コレガ爲メニ撚囘ノ度ハ大トナリ、赤褐色々素ハ益々ソノ量ヲ増加スベキヲ以テナリ。
  • 1918 年 32 巻 375 号 p. 74-81
    発行日: 1918年
    公開日: 2013/05/14
    ジャーナル フリー
feedback
Top