植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
40 巻 , 479 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • T. Nakai
    1926 年 40 巻 479 号 p. 563-586
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
  • I. Ohga
    1926 年 40 巻 479 号 p. 587-591
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
    (1) The osmotic pressure of leaves and roothairs of plants varies in different stages of growth.
    (2) Restriction of water supply causes an increase in this osmotic concentration.
    (3) Wheat and buckwheat seedlings placed in sugar solution of higher molecular concentration than that required to plasmolyse the leaves wilted at first but recovered and continued to live.
  • 三宅 驥一, 今井 喜孝, 田淵 清雄
    1926 年 40 巻 479 号 p. 592-598
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
    1、コスモスノ遺傳研究ニ依ツテ、私共ハ次ノ諸因子ヲ檢定スル事ガ出來タ。
    C, c-Cガアレバ花ニ色ガツクガ、cホモナラバ白色花トナル。
    S, s-CSトガアレバ、花色ハ紅色花トカ桃色花ト云ツタ全色花ニナルガ、Csトノ場合ニハ櫻色花ヲ生成スル。
    I, i-C, S兩因子ノアツタ場合、コレニIガ加ハレバ紅色花、Iノ代リニiナラバ桃色花ガ出來ル。
    E, c-所謂「眼」ノ有無ヲ司ル。
    P, p Q, q 兩因子ハ「蛇ノ目」ヲ表現スルニ當ツテ、補足的關係ヲ保ツモノデアルカラ、何レカーツノ優性因子ノミデハ「蛇ノ目」ハ出來ナイ。
    Y, y-花粉ノ色ヲ左右スル因子デアル。前者ハコレヲ黄色ニ、後者ハ白色ニスル。
    B, b-b因子ハ花部ガ苞ニ變化シタ畸型ヲ表現スル。
    2. ipトノ兩因子間ニハ約6.13%ノクロッス•オーバーヲ算スルリンケージガアル。
  • 神名 勉聰
    1926 年 40 巻 479 号 p. 599-619
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
    1. ほうせんくわノ花型ニ關與スル因子トシテハ次ノ三對ヲ檢定シタ。
    H, h-Hハンブル型、其ノ劣性因子ハ普通型ヲ表現スル。
    D, d-dハ八重咲ニ關與スル。
    Ca, ca-caハ椿咲ヲ表現スル。依テ一重咲ハDCaデアル。但シdcaハ椿咲トナル。
    2. 單色花ニ關係アル因子トシテハ次ノ五對ヲ調ベ上ゲタ。
    S, s-莖色ヲ決メルト同時ニ花ニモ彫響ヲ與ヘル。但シ優性因子ガ紅色莖•劣性因子ガ緑色莖ヲ表規スル。
    R, r-紅色莖ニ例ヲ採ツテ云ヘバ、赤色花對桃色花ヲ表現スル因子對デアル。
    P, p-同ジク紅色莖ニ例ヲトレバ、赤紫色對紫色ヲ表現スル因子對デアル。前ノ allelomorphs トノ關係ニ於テ云ヘバ、赤紫色ハPR、紫色ハPr、赤色ハpR、ソシテ桃色花ハ其ノ兩性的劣性デアル。
    C, c-cハ白色花ニ關與スルガ、花色因子ノRガアツテモ其ノ能カヲ發揮スル事ガ出來ル。
    I, i-花色ノ濃淡ニ關係スル因子對デアル。
    3. 條入花ハソレゾレノ條入花ニ於ケル條斑ノ濃イ色ノ花ヲ開ク單色花ノ偶變者ヲ常習的ニ子孫ノ中ニ混生スル。
    4. 條入花ハ又他方、殆ド一般ニ若干%ノ地色花ヲ混生スル。其ノ據ツテ起ル原因ニ就テ二ツノ推察ヲ試ミタガ、今ハ斷定ノ期ニ達シテ居ナイ。
    5. 條入花ノ株ニ時偶起ル單色花ノ枝變リハ遺傳シナイ。依ツテほうせんくわノ條入花ハ今井氏ノ云フ第二型ニ該當スル。
    6. 條入花ハ單色花ニ對シテ單性的劣性形質トシテ遺傳スル。
    7. 花ノ白斑ハ劣性形質デアルガ、其ノ分離ハ簡單デナイ。
    8. 「缺ケ」ノ出現ハ因子ノ轉化ニ依ルモノト考ヘラレル。劣性形質デアル。
    9. ほうせんくわニハ遺傳シナイ石化ガ稀ニ出來ル。
    10. sciトハ一ツノリンケージ群ヲナシ、相互間ノリンケージ度ハ極メテ高イモノデアルラシイ。
    11. ほうせんくわノ染色體ハハプロイドデ七個アリ。因子群モ大體コノ數ト合ツテ居ル。
  • 1926 年 40 巻 479 号 p. 619-630
    発行日: 1926年
    公開日: 2013/05/14
    ジャーナル フリー
feedback
Top