植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
40 巻 , 470 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • Takashi Matsumoto
    1926 年 40 巻 470 号 p. 43-47
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
  • Kiichi Ohki
    1926 年 40 巻 470 号 p. 48-58
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
  • T. Nakai
    1926 年 40 巻 470 号 p. 59-68
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
  • 小倉 謙
    1926 年 40 巻 470 号 p. 69-90
    発行日: 1926年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
    以上ノ結果ヲ綜合スルニ、まるはちハ一般ヘご科植物ノ構造ヲ有スルモノトイフベク、次ニソノ重要ナル點ヲ示ス。
    一、まるはちノ莖ハ直立シ、下端ニ於テ細小ニシテソレヨリ上方ニ向ヒテ次第ニ太リ、空中ニ高ク抽出シ約十米ニ達ス。根ハ全面ヲ蔽ヒ、殊ニ下部ニアルモノハ發達シテ支柱ノ役ヲナス。
    二、葉ハ莖ノ頂ノミニ限ラレ、他ノ部ニ於テハ葉柄ノ基部ヨリ脱落シテ莖面ニ痕ヲ印シ、維管束條痕ト共ニ特異ナル外觀ヲ示ス。莖ニ於ケル葉ノ排列ハ下部ニ於テハ五分ノニノ螺旋状ヲ示シ、次第ニ八分ノ三ニ變ジ、更ニ高度ノモノトナル。之ニ伴ヒテ各葉ハ次第ニ相接近シテ不規則ヲ來シ、十列或ハ十一列ノ龜甲状ヲ示スニ至ル。
    三、莖外面ノ組織ハ往々ニシテ永ク殘存シテ鱗毛ニ蔽ハル。外面ハ十數列ノ柔組織ヨリナリ、ソノ内方ニ纎維組織ノ薄層アリ。風雨等ノタメ外面ノ脱離スルトキハコノ纎維層ノ少シク外方ニ於テス。
    四、莖中心柱本體ハ網状中心柱ニシテ葉隙ハ常ニ相重ナリ、成熟莖ノ上部ニ於テハ十乃至十一ノ分柱ニ等分セラル。各分柱ハ厚膜組織帶ニ包圍セラレ、ソノ邊縁ヨリ葉跡ヲ分枝ス。
    五、分柱ハ定型的羊齒植物型ノ包圍維管束ヲ有シ、篩管部ノ外方ニ横走細胞ノ列アリ。厚膜組織帶ハ厚膜纎維ヨリ成リ、基本組織ハ柔組織ヨリ成リ粘液嚢ヲ含ム。
    六、葉隙ハ細長キ紡錘状ヲ呈シ、邊縁ハ著ルシク外方ニ旋囘ス。コノ外旋ノ一部ニ恢復スル所アリ、ソノ部ノ上下ヨリ出デタル葉跡ハ夫々上下列帶ニ屬スルモノナリ。
    七、葉柄ハ圓形乃至橢圓形ノ輪廓ヲ有シ、ソノ基部ニ於テハ維管束條七十以上ニ及ビ、大多數ハ外圍ニ沿ヒテ環状ニナラビ、ソレニ側方ヨリ突出セル部及ビ上方ニ孤立セル數條ヲ伴フ。小ナル葉柄ニ於テハソノ維管束條尠クソノ排列モ亦單純ナリ。
    八、葉柄ノ上方ニ於テハ、維管束條ハ次第ニ癒着シテ波状ニ連絡シ逐ニ四帶トナリ、更ニ葉軸ニ至レバ三帶二帶トナル。小葉跡ノ分枝ハ縁外型ニシテ葉軸維管束ノ上下兩列條ノ角隅ヨリ別々ニ出デ、ソノ節兩者間ニ小ナル連鎖條アリ。
    九、葉柄ノ表皮下ニ厚膜纎維ヨリ成ル下皮層アリ。維管束條ハ定型的包圍型ヲ示ス。
    十、根跡ハ葉隙ノ邊縁及ビ既ニ分枝セル葉跡ノ基部ヨリ分レテ葉外ニ出ヅ。根ハ二原型ノ中心柱ヲ有ス。
    十一、髓走條ハ幼少部ニモ早ク現ハレ次第ニソノ數ヲ増シ、成熟莖ニテハ一面ニ二百五十餘條ニ及ブ。スベテ髓中ニ獨立ニ起リテ上昇シ、ソノ上端ハ葉隙ノ内面ニ於テ中心柱ニ合着スルニ至ルモ、ソノ途ニ於テ互ニ離合シテ網状連結ヲナス。上端ハ多數ニ分枝シ、各葉隙ニ屬スル第一條ハ上列帶ノ最初ノ葉跡ニ、最後ノ條ハソノ最後ノ葉跡ニ連絡シ、中間ノモノハ上列帶ノ中間ノイヅレカニ連ル。尚一二對ハ直接上方ニ孤立セル葉跡ニ連ル。
    十二、皮走條ル各葉隙ニ一對アリ、獨立ニ皮層中ニ起リテ之ヲ上昇シ、上列帶ノ角隅ニ位スル葉跡ニ連ルモ、ソノ途中下列帶ノ角隅ノモノニ一時連絡スル事アリ。
    十三、髓走條及皮走條ハ共ニ原生中心柱型ノ構造ヲ有シ、木質部ハ假導管ノ塊ヨリ成ルカ或ハソノ中ニ髓ヲ含ミ尚空隙ヲ有スル事アリ。共ニ葉隙附近ノモノハ厚膜組織ヲ伴ヒ、中心柱ノ厚膜組織帶ニ接スルモノハソノ部ニ小ナル窪ヲ生ゼシム。
    十四、まるはちノ中心柱ノ構造ハヘご型網状中心柱ニ類スルモ尚ソノ外ニ皮走條ヲ有ス。斯クノ如キハ羊齒植物中ニハ全クソノ類ヲ見ザルヲ以テ、便宜上假ニコノ中心柱ヲ以テ「まるはち型網状中心柱」(Alsophilan Dictyostele) ナル一型ヲ設ケントス。
  • 1926 年 40 巻 470 号 p. 96-
    発行日: 1926年
    公開日: 2013/05/20
    ジャーナル フリー
feedback
Top