情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
ISSN-L : 0913-3801
70 巻 , 2 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
特集:家具 ―図書館を支える脇役たち―
  • 久松 薫子
    2020 年 70 巻 2 号 p. 51
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル フリー

    資料を並べる書架,それらを見るための机や椅子,こうした家具がなければ図書館は成り立ちません。また,ゆったりと寛ぎながら資料を見る場,活発なコミュニケーションを行う場など,その場の機能を表現し構成するツールとしても家具は重要な役割を果たしています。図書館サービスや運営の向上を考えるとき,資料や利用者に注目し家具は「脇役」として考えがちですが,その重要性を改めて見つめ,本号ではこの脇役たちに焦点を当て,いわば「主役」にして特集を組みました。

    図書館施設の改装や新築の際に出てくる疑問,例えばどのような機能に特に配慮して家具を選ぶべきなのか,場の機能を表現する家具をどうやって探せば良いのかなど,建築分野の非専門家にとっては難しい課題であり,こうしたことに悩まれたご経験のある読者もおられるのではないでしょうか。この特集では,図書館員が建築分野の専門家とスムーズなコミュニケーションをとるのに必要な知識の紹介のほか,図書館の家具に持たせるべき機能,作り上げたいイメージや機能を家具として具現化させて行った事例を紹介して,新たに施設を作り上げる時の参考となるような内容を目指しました。

    また,企画段階で大きなテーマとして浮かび上がったのは「地震対策」です。利用者と資料の安全を守るために国内のあらゆる図書館で備えるべき課題であり,ここ数年だけでも大きな地震と被害を受けた図書館の事例をいくつも思い浮かべることができます。こうした経験から得た貴重な知見が数多くあり,今回掲載した原稿のうち多くがこの点に触れて解説をいただきました。

    植松貞夫氏(筑波大学)には冒頭で,性能・工事・備えるべき家具の種類など基本的知識の解説のほか,家具を選ぶ際に配慮すべき点を概括していただきました。施設について考えるとき図書館員が理解しておくべき内容であり,サイズなど細かな点にも触れていただいていますので,すぐに参考にできる内容です。そしてその原稿の中でも言及されている地震対策について,柳瀬寛夫氏(岡田新一設計事務所)に詳細にご紹介いただきました。この中で,家具そのものだけでなく建物の構造的な配慮といった大きな視点が必要であることを解説いただいています。続いて,図書館家具メーカーの視点から,地震対策その他の図書館の課題に応える家具の紹介と解説を日下有紀・三木すずか氏(金剛株式会社)にお願いしました。主に書架についての解説ですが,そのほかのユーザー目線から新規開発された家具についてもご紹介いただきました。

    次に事例紹介を二つお願いしました。一つは,複数のプロジェクトにおいて建築側と図書館の運用側の意見を調整するコーディネーターを務められた太田剛氏(図書館と地域をむすぶ協議会)に,もう一つは図書館家具として欠かせない椅子に着目し,「図書館で過ごす時間を豊かにする椅子」を学生・利用者と共に考え作成したプロジェクトを根来貴成氏(金沢美術工芸大学)にご報告いただきました。

    「図書館施設をより良いものにしたい」その思いを形にする際のご参考になりましたら幸いです。

    (会誌編集担当委員:久松薫子(主査),稲垣理美,大橋拓真,南山泰之)

  • 植松 貞夫
    2020 年 70 巻 2 号 p. 52-57
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル フリー

    単なる建築空間を図書館として性格付ける要素であることから,図書館家具は図書館建築の主役の一つである。書架や閲覧机等の形状とその配置は利用者と職員の使いやすさ,働きやすさを左右する。本論では,図書館職員に家具についての理解が深まることを目的に,はじめににおいて,家具について分類や備えるべき性能等の基本的な事項をまとめるとともに,本体工事と家具工事の違い等について概説した。続いて,主要な家具である書架と閲覧用の机と椅子,カウンターについて,寸法や素材等,既製品から選択する際や特別設計の注文に際して注意すべき点を整理した。

  • 柳瀬 寛夫
    2020 年 70 巻 2 号 p. 58-63
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル フリー

    図書館家具の地震対策は,建築全般の耐震性能とあわせて総合的に対策を練らないと,安全性は確保できない。「構造体」から伝わる「非構造部材」の揺れ方は一様ではなく,思いがけない被害をもたらすこともある。「家具」に留まることなく,「非構造部材」全般に渡って幅広く被災事例を知ることで,相互に関わるきめ細かな耐震対策に気づけるようになる。書架においては転倒防止を第一とし,建築側の状況を踏まえて適切な方法で床や壁などに固定する。また書架を軽くするため本の落下はやむを得ないと考えるが,頭より高い位置に重い本を置かない,避難路の確保を考えておく,棚への戻しやすさなど,対策しておくべきことは多い。

  • 日下 有紀, 三木 すずか
    2020 年 70 巻 2 号 p. 64-70
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル フリー

    図書館に設置される書架は「移動棚」と「自立棚」の二つに分けられる。主に閉架で利用されることの多い移動棚だが,移動棚と一口でいっても丸ハンドル式,電動式,アンカーレスなどの種類があり,それぞれがさまざまな図書館事情に起因して開発されている。自立棚も同じように多くの種類が存在する。地震対策を施した自立棚など,棚にはデザイン以外にもそれぞれ個性を持っている。本稿では当社で取り扱う図書館製品(主に移動棚や自立棚,またそれらに取り付けるアイテム)の開発経緯と構造を紹介しながら,図書館が抱える課題と,それに対する保管什器による解決について紹介していく。

  • 太田 剛
    2020 年 70 巻 2 号 p. 71-76
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル フリー

    現在,図書館の在り方が大きく変わってきているといわれる。旧来の図書の貸出しを中心とした考え方から,地域づくりの中心施設としての図書館へと移行し,そこに求められる役割も多様化してきている。とくに滞在型の図書館への移行は,空間の居心地の良さが重要視され,そこに配置される家具には,機能性や安全性のみならず,デザイン性も重要な要素となってきている。これまで全国各地で図書館の新設や改修に,アドバイザーやコーディネーターとして関わってきた筆者が,それまで経験した事例をもとに,これからの新しい図書館づくりにおける家具の選定について考察する。

  • 根来 貴成
    2020 年 70 巻 2 号 p. 77-82
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル フリー

    2016年度から2018年度までの3年間,金沢海みらい図書館で「図書館で過ごす時間を豊かにする椅子」をテーマに,学生デザイン教育に重点をおいたワークショップを通して約60脚の椅子のプロトタイプ制作を行った。研究方法としては,図書館を利用する様々な人の所作と動線を観察し,そこからの気付きを元に図書館における読書を快適にサポートする椅子のプロトタイプ制作を行った。実際に図書館に展示し座ってもらい人気投票の上位に選ばれた椅子の特徴としては,読書環境に着目した椅子,読書の所作や姿勢を考慮した椅子,図書館での一連の行動の流れを重視した椅子が挙げられる。これらの椅子のデザインは,‘みらい’の図書館に新しい読書体験をもたらしてくれると考えられる。

連載:オープンサイエンスのいま
連載:情報を計測し,法則化する~今に活かせる計量情報学の経験則
3i研究会報告
  • 長谷部 雅彦, 杉山 典正, 高石 静代, 中村 幸子, 西田 彩子
    2020 年 70 巻 2 号 p. 90-95
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル フリー

    本研究では,特許/非特許,Web,SNS分析などからヘルスケア関連のニーズ・シーズを読み取り,既存技術やセンシング技術を組み合わせた新しいサービスを提案する。サービス提案においては,世代ごとのヘルスケアに関する課題整理から,青年期から壮年期の現役世代で問題となるメンタルヘルスに注目した。また特許・論文調査から,精神状態測定に関連する特許出願や文献が増えていることが分かった。提案では,オフィスにおける生産性向上を実現しつつ,スタッフの「ウェルネス」を高めることを目的とした。また,診断において極力個人を特定しない,プライバシーに配慮したシステムとしてAI技術を用いた新規サービスを提案した。

事例報告
部会紹介
書評
協会記事
feedback
Top