情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
ISSN-L : 0913-3801
69 巻 , 6 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
特集:地理空間情報と地理情報システム(GIS)
  • 當舍 夕希子
    2019 年 69 巻 6 号 p. 225
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/01
    ジャーナル 認証あり

    2019年6月号の特集は「地理空間情報と地理情報システム(GIS)」です。地理空間情報とは,空間上の特定の地点・区域の位置を示す情報及び,それに関連付けられた情報のことであり,地理情報システム(Geographic Information Systems:GIS)は,この地理空間情報を電子的に処理する技術やシステムを指します。

    地理空間情報の集合ともいえる「地図」は,我々の生きるこの世界を的確に表現することのできる,とても便利なツールです。従来,紙として存在した地図は,近年その姿をデジタルへと変え,いつでも好きな時に確認できる身近な存在として,自分の現在位置から目的地までの道順を確認するような日常動作から,統計や歴史資料,災害記録等の多様なデータの可視化まで,活躍の場を広げています。弊誌においても,2009年に刊行した59巻11号の特集「歴史地理情報システムの活用」では,地理情報の歴史的分析についてご紹介しました。

    今号では,地理空間情報の収集・提供や,GISを使った様々なデータを“見せる”取り組みについて取り上げ,地理空間情報とGISの持つ可能性を考えたいと思います。

    まず総論として,瀬戸寿一氏(東京大学空間情報科学研究センター)に,地理空間情報とGISについての基本的な知識と,日本における位置づけや発展について概説いただきました。続いて,ウェブ地図の提供事例として,国土地理院 地理空間情報部 情報普及課より,国土地理院が提供する「地理院地図」の機能と特徴,活用事例についてご紹介いただきました。地理空間情報の収集共有事例としては,飯田哲氏(一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン)から,誰もが参加可能なウェブ地図を作る取り組みであるOpenStreetMapをご紹介いただきました。また,実際にGISを用いたウェブサービスとして,羽渕達志氏(一般財団法人日本統計協会)及び駒形仁美氏(独立行政法人統計センター)から,政府統計の総合窓口e-Statの一部である「地図で見る統計(jSTAT MAP)」を,鈴木比奈子氏(国立研究開発法人防災科学技術研究所)から,過去1600年分の災害事例を地図上で可視化する「災害年表マップ」をご紹介いただきました。

    今回ご紹介する事例は,いずれもインターネット環境さえあれば,誰でも容易に利用又は参加できる取り組みです。是非,お手元の端末からサービス画面をご覧いただき,実際に触ってみてください。内容や目的は多様ながら,いずれも地理空間情報とGISに関する興味深い取り組みであり,皆様とも何かしら関わりがあるのではないかと思います。本特集が皆様にとって地理空間情報やGISの活用への端緒となれば幸いです。

    (会誌編集担当委員:當舍夕希子(主査),久松薫子,古橋英枝,光森奈美子)

  • 瀬戸 寿一
    2019 年 69 巻 6 号 p. 226-231
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/01
    ジャーナル 認証あり

    1990年代後半から日本でも本格的に導入された地理情報システム(GIS)は,社会においてさまざまな場面で活用され,わたしたちの日常生活やサービスにとって欠かせない情報インフラとなっている。本稿では,GISに関わる技術的側面とデータとしての地理空間情報について基本的な解説を行ったあと,日本における導入や制度的な位置づけについて紹介する。さらに,今日のデータ社会におけるGISの活用として参加というキーワードを取り上げ,将来に渡って膨大に蓄積される地理空間情報の使われ方について展望する。

  • 国土地理院 地理空間情報部 情報普及課
    2019 年 69 巻 6 号 p. 232-237
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/01
    ジャーナル 認証あり

    国土地理院では,地図,空中写真,災害情報など,我が国の国土を表す様々な地理空間情報の整備,提供を行っている。国土地理院が運用しているウェブ地図「地理院地図」(https://maps.gsi.go.jp/)は,主に行政分野,特に防災に役立つ地理空間情報を提供するとともに,それらを手軽に活用できる機能も有している。本記事では,地理院地図の特長や機能,活用例について,地理院地図の操作方法とともに紹介する。また,地理院地図で利用されている地図データであり,地理院地図以外の様々なシステムやアプリケーションでも利用できる「地理院タイル」についても合わせて紹介する。

  • 飯田 哲
    2019 年 69 巻 6 号 p. 238-243
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/01
    ジャーナル 認証あり

    OpenStreetMapとは,全世界を対象とした自由な地図データの作成プロジェクトである。OpenStreetMapプロジェクトは,誰でも参加することができ,誰でも利用ができる自由な地理空間情報の作成と配布を行うプラットフォームとして,世界各地に地図編集者のコミュニティを生み出し,2019年現在も成長を続けている。本稿では,2019年時点のOpenStreetMapについて,コミュニティの形成や関連する企業・団体によるエコシステムの形成,それらによる活動の状況など複数の観点から記述することにより,その状況を解説することを試みる。

  • 羽渕 達志, 駒形 仁美
    2019 年 69 巻 6 号 p. 244-249
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/01
    ジャーナル 認証あり

    統計データの利用促進や社会の高度かつ多様な分析ニーズに対応するためには,利便性の高い提供基盤が必要とされている。統計データをオープンデータとして提供するだけではなく,課題を見つけたり,課題解決のために可視化し特徴や傾向等をとらえることが必要とされている。地図上に統計データをグラフ化する,統計データを集計すること等,地域分析ツールとして利用されている「地図で見る統計(jSTAT MAP)」について紹介する。

  • 鈴木 比奈子
    2019 年 69 巻 6 号 p. 250-255
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/01
    ジャーナル 認証あり

    「災害年表マップ」は歴史時代から1600年分,約6万件の日本全国の過去の自然災害事例を災害発生年ごとにWeb地図上で閲覧するアプリケーションである。簡便に過去の災害事例の閲覧を可能にするために取り組んだ。本マップは防災科研が整備する災害事例データベースを利用している。本データベースは日本全国の地域防災計画の過去の災害事例を抽出し,災害の概要が把握できることを目的としたものであり,GISデータとして整備をしている。APIを用いて,他のアプリケーションとのマッシュアップが可能である。災害年表マップを通して,災害事例が掲載される資料へのアクセスや地域の災害発生状況の把握による防災力の向上を目指している。

連載:オープンサイエンスのいま
特別寄稿
INFOSTA Forum
協会記事
feedback
Top