地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
ISSN-L : 0016-7630
109 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 高橋 昭紀, 平野 弘道, 佐藤 隆司
    2003 年 109 巻 2 号 p. 77-95
    発行日: 2003年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    北海道天塩中川地域の調査範囲の上部白亜系は下位より,中部蝦夷層群の佐古丹岳層,佐久川層,佐久層(下位より知良志内川砂岩部層,共和泥岩部層,佐久橋砂岩泥岩互層部層),上部蝦夷層群の西知良志内層,大曲層,オソウシナイ層,函淵層群の函淵層に区分される.セノマニアン-チューロニアン階境界が佐久川層上部に,チューロニアン-コニアシアン階境界が西知良志内層-佐久層境界付近に,コニアシアン-サントニアン階境界が西知良志内層内に,サントニアン-カンパニアン階境界が大曲層上部にそれぞれ位置する.岩相観察と化石層序学的検討の結果,上部蝦夷函淵層群境界は整合であると考えられる.本地域のアンモナイト・イノセラムス類の産出個体数,産出種数はコニアシアン・サントニアン階において特に低い.これは貧酸素の泥底に,本地域内に局地的に流入した粗粒岩相(大曲層)の影響であると考えられる.
  • 板木 拓也, 池原 研
    2003 年 109 巻 2 号 p. 96-105
    発行日: 2003/02/15
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    日本海東部および北東部より得られた3本の海底コアから過去3万3千年間の放散虫群集の突然かつ急激な変化を明らかにした.このような変化は日本海のほぼ全域で同時に起こったことを示しており,そのバイオ・イベントをもとに4つの放散虫化石帯を設定した.すなわち,Ceratospyris borealis間隔帯(33~15 kyr BP), Stylochlamydium venustum間隔帯(15~12 kyr BP), Cycladophora davisiana間隔帯(12~10.5 kyr BP), Larcopyle butschlii間隔帯(10.5 kyr~現在)である.これらの放散虫化石帯区分は,炭酸塩補償深度(CCD)以深の炭酸塩化石の産出が少ない日本海の後期第四紀堆積物の対比に有効である.
  • 今岡 照喜, 松本 崇雅, 松里 英男, 松尾 征二, 飯泉 滋, 岩野 英樹
    2003 年 109 巻 2 号 p. 106-115
    発行日: 2003/02/15
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    山口県小野田市千崎において小野田インターチェンジ建設工事中に数枚の凝灰岩と砕屑岩類からなる宇部層群宇部夾炭層上部層の大露頭が出現した.本研究ではその凝灰岩の産状,岩石記載,斜長石の化学組成,FT年代,Sr同位体比を検討し,それらの起源を探る.凝灰岩には自形~他形の極めて新鮮な斜長石,類質火山岩片,少量の石英が見られる.基質は軽石片,ガラス片からなり完全に脱ハリ・変質している.ジルコンFT年代は36.0±2.1, 34.6±1.5Maである.これらの値は植物化石とサイ化石から推定されている時代と矛盾しない.8試料の斜長石を分離し,Sr同位体比の測定を行った.上記のFT年代36Maを用いてSr同位体比初生値を計算すると0.7043~0.7049となる.この値はKagami et al. (1992)による花崗岩のSr同位体比初生値の区分による北帯に対応する.以上の事実からこの凝灰岩の給源となった火山は,日本海岸線に沿って分布する古第三紀の火山帯に求めるのが妥当である.
  • 島村 哲也, 藤田 和弘, 猿渡 ふみよ, 松田 将志, 坂 幸恭
    2003 年 109 巻 2 号 p. 116-131_1
    発行日: 2003/02/15
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    東京都西多摩郡日の出町から埼玉県入間郡名栗村にかけて関東山地秩父累帯の東縁部を北北西南南東に走る断層に沿って,ザクロ石花崗岩,斜長花崗岩,アプライト,流紋岩,ザクロ石片麻岩,角閃岩,各種結晶片岩類,メタドレライト,メタガブロが,蛇紋岩中の構造岩塊,断層に伴うカタクレーサイトに含まれる構造岩塊及び転石として産する.産出地点の構造的位置,産状,岩石学的・岩石化学的特徴からこれらの岩石は黒瀬川地帯の構成岩石とみなされる.これらの岩石を伴う断層を名栗東断層と命名し,その西方をこれとほぼ平行に走る従来の名栗断層を名栗西断層と改称し,両断層およびこれに挟まれる地帯を名栗断層帯と命名する.名栗断層帯は,関東山地秩父累帯における黒瀬川地帯に相当する.名栗断層帯の,少なくとも南端部は蛇紋岩メランジェ帯をなしている可能性が高い.
  • 荒井 良祐, 竹村 恵二
    2003 年 109 巻 2 号 p. 133-136
    発行日: 2003/02/15
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    Fission track ages of zircon crystals were determined for To 1 and A 2-1 volcanic ash layers of Osaka Group in the northwest of Awaji island. The fission track ages obtained are follows : To-1 volcanic ash layer 2.4±0.6 Ma A 2-1 volcanic ash layer 2.2±0.5 Ma A 2-1 volcanic ash layer is correlated to Asano 2 volcanic ash layer. These ages indicates that the Osaka Group in this study area is correlated to the lower to lowermost part of Osaka Group.
  • Tomoaki Morishita, Akira Tsuchiyama, Tsukasa Nakano, Kentaro Uesugi
    2003 年 109 巻 2 号 p. III-IV
    発行日: 2003年
    公開日: 2010/12/14
    ジャーナル フリー
    X-ray computerized tomography (CT) has become a powerful tool for completely non-destructive examination of the interiors of geological objects. An X-ray CT image is a map of the spatial distribution of values related to the linear attenuation coefficient (LAC), which depends on mass density, chemical composition and incident X-ray energy (Nakano et al., 2000). In this report we show the application of this method to a symplectite consisting of irregular fine-grained orthopyroxene, clinopyroxene and spinel from the Horoman peridotite, Japan. The symplectite in the Horoman peridotites is interpreted to be of pyropic garnet origin. Textural characteristics of symplectite from the Horoman complex will therefore provide opportunities to investigate the phase transition from garnet to spinel lherzolite. We imaged symplectites using a highresolution X-ray CT system at SPring-8 (Uesugi et al., 2001) with a monochromatic X-ray beam of 15 keV (Fig.1). Brighter regions on the CT images correspond to higher values of LAC. Three-dimensional structures of the symplectites were obtained from 1018 slices of the CT images with 1000 × 1000 matrix (Figs.2, 3). The voxel size is 0.5 μm × 0.5 μm × 0.5 μm, and the effective spatial resolution is about 1 μm. Clusters of orthopyroxene, clinopyroxene and spinel in the symplectites were clearly identified using the contrast in the CT images, which coincided with the theoretical LAC values of these minerals (Fig.1).
    Acknowledgements: The authors thank to Greg Yaxley to improve the English of the manuscript. Constructive review by Susumu Ikeda improved the manuscript.
feedback
Top