地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
ISSN-L : 0016-7630
111 巻 , 2 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
論説
  • 伊庭 靖弘, 瀧 修一, 吉田 孝紀, 疋田 吉識
    2005 年 111 巻 2 号 p. 67-73
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/06/10
    ジャーナル フリー
    北海道北部中川地域の下部蝦夷層群最下部の礫岩層から大型有孔虫 Orbitolinaを含む石灰岩礫を発見した.礫岩層の産状から,石灰岩礫を含む礫岩層は深海域に流入した重力流堆積物であると判断される.石灰岩礫から産する Orbitolinaは後期Aptian~前期AlbianのO.(Mesorbitolinaparva - O.(Mesorbitolinatexana系列に同定される.本地域の下部蝦夷層群下部の年代がAptianとされていることから,この石灰岩礫を含む下部蝦夷層群最下部の年代は後期Aptianと考えられる.石灰岩礫中の微岩相・化石構成,および石灰岩形成年代は,夕張山地に分布するオリストストローム中の“オルビトリナ石灰岩”と一致し,後期Aptianの浅海石灰岩の形成とそれに引き続く深海域への再堆積が広域的な現象であったことを示唆する.
  • 里口 保文, 樋口 裕也, 黒川 勝己
    2005 年 111 巻 2 号 p. 74-86
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/06/10
    ジャーナル フリー
    東海層群の大田テフラ層は,古琵琶湖層群,氷見層群,浜忠層にも対比されるテフラ層があるが,それらの年代はそれぞれ異なっている.本論では三浦層群のテフラ層との対比を行うことによって,大田テフラ層の年代を決定することを試みた.その結果,テフラの記載岩石学的性質や化学成分より,大田テフラ層は三浦層群のAn85テフラ層と対比された.さらに,三浦層群のAn77とAn53テフラ層は,東海層群の小鈴谷,坂井火山灰層とそれぞれ対比された.三浦層群の古地磁気層序と生層序の平均堆積速度から算出した大田テフラ層の年代は,約3.9 Maである.また,同様の検討から小鈴谷火山灰層,坂井火山灰層の年代は約3.9 Ma, 4.1 Maである.これら広域テフラ層の層序と年代をもとにして,本州中央部の下部鮮新統についての広域層序をまとめた.
  • 中澤 努, 中里 裕臣
    2005 年 111 巻 2 号 p. 87-93
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/06/10
    ジャーナル フリー
    堆積サイクルとテフロクロノロジーに基づき,関東平野中央部地下のC~F層と仮区分されていた更新統が,それぞれ下総層群の清川層,上泉層,藪層,地蔵堂層に対比されることを明らかにした.それぞれの累層は,基本的に陸成層と海成層からなる1堆積サイクルとして認識され,累層境界はシーケンス境界に相当する.これら累層から房総半島の模式地の下総層群に挟在する複数のテフラを見いだした.本研究の対比に基づくと,下総層群の基底に相当する地蔵堂層の基底は,調査地域において標高-100~-140 mに位置すると推定され,従来解釈されていた基底深度よりも極めて浅いことが明らかとなった.
  • 山元 孝広
    2005 年 111 巻 2 号 p. 94-110
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/06/10
    ジャーナル フリー
    吾妻火山の最新の活動で形成された小富士や五色沼などの火口群を,吾妻-浄土平火山,その噴出物を吾妻-浄土平火山噴出物と呼び,その層序,形成年代,噴出量,化学組成を明らかにした.吾妻-浄土平火山噴出物は土壌層を挟んで大きく12ユニットに分けられ,安山岩質のブルカノ式降下堆積物を含むものが5ユニット(下位から桶沼,五色,小富士,一切経,大穴),水蒸気爆発降下堆積物のみからなるものが7ユニットである.桶沼ユニットでは6.7 kaに約5×10-4 DRE km3,五色沼ユニットでは6.3 kaに約3×10-4 DRE km3,小富士ユニットでは5.9~4.8 kaの期間に約4×10-1 DRE km3,一切経ユニットでは4.3 kaに約2×10-4 DRE km3,大穴ユニットでは0.6 kaに約8×10-5 DRE km3のマグマが噴出している.浄土平火山噴出物の本質物はSiO2含有量56.8~59.7 wt%の安山岩と60.7~62.8 wt%の灰色デイサイトからなり,各々の組成は噴出源によらず岩系ごとほぼ一貫した組成特性を示す.このことは火口群のマグマ供給系は約7千年間基本的に不変であり,ここから上昇したマグマが岩脈として側方に広がって,噴火ごとに噴出地点が異なったことを示唆している.
短報
  • 萬年 一剛, 小林 淳, 山下 浩之, 古澤 明
    2005 年 111 巻 2 号 p. 111-114
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/06/10
    ジャーナル フリー
    The Sengen-yama hills, located at Yamakita town, Kanagawa Prefecture, Japan, represent the upthrown block along the E-W trending Hinata fault. The roughly 5-km long Hinata thrust fault is a segment of a long bell-shaped splay of faults (the Tanna, Hirayama, Hinata and Kozu-Matsuda faults) developed at the collision zone of Honshu island and Izu-Mariana arc. We found old fluvial gravel deposits and an overlying pumice fall deposit near the top of the hills. The pumice fall deposit is identified to be the Fuji-Yoshioka tephra (F-YP; 70-80 ka) on the basis of phenocryst assemblages, refractive index of the heavy minerals and facies association. Based on geology and tephra correlation, the onset of emplacement of the Sengen-yama hills is determined to be 70-80ka. According to previous studies, the initiation of the faults occurred about 100 ka. Close spatial correlation and close onset ages of these faults suggest that they were formed and developed in the same tectonic regime.
ノート
  • 小林 伸治, 釘宮 康郎, 伊藤 弘志, 石川 賢一
    2005 年 111 巻 2 号 p. 115-119
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/06/10
    ジャーナル フリー
    SeleMo-Calc is a GUI (Graphic User Interface) computer program developed for estimating the proportions of melting and fractionating minerals during magmatic processes, and to reveal detailed modal composition of rocks. The SeleMo-Calc provides the calculated result including petrographic information. Inclusion in alkali basalt from Oki-Dogo island is used to illustrate the method of calculation. The calculated mineral proportions are all positive values, indicating realisticmodal composition for the inclusion. Furthermore, application to fractional crystallization from shoshonite magma to trachyte magma is reported in this paper. The calculated bulk distribution coefficients of Yttrium for fractionated mineral assemblage indicate possible range in the magma process.
口絵
エラータ
feedback
Top