日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
57 巻 , 5 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
原著
  • 杉本 澄美玲, 若狹 朋子, 浦 雅彦, 福森 恭代, 森 真俊, 太田 善夫, 中村 雅子, 金山 清二
    2018 年 57 巻 5 号 p. 245-250
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/07
    ジャーナル 認証あり

    目的 : AGC は, 腺癌や内頸部上皮内癌の判定にはいたらない異型腺細胞であり, 臨床においては診断に苦慮することも多い. 今回, 当施設で AGC と判定された症例の転帰を後方視的に検討した.

    方法 : 2011 年 1 月~2015 年 12 月までに当施設で AGC と判定された症例について, 組織学的転帰や臨床背景を比較検討した.

    成績 : AGC は計 31 例 (0.16%) で, AGC-NOS が 22 例, AGC-FN が 9 例であった. 良性の経過は 19 例 (61.3%, AGC-NOS/AGC-FN : 17 例/2 例) で, そのうち CIN1 は 2 例 (6.5%, 2 例/0 例) であった. 悪性の経過は 12 例 (38.7%, 5 例/7 例) あり, 扁平上皮癌が 1 例 (3.2%, 0 例/1 例), AIS が 2 例 (6.5%, 0 例/2 例), 子宮頸部腺癌が 3 例 (9.7%, 2 例/1 例), 子宮体癌が 3 例 (9.7%, 1 例/2 例), 他臓器癌の転移が 3 例 (9.7%, 2 例/1 例) であった.

    結論 : AGC には悪性病変が約 40%という高頻度で検出された. AGC の判定後は, 悪性疾患の可能性を念頭に置いた精密検査と慎重な follow up を要する.

  • 下代 清香, 渡邊 壽美子, 加来 恒壽, 桑岡 勲, 杉島 節夫, 大屋 正文
    2018 年 57 巻 5 号 p. 251-258
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/07
    ジャーナル 認証あり

    目的 : HR-HPV 感染に特徴的な細胞像の確立を目的とした.

    方法 : 対象は HR-HPV 検査を併用した子宮頸部細胞診で ASC-US または LSIL と診断された, HR-HPV (+) 30 例, HR-HPV (−) 24 例の計 54 例とした. 標本中の多核細胞の核圧排像と koilocyte をカウントし, 画像解析ソフトを用いて核クロマチンの染色性と分布を評価した.

    成績 : 二核細胞核圧排型は, HR-HPV (+) 群で有意に多くみられた. 二核細胞非核圧排型, 多核細胞, koilocyte の出現数に有意差はみられなかった. 核クロマチンについて, 染色性に有意差はみられなかったが, HR-HPV (+) 群で核辺縁が濃染する傾向がみられた.

    結論 : HR-HPV 感染と, 1) 核圧排型二核細胞の出現, 2) RD 値における核クロマチン辺縁型の出現との関連性が示唆された.

症例
  • 小原 勇貴, 萩生田 美穂, 清水 道弘, 吉田 幸司, 笹生 俊一
    2018 年 57 巻 5 号 p. 259-266
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/07
    ジャーナル 認証あり

    背景 : 胆汁細胞診に肝細胞癌と膵癌の 2 種類の癌細胞を認め, 剖検にて肝細胞癌と膵上皮内癌を確認した重複癌の症例を経験した.

    症例 : 63 歳, 男性. HCV (+). 56 歳時に肝細胞癌にて肝部分切除術を受けた. CT 検査で左肝内胆管の拡張を認め, ERCP を施行. その後胆汁細胞診が計 5 回行われた.

    1 回目の胆汁細胞診は陰性と報告したが再鏡検で肝細胞癌細胞の存在を確認した. 癌細胞は結合性の緩い集塊または散在性を示した. 癌細胞は大型, 淡明で広い泡沫状細胞質内に好酸性顆粒を有し, 核は小型円形であった. 免疫細胞化学染色で Hepatocyte (+), CK 7 (−) を示した. 2~4 回目の胆汁細胞診は陰性であった. 5 回目の胆汁細胞診では腺癌を疑う細胞集塊を少数認めた. その細胞は小型~中型で, ライトグリーンに染まる乏しい細胞質を有していた. 核形は不整であり, クロマチンは不均等に増量していた. これらは, Hepatocyte (−), CK 7 (+) であった.

    肝腫瘍生検と胆管擦過細胞診を施行, 肝細胞癌と診断された. 肝不全が進行して死亡, 剖検が行われた. 肝腫瘍は肝細胞癌で, 膵臓に膵上皮内癌を認めた.

    結論 : 胆汁細胞診において肝細胞癌と膵癌の 2 種類の癌細胞を認めたまれな 1 例であった.

短報
feedback
Top