耳鼻咽喉科展望
Online ISSN : 1883-6429
Print ISSN : 0386-9687
ISSN-L : 0386-9687
18 巻 , Supplement4 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
  • 特にメニエール病を中心として
    長谷部 良子
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 347-386,341
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    メニエール病の診断基準の一つとして必要な内耳性難聴の存在は, 補充現象の有無が, その存在を裏付けるものとして重要であるが, 補充現象の検査法であるFowlerのBalance Testは, 実施上困難な症例もあり, また判定も必ずしも容易でない。このことは, 臨床上メニエール病の確定診断の上で隘路となつている。本研究の目的は, FowlerのBalance Testに代り得る検査法あるいは, 補助診断法について検討することを目的としたもので, すでに間接的に補充現象の検査として知られているBekesy Audiometrieにおける振幅縮少, SISI Test (short increment sensitivity index Test), MCL (most comfortable loudness level), UCL (uncomfortable loudness levl) の諸検査法について評価ならびに基準としての検査法にくみ入れる妥当性を検討することにある。
    研究対象は, めまいを主訴として来院した患者のうち, 各種の閾値上聴力検査を行いえた85症例および対照として正常者20名, めまいの伴わない両側内耳性難聴者7名の合計112症例である。
    また, 神経耳科学的検査は, 末梢迷路性障害か, 後迷路障害かの鑑別に重点をおいて実施した。
    以上の諸検査の結果を検討した結果, 各閾値上聴力検査のうち, 補充現象の検出率の最も高いものは, SISITestであつた。MCL, UCLの検査成績は, SISI Testに次ぐ検出率を示したが, 補充現象の陽性陰性の境界が不明瞭で判定上信頼性に劣るが, 補助的診断としては価値を認める。またBekesy Audiometrieによる振幅縮少は, 上述の2つの検査に比べて信頼性は高いが, 検出率の点で劣つていた。
    メニエール病を対象とした場合は, 他の診断基準を充たしている場合, SISI Test, BekesyAudiometrieのいずれかが陽性であれば, 単独でBalanceTestに代用しうる。しかし補充現象を確実に診断するためには, 少くとも2種類以上の検査で判定を下すのが望ましい。
    なお, 補充現象の精度としては, Balance Test, Bekesy Audiometrieによる振幅縮少, 次いでSISITestという順序になる。
  • 石塚 洋一
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 387-392,342
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/09/13
    ジャーナル フリー
    Many reports have been published on the relation between the nose and the pulmonary function. But the reported changes of pulmonary resistance which are caused by nasal mucosal irritation do not always agree with each other.
    The results of experiments seem to be strongly influenced by the condition of the laryngopharyngeal region.
    The present study is a part of our investigation to answer these questions, in which a dynamic method was used to investigate the influence of nasal irritation on the pulmonary resistance. Tamponade of both nasal cavities after submucous resection for deviation of the nasal septum was used as the mechanical and persistent stimulus, and measurements of pulmonary resistance were taken under forced oral respiration.
    The results were compared with preoperative values of pulmonary resistance measured under normal oral respiration.
    In the present study, pulmonary resistance was seen to increase in general with oral respiration during nasal packing but individual measurements varied, some showing increases and others decreases in resistance. Reasons for such variations are discussed in this paper.
  • 長船 宏隆
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 393-412,342
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    Reported in the present paper are the results of radiographical studies on the healing patterns of the paranasal sinuses among adult subjects who underwent radical sinusectomy in their childhood and, at present, manifest no subjective symptoms of the operated sinuses.
    The effect of paranasal sinusectomy done in childhood upon the later development of the sinuses was evaluated by radiographical findings, particulaly, concerning granulation vegetation patterns of the operated sinuses, development of the facial bones and of the sinus cavities and growth of the teeth.
    A. Changes in maxillary sinuses
    1. The healing patterns of thebmaxillary sinus after operation could be divided into 1) those sinuses with cavity formation maintaining an open communication between the fontanelle and nasoantral window, 2) those with no communication between the two due to granulation obliteration, 3) those with complete obliteration of the sinus by granulation tissue, and 4) those with formation of postoperative cyst in the sinus.
    2. A tendency was noted for a depressed development of the sinus toward the infero-lateral direction and for lateralization of the lateral nasal wall of the lower nasal meatus.
    3. Some relation was noted between the pattern of granulation in the sinus or depression of the facial bone and of the sinus and the shape of the preoperative sinus cavity or period elapsed after operation.
    4. No appreciable effect upon the growth of the teeth was noted after operations.
    B. Changes in the ethmoid cells.
    1. Healing with cavity formation, with a variable extents of granulation formation, is the rule of postoperative changes of the ethmoid cells.
    The size of the ethmoid cells and degree of local pathology might have affected the amount of granulation proliferation.
    2. The surgical insult to the maxillary sinus. did not produce any effect on the lateral sinus wall.
    3. No effect was noted on the formation of the recessus lateralis.
  • 湯田 美知子, 山本 昌彦, 佐藤 敏彦, 木山 博夫, 石塚 洋一
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 413-417
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 長尾 まゆみ, 長船 宏隆, 荒木 弘子, 平山 玖美子, 梅沢 美和子, 岡田 諄
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 419-422
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 山本 畠彦, 長尾 まゆみ, 小島 幸枝, 石塚 洋一, 鵜木 秀太郎, 岡田 諄, 関 和夫
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 423-427
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 免疫グロブリンIgEを中心に
    木山 博夫, 岡田 淳, 佐竹 敬一, 湯田 美知子, 増田 康一
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 429-442
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 佐竹 敬一, 岡田 諄, 鵜木 秀太郎, 山口 治, 小島 幸枝, 高須 昭彦
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 443-446
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 第2報
    木山 博夫, 岡田 諄, 臼井 信郎, 山口 治, 佐竹 敬一, 湯田 美知子
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 447-454
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 大下 冨美代, 長谷部 良子, 森下 明美
    1975 年 18 巻 Supplement4 号 p. 455-466
    発行日: 1975/12/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top