耳鼻咽喉科展望
Online ISSN : 1883-6429
Print ISSN : 0386-9687
ISSN-L : 0386-9687
34 巻 , Supplement7 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • カルボシステインの臨床評価
    豊田 務, 大角 隆男, 石丸 正, 谷内 信幸
    1991 年 34 巻 Supplement7 号 p. 555-563
    発行日: 1991/10/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    1988年10月より1989年9月までの間に厚生連高岡病院耳鼻咽喉科外来を受診した慢性副鼻腔炎患者を対象としてS-CMC (Mucodyne ®) を1日1500mg4週間連続投与し, その薬剤有効性を検討した。患者の年齢は12歳より79歳までの男性10例, 女性34例の計44例である。
    ただし副鼻腔炎手術施行例, 重症例, 妊婦は対象より除外した。
    1) 自覚症状の改善度では軽度改善以上は88.4%で, 鼻のかみやすさが81.8%と最も良好な改善を示した。
    2) 他覚所見の改善度では軽度改善以上が54.5%で, 鼻汁の量が72.1%と最も良好な改善を示した。
    3) X線所見の改善度では上顎洞陰影の軽度改善以上は52.3%, 鯖骨洞陰影の軽度改善以上は23.3%を示した。
    4) 全般的改善度では中等度改善以上は20.5%, 軽度改善以上は90.9%であった。
    5) 有用性ではかなり有用以上は31.8%, やや有用以上は90.9%であった。
    6) 副作用は全例に認めなかった。
    以上の成績よりS-CMCは慢性副鼻腔炎の薬物療法として有用な薬剤であると考える。
  • 鳥取大学耳鼻咽喉科学教室関連11施設での検討
    鈴木 健男, 生駒 尚秋, 竹内 裕美, 藤田 和寿, 神崎 裕士, 中元 雅典, 太田原 舜一, 北村 幸郷, 麻木 宏栄, 愼野 博規, ...
    1991 年 34 巻 Supplement7 号 p. 565-573
    発行日: 1991/10/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    慢性化膿性中耳炎, 真珠腫性中耳炎および耳手術創の感染例, 107例にオフロキサシン (OFLX, タリビッド ®) を投与し臨床的有用性を検討した。全例1日600mg投与で, 判定までの投与日数は7日から14日 (平均7.6±1.5日) であった。
    自他覚所見の改善率は耳痛100.0%, 耳閉感66.7%, 耳漏67.6%, 粘膜の発赤59.3%, 腫脹64.3%, 分泌物量68.8%, 分泌物の性状56.1%であった。自他覚所見を中心にみた菌の消失率1は34.6%であった。
    全般改善度では, 改善以上の改善率は60.7%, やや改善以上の改善率は79.4%であった。有用度では, 有用以上は63.2%, やや有用以上は79.2%であった。軽度の副作用は3例 (2.7%) にみられたが, 継続投与が可能であった。
    タリビッド ® 錠は慢性中耳炎, 真珠腫性中耳炎および耳手術創の感染例に対し, 良好な効果が期待でき, 安全に投与しうる薬剤と考えられた。
  • 関東地区多施設open trialの結果
    洲崎 春海, 野村 恭也, 水野 正浩, 川端 五十鈴, 田部 浩生, 宮川 晃一, 坪井 洋, 鳥山 稔, 飯野 ゆき子, 中井 淳仁, ...
    1991 年 34 巻 Supplement7 号 p. 575-581
    発行日: 1991/10/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    12歳以上のスギ花粉症患者118例 (男55例, 女63例) にトラニラスト (リザベン ®) を投与し, 予防効果と治療効果について比較, 検討した。投与方法はトラニラストとして1日300mgを原則としてスギ花粉飛散 (20個/cm2/日以上の飛散) の2週間以前から投与し (予防投与), 飛散後4週間継続投与した (治療投与)。改善度判定は,「効果あり」以上は予防投与群32例 (57%), 治療投与群28例 (45%) で,「やや効果あり」以上は予防投与群42例 (75%), 治療投与群49例 (79%) であった。花粉飛散初期において鼻症状, 鼻鏡所見, 眼症状のいずれの程度も治療投与群に比べて予防投与群の方が有意に改善しており, 自覚症状, 他覚所見のいずれもトラニラストの予防効果が認められた。治療投与群においてはくしゃみ, 鼻汁, 鼻鏡所見, 眼のかゆみの程度が投与終了時に有意に改善した。副作用は予防投与群4例 (7.1%) 治療投与群5例 (8.1%) にみられたがいずれも投与中または投与中止により軽快した。以上より, トラニラストの予防投与は有用でかつ合理的な治療法と考えられる。また, 治療投与も有用であることが確認された
  • 北奥 恵之, 和久田 幸之助, 太田 和博, 柏木 令子, 藤田 信哉, 鶴田 至宏, 家根 旦有, 上田 隆志, 鈴村 滋生, 喜多野 郁 ...
    1991 年 34 巻 Supplement7 号 p. 583-593
    発行日: 1991/10/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    アンレキサノクス点鼻液をアレルギー性鼻炎37例 (通年性13例, 季節性24例) に原則として4週間投与した。
    全般改善度は全体で改善以上43.2%, やや改善以上89.2%, 通年性ではそれぞれ15.4%, 92.3%, 季節性では58.3%, 87.5%となった。通年性での改善以上が低率であったのは, 重症例が少なかったためと2週目で最終判定した例も含まれていたためと考えた。
    症状別ではくしゃみ発作, 鼻汁, 分泌量に効果が高かった。
    副作用は1例に咽頭不快感があったが, 投与継続により軽快した。
    有用度は有用以上43.2%, やや有用以上89.1%となった。
    以上より, アンレキサノクス点鼻液はアレルギー性鼻炎に有用な薬剤であると思われた。
  • 鼻アレルギー患者を対象として
    荻野 敏, 別所 佳代子, 入船 盛弘, 原田 保, 松永 亨, 鵜飼 幸太郎, 原田 泉, 坂倉 康夫, 横山 道明, 榎本 雅夫
    1991 年 34 巻 Supplement7 号 p. 595-608
    発行日: 1991/10/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    133名の鼻アレルギー患者を対象に, 同時に35項目のアレルゲン特異的IgE抗体が測定司能なMASTシステムを用い, 臨床的有用性について検討した。陽性率としては, スギが最も高く56%, 次いでダニ, HD, イネ科の順であり, ネコ11%, 食物抗原は数%以下であった。
    ほとんどの抗原でMASTはRASTと極めてよい相関が認められ, 皮内テストとでは, 感度はやや劣ったが, 相関も良く, 一致率も高かった。しかし, 誘発テストとは満足のいく成績は得られなかった。
    MASTは, 抗原の特異性などにさらに検討すべき点はあるが, 操作も容易であり, 特殊な施設を必要とせず, 1回の採血で多抗原を同時に測定できるなど, RASTにとって変わり得るアレルゲンのスクリーニング法として有用な検査法になると思われた。
feedback
Top