日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
51 巻 , 12 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • 新田 孝作, 政金 生人, 花房 規男, 谷口 正智, 長谷川 毅, 中井 滋, 後藤 俊介, 和田 篤志, 濱野 高行, 星野 純一, 常 ...
    2018 年 51 巻 12 号 p. 699-766
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/12/25
    ジャーナル 認証あり

    日本透析医学会統計調査 (JSDT Renal Data Registry: JRDR) の2017年末時点における年次調査は, 4,413施設を対象に実施され, 施設調査票に関しては4,360施設 (98.8%), 患者調査票に関しては4,188施設 (94.9%) から回答を得た. 匿名化方法を強化して3年目の調査であったが, 施設調査票, 患者調査票とも回収率はほぼ例年通りであった. わが国の透析患者数は年々増加し続け, 2017年末の施設調査結果による透析患者数は334,505人に達し, 人口百万人あたりの患者数は2,640人であった. 患者調査結果による平均年齢は68.43歳で, 最も多い原疾患は糖尿病性腎症 (39.0%), 次いで慢性糸球体腎炎 (27.8%), 第3位は腎硬化症であった (10.3%). 経年的にみると, 糖尿病性腎症および腎硬化症が増加し, 慢性糸球体腎炎は減少している. 2017年の施設調査結果による透析導入患者数は40,959人であり, 2008年以降概ね大きな変動なく推移している. 患者調査結果による透析導入患者の平均年齢は69.68歳であり, 原疾患では糖尿病性腎症が最も多かった (42.5%). 糖尿病性腎症による年間導入数は横ばいで推移している. 一方, 2017年の施設調査結果による年間死亡患者数は32,532人であり, 年間粗死亡率は9.8%であった. 2012年の診療報酬改定以降, 血液透析濾過 (HDF) 患者数は急増しており2017年末には95,140人に達した. これは2016年末と比較して18,304人増加した. 腹膜透析 (PD) 患者数は9,090人であり2016年よりも増加している. 腹膜透析患者のうち19.4%は血液透析 (HD) やHDFとの併用療法であった. 2016年末の在宅HD患者は684人であり, 2016年末から49人増加した.

日本透析医学会学術委員会「Dialysis therapy, 2017 year in review」より
feedback
Top