The Japanese Journal of Antibiotics
Online ISSN : 2186-5477
Print ISSN : 0368-2781
ISSN-L : 0368-2781
74 巻, 4 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
総説
  • 賀来 敬仁
    2021 年 74 巻 4 号 p. 227-237
    発行日: 2021/12/25
    公開日: 2024/06/13
    ジャーナル フリー

    メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は,日本で最も検出されている薬剤耐性菌である。MRSAは皮膚や鼻腔内に常在菌として存在することがあり,免疫機能が低下した患者では肺炎や血流感染症などの重症感染症を引き起こす。MRSAは血流感染症の原因菌として最も検出される薬剤耐性菌であるが,感染制御や抗菌薬適性使用の推進によって検出率は低下傾向である。一方で,医療機関だけでなく市中でも伝播する市中関連MRSA(CA-MRSA)が出現し,10年以上前から世界的な問題となっている。北米を中心とした海外では,panton valentine leukocidin(PVL)を産生して壊死性肺炎などの重症な病態を引き起こすUSA-300がCA-MRSAとして問題になっているが,日本ではPVL陽性CA-MRSAの割合は少ない。また,CA-MRSAはβラクタム系以外の抗菌薬に感性を示すという従来の医療関連型MRSA(HA-MRSA)とは異なる特徴がある。MRSA血流感染症は死亡率の高い感染症であり,CA-MRSAによる血流感染症では感性を示す抗菌薬と抗MRSA薬の併用療法が治療の選択肢になる可能性がある。ただし,抗菌薬の適正使用という観点からは,抗MRSA薬に併用する薬剤が検出されたMRSAに感性を示すことを確認してから使用することが望ましい。現在では,質量分析(MALDI-TOF/MS)や全自動遺伝子検査機器を使用することで,従来法である培養検査よりも迅速にMRSAを同定することが可能となっているが,CA-MRSAが感性を示す薬剤に対する耐性の有無までは検出できないという問題点がある。近年では次世代シーケンサー(NGS)の登場によって,以前よりも迅速かつ簡便にwhole-genome sequencing(WGS)を実施することが可能になった。WGSのデータを使用すれば,網羅的な薬剤耐性遺伝子の検出だけでなく遺伝子タイプの同定や病原遺伝子の同定など多くの情報を得られるため,CA-MRSA血流感染症では有用な微生物検査になると考えられる。一方で,現時点ではルーチンの微生物検査として実施するには多くの課題があり,WGSによるMRSA血流感染症の治療薬確立のために向けて,WGSによる薬剤耐性遺伝子の検出および薬剤感受性試験との比較などさまざまな検証を行うことが重要である。

原著
  • 小山 貴彦, 黄 錦鴻, 坂倉 和明
    2021 年 74 巻 4 号 p. 238-249
    発行日: 2021/12/25
    公開日: 2024/06/13
    ジャーナル フリー

    In June 2015, febrile neutropenia was approved as an additional indication for tazobactam/piperacillin (ZOSYN®).A special drug use-results survey was performed between February 2016 and February 2019 to investigate the clinical safety and efficacy of this drug in patients with febrile neutropenia who had non-hematopoietic malignant tumors. A total of 220 patients from 101 institutions nationwide who were at least 15 years old at the beginning of administration were enrolled in the study, and safety and efficacy assessments were performed on 201 and 199 patients, respectively.

    Among the 201 patients, adverse drug reactions (ADRs) were found in 19 patients (19 cases), with an incidence rate of ADRs being 9.5% (19/201 patients).ADRs occurring in two or more patients included diarrhea (8 patients, 4.0%) and blood creatinine increased (2 patients, 1.0%).Lung disorder as a serious ADR was found in one patient. All other ADRs were non- serious. Grade 3 ADRs included hypertension (one patient), lung disorder (one patient), and transaminase increased (one patient);all other ADRs were of Grade 2 or less. Hypertension as an ADR not expected from the “Precautions” section of the package insert occurred in one patient. All cases of ADRs recovered or improved.

    There were no ADRs specific to patients with febrile neutropenia who had non- hematopoietic malignant tumors in comparison to those reported in the previous clinical studies, including a clinical study on ZOSYN® performed prior to approval of febrile neutropenia as an additional indication for this drug and a special drug use-results survey of patients with previously approved indications. Thus, no new safety concerns were identified.

    Among the 185 patients in whom the clinical efficacy was assessed, the response rate was 95.7% (177/185 patients), which was consistent with the results of previous clinical studies and special drug use-results surveys.

    This study revealed the favorable safety and efficacy of ZOSYN® in patients with febrile neutropenia who had non-hematopoietic malignant tumors, indicating that the drug is a useful empiric treatment for febrile neutropenia, as is recommended by Practical Guideline of Febrile Neutropenia.

feedback
Top