日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
85 巻 , 1 号
Remark on 100th of JJP Series 9
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
追悼文
総説
原著
  • 佐藤 衛, 福田 直子
    2019 年 85 巻 1 号 p. 18-24
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/03/26
    ジャーナル 認証あり

    トルコギキョウの水耕栽培の安定生産を目的とし,立枯病の発生を抑え,なおかつ栽培終了時において,処理した薬剤の養液内における薬効成分が不検出となる施用方法の検討・試験を行った.その結果,ベノミル水和剤の500倍または1000倍液を200穴セルトレイ1枚当たり500 ml灌注後,翌日にトルコギキョウを定植することにより,立枯病の発生を抑制することが可能となり,なおかつ栽培終了時の養液において,薬効成分およびその分解産物が不検出となった.同様の試験を2カ年に渡り実施した結果,同様の病害防除効果が得られ,薬効成分およびその分解産物が不検出となり,ベノミル水和剤処理が養液栽培におけるトルコギキョウ立枯病の防除に有用であることが明らかとなった.

病害短信
  • 山城 麻希, 新崎 千江美, 澤岻 哲也, 大城 篤, 安次富 厚, 竹内 誠人, 諸見里 知絵, 青木 孝之
    2019 年 85 巻 1 号 p. 25-29
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/03/26
    ジャーナル 認証あり

    Fruitlet core rot of pineapple (Ananas comosus) has been found in Okinawa Prefecture, Japan since a few decades ago. A fungus frequently isolated from the diseased fruits was identified as Fusarium ananatum based on morphological and cultural characteristics and molecular analyses of EF-1α,β-tubulin and histone H3 DNA sequences. The isolates reproduced the symptoms on pineapple fruits after inoculation using toothpicks and were reisolated from the inoculated symptomatic fruits. This is the first report of fruitlet core rot of pineapple caused by F. ananatum in Japan, and we propose the Japanese name “shoka-fuhai-byo” of pineapple.

学会誌創刊100周年記念企画
平成30年度地域部会講演要旨
feedback
Top