日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
19 巻 , 1-2 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
  • 山本 和太郎
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 1-5
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    The sooty mould fungi of the subfamily Eucapnodieae occurring on the various plants associated with scale insects, aphides or the larvae of white flies in Formosa were collected by the present author. Since various spore forms often appeared on each colony of these fungi by contamination of other fungi, whether these spore forms in the perfect and imperfect stages of each species of these fungi belonged to the same species or not were determinated by the results of studies made on the cultures originated from single spore isolations. The diagnoses in both stages of these fungi, i.e. Copnodium Walteri Sacc., Scorias cylindrica Yam., Chaetoscorias vulgare Yam. and Capnophaeum fuliginodes (Rehm) Yam. are described in the present paper. Among them, three species being new to science the diagnoses of them are described in Latin as follows.
    Scorias communis sp. nov. Figs. 11-16.
    Pycnidiis gregariis, microxyphio-formibus longissime stipitatis, totaliter longitudine 308-1148μ longis; stipitibus synnematioideis, rectis vel leniter curvatis, raro superiore dichotomice ramosis, atris, opacis, 224-896μ longis, ad basim 23-46μ crassis, apice inflatis et pycnidiis ornatis; pycnidiis propiis ellipsoideis vel elongato-ellipsoideis, longiore rostratis, apicem versus attenuatis, atro-brunneis vel atris, opacis sed superiore pallide brunneis apice ostiolatis et hyalino-fimbriatis, partis pycnidiis 89-126μ longis et 30-69μ crassis, partis rostriformibus 70-168μ longis; pycnidiosporis ellipsoideis vel oblongis, continuis, hyalinis, 4-5.5×2-2.5μ; peritheciis sparsis vel subgregariis, piriformibus vel subglobosis, plus minusve stipitatis, apice plus minusve papillatis et indiskincte ostiolatis, glabris, coriaceis, mucilaginis, atris, 112-154μ altis, 93-133μ crassis, stipitibus 18-55μ altis et 48-53μ crassis; ascis clavatis, elongate-ellipsoideis vel clavato-cylindricis, apice late rotundatis et incrassatis, 4-8-sporis, aparaphysatis, 41-64×14-19μ; sporidiis elongato-obovoideis, apice rotundatis, ad basim obtusis, 2-5 (plerumque 3-4)-septatis, e hyalino dilute olivaceis, 17-28×4.5μ.
    Hab. in foliis Coffeae libericae, etc., Formosa.
    Scorias cylindrica sp. nov. Figs. 23-26.
    Pycnidiis gregariis, cylindricis, rarissime dichotomice ramosis, rectis vel leniter curvatis, apicem versus non vel vix attenuatis, apice ostiolatis et non fimbriatis, atris, opacis sed ad apicem pallidioribus, 250-700μ longis, ad basim 16-32μ crassis; pvcnidiosporis ellipsoideis vel oblongis, continuis, hvalinis, 3.5-4.5×1-1.8μ; peritheciis sparsis, ellipsoideis vel ovoideis, plus minusve stipitatis, apice indistincte ostiolatis, glabris, coriaceis, muciiaginis, atris 84-126μ altis, 70-90μ crassis; stipitibus 28-112μ altis et 25-35μ crassis; ascis obovoideis vel clavatis, apice late rotundatis et incrassatis, 4-8-sporis, 23-39×9-11.5μ; sporidiis elongato-obovoideis, ad basim leniter attenuatis et obtusis, apice rotundatis vel obtusis, 2-3-septatis, e hyalino dilutissime olivaceis, 9-14×3-4.5μ.
    Hab. in foliis Gardeniae angustae var ovalifoliae, etc., Formosa.
    Chaetoscorias vulgare sp. nov. Figs. 17-22.
    Pycnidiis gregariis, longissime stipitatis; stipitibus, synnematioideis, rectis vel plus minus curvatis, apicem versus attenuatis, raro superiors dichotomice ramosis, atro-brunneis vel atris, opacis, 140-1064μ longis, ad basim 25-69μ crassis, apice abrupte inflatis et pycnidiis ornatis; pycnidiis propiis ellipsoideis vel elongato-ellipsoiedeis, apice ostiolatis et hyalino-fimbriatis, 56-112×25-46μ; pycnidiosporis ellipsoideis vel oblongis, continuis, hyalinis, 3-6×1.5-3μ; peritheciis sub-gregariis vel sparsis subglobosis, apice plus minusve papillatis et indistincte ostiolatis, non vel plus minus tipitatis, superiors 1-8-setosis, coriaceis, mucilaginis, atris,
  • 松浦 義
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 6-10
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) was seeded at various rates and on different dates, to study the relation between the microclimate in the tuft and the development of the Sclerotinia rot.
    In the sunny daytime, the air temperature within the tuft of milk vetch, especially in the plots of thick stands, was lower than in the temperature screen. While, in the daytime with heavy cloud or at night, the temperature within the vetch tuft was higher than in the temperature screen, in proportion to the density of the stand.
    The temperature of the soil at 1cm depth showed the same tendency of fluctuation with the temperature in the tuft. Accordingly the extreme differences of air and soil temperatures by day and night was least in the tuft of the thickest stand.
    The air humidity in the tuft was higher than in the temperature screen and was highest in the plot of thick stand. The quantity of dew formed at night on the plants per unit area was greater in the plot of thick stand than in the thin stand, but vice versa when calculated on the basis of individual plant.
    The incidence of Sclerotinia rot was high in the plot of thick stand of milk vetch. It may be explained by the microclimatical difference above described.
  • 赤井 重恭, 安盛 博
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 11-14
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    1. 本実験に於てはAzo色素が稲胡麻葉枯病菌の代謝に及ぼす影響を観察した。
    2. 色素 (congored 及び chlysoidin) を添加した液体培養基に於て, 色素濃度が低い場合には菌糸発育は寧ろ標準区に比較して良好となるが, 夫に伴つて glucose 及び nitrate の吸収も亦増加する。然るに高濃度添加の場合には菌糸の発育は低下し, glucse 及び nitrate の消費も亦標準区に比して悪い。而してこれ等 glucose 及び nitrate の消費効果は高濃度添加程悪い。即ち1gの菌体を得るのに, 多量の栄養物質を消費している。
    3. 供試菌菌糸の呼吸作用, 即ち呼吸率QCO2は色素を高濃度に添加した場合に高くなる。
    4. Azo色素を含んだ培養基上の胡麻葉枯病菌分生胞子の水稲侵害力は標準区に比して減退する。
  • 赤井 重恭
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 15-17
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    1. 本実験に於ては5月中, 下旬野外で採集した小麦赤銹病菌夏胞子の低温に対する抵抗力に就いて2, 3の実験を行つた。
    2. 被害葉上の夏胞子を採集後1日目に, そのまま室温から-10°Cの冷蔵器に納めてその抵抗力を試験したが, 発芽力は冷蔵後1日で急激に減少し, 約60日後には殆んど発芽力を喪失した。
    3. 殺菌蒸溜水で懸濁した夏胞子を冷蔵した場合には, 胞子は凍結による影響によつて, 葉上の胞子の場合よりも稍々早く死滅するようであるが, 余り明かな差が得られなかつた。
    4. 被害葉をそのまま+4°Cに7日間保存した後, 凍結試験を行つたところ, その低温抵抗力は著しく増大した。
  • 小室 康雄, 明日山 秀文
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 18-24
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    1). 1950年東京世田谷で調査したキユウリ・モザイク病株はその葉に chlorotic spot, mosaic 等の病徴を示すが, 果実には明瞭なモザイク症状を現わさず, また疣状突起を生ずることもなかつた。壊疽は葉柄, 葉片, 茎等を通じ全く観察されなかつた。
    2). 病原は汁液接種により容易に伝搬される他, モモアカアブラムシ, ワタアブラムシによつても伝搬可能である。ウリハムシによつては媒介されなかつた。ネナシカズラによる伝搬も陽性の結果を得たが種子伝染は実験の範囲内に於いては認められなかつた。
    3). 13科34種の植物に汁液接種を行つた所11科26種に感染し, 広い寄主範囲を持つバイラスであることを知つた。この中, キユウリ, メロン, ヒヤクニチソウ, タバコ, トマト, ホウレンソウ, トウモロコシ, ツユクサ等は何れも全身感染し, シロウリ, スイカ, ササゲ (黒種三尺), ソラマメ, エンドウ, ツルナ,ゴマ等は local lesion の病徴を示した。
    4). 本バイラスの物理的性質については3回実験したがその間に若干の差が認められた。それらを綜合すると, 病原性を保有する稀釈度, 耐熱度, 保存日数はそれぞれ1000∼5000倍, 10°, 1∼3日であつた。
    5). 寄主範囲, 病徴, 伝染方法, 物理的性質等を綜合し, 本バイラスは, いわゆる cucumber mosaic virus 即ち Smith の Cucumis virus 1, Holmes の Marmor cucumeris に該当するものと考える。
  • 吉井 甫, 富永 義一, 森岡 恒三
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 25-28
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    如何なる高等植物の葉の組織搾汁液中にタバコモザイクバイラスの活性を阻害する物質があるかを多くの植物の葉より搾汁を得て比較したところ, 活性阻害の大小は植物の種によつて異り, その属する科, 属には関係ないらしいことが明かとなつた。搾汁の性質にはふれるところはなかつたが, tannin を多量に有することの明かな植物のうちには阻害作用の顕著なものがあつた。即ち, ゲンノシヨウコ, チヤ, ツバキ, イスノキ, ザクロ, ニワトコ, サルスペリ, シマウリカエデ, タラノキ, トチノキ, ハリエンジ出などである。
  • 田杉 平司, 中屋 完, 鈴木 直治
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 29-32
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    (1) 小麦の立枯病罹病株小集団の子実収量は平均稈長の函数として表しうる。本調査 (農林26号) の場合, 収量をzg, 稈長をxcmとするとz=(-389.1+9.3x)g/1/3坪なる一次式で表わされた。この場合の稈長xはプロツト内で無作意に択んだ株の稈長の平均である。
    (2) 収量推定の指標としての平均稈長は毎10cm間隔の最高稈長を用いるよりは無作爲に択んだ株の稈長の方が適している。
    (3) 小麦農林26号について行つた本調査においては立枯病罹病状況は大体3段階に分けられ, 稈長, 子実収量, 千粒重の指数と肉眼的認定の間には次のような関係が認められた。第3群以下は収穫皆無と見てよいであろう。
    (4) 本調査では無と少との間ではつきりした収量の差が認められなかつたがこの点はより精密な調査を必要とするであろう。
  • 平田 正一
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 33-38
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    The present paper describes the experimental results on the amount of free auxin in normally growing plants compared with that of abnorml ones such as the virus-infected body and the various fungous galls caused by blister blight, rust, white rust or smut.
    The avena test was done by regular Went's method and its modified one: The tip of the coleoptile of oats was cut off at the place 2cm below from, the tip after 3 hours from the 1st cutting, and then the small agar piece was put on the cut head. The observation was done after 14 hours.
    The agar pieces containing free auxin was prepared as follows: The agar pieces are immersed into the pressed-out juice from the tissue, or else a tissue piece of definite volume is put on the agar plate. The results are briefly stated as follows:
    1. The amount of free auxin (examined, by the modified method and the pressed-out juice) tested with eleven fungous galls are given in Table 1. Usually in these galls the free auxin is contained in greater quantity than in the healthy tissues, and the upper part of leaf-blade contained free auxin in greater quantity than the lower part.
    2. According to the results obtained by the modified method, the free auxin in the tissues of nine galls formed on the stem and the leaf-blade are contained in greater quantity than that of the healthy ones (see Table 2), and the amount of free auxin in these experiments showed smaller figures than in the case with the pressed-out juices.
    3. The lateral migration of free auxin through the tissue in the fungous gall is possible, though the migrating quantity is smaller than in the case of vertical migration. Any growth-inhibiting substance is not found in the galls (see Table 3).
    4. In the experiments with the modified method, the amount of free auxin in the stem of virus-infected potato and radish shows smaller quantity than that of the healthy ones (see Table 4).
    5. The amount of free auxin (examined by the Went's method and the diffusion from the tissue) in the young stems of sweet potato infected with mosaic-virus shows smaller in quantity than that of healthy ones, and the culture test of the healthy stems also shows better growth (see Table 5-7).
    6. From the experimental results above mentioned, the writer considers that the relation between the abnormal growth (hypertrophy or dwarfing) caused by the fungi or the virus correlates proportionally with the amount of contained free auxin n the tissues.
  • 権藤 道夫
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 39-40
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    (1) N. glutinosa に対し, α-ナフタレン酷酸20000倍稀釈液撒布後, バイラス汁接種迄の時間的経過が, necrotic spot の発現に及ぼす影響を調査した。その結果, 植物ホルモン撒布後96時間迄は抑制効果が認められた。
    (2) 植物ホルモンの抑制効果の原因を究明する為に, 植物ホルモン撒布葉並に無撒布葉について撒布後の時間的経過と植物体内のカタラーゼ作用の変化を調査した。その結果, 植物ホルモン撒布葉においては, 無撒布葉に比し, カタラーゼ作用が大であることを認めた。
    (3) 以上の結果より, 植物ホルモンのバイラス抑制効果は, 植物ホルモン撒布によるカタラーゼ作用の増大がその一要因であると推定される。
  • 糸井 節美
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 41-44
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    1. 本報文に於ては, 高圧蒸気殺菌が酸並にアルカリで補正した液体培養基のpHの変化に及ぼす影響と, その後の菌の発育との関係, 並に同様に補正した modified Czapek-Dox medium を放置した場合のpHの変化について記述した。
    2. 2% glucose 添加の馬鈴薯煎汁並に modified Czapek-Dox medium の高圧蒸気殺菌を行つたら, アルカリ側のものはいづれもそのpH価が5.8附近に低下した。次にこのほゞ同一のpH価を示す培養基に菌を値付け, 26∼27°Cのもとで10日間培養したら, 補正時のpHの高いものほど菌の発育は不良であつた。その原因の一部は培養基中の glucose の分解によるものと思われる。
    3. modified Czapek-Dox medium を放置すると, 培養基のpHはアルカリ側に於ては, 2日目既に著しい低下を生じたが, この変化は空気中の炭酸ガスを培養基中のアルカリが吸収する結果であると思われる。
    4. 以上の結果から培養基のpHはアルカリ側で非常に変化を受けやすいことが判るから, 別々に高圧殺菌する事, 殺菌後はすみやかに菌の植付けを行う事が必要である。
  • 中川 九一, 熊田 総一
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 45-52
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    (1) 福島県内では毎年黄サビ病の発生が見られるがその発生には地域性があり, 発生頻度の多いのは白河を中心とする地方である。
    (2) 白河地方に発生の多い理由は麦類の生育遅く, 小サビ病・赤サビ病の春の発生が遅い割合に黄サビ病は早く発生し, 且つ発病期の気温が比較的低温であること, 地理的に本病の早発地である関東地方に近接し, 而も5・6月は最多風向が南∼南西であること, 麦類も比較的罹病性品種と見られるものの分布が多いこと等があげられる。
    (3) 昭和28年には, 殊に白河地方では上記の様な条件が重複して多発生を見, 福島県としては珍らしい被害を生じたものと考へられるが, 本年の事情に加えるに更に著しい麦の生育遅延や発病期の低温が起つた時は, 本年以上の多発生も予測し得るものと思う。
  • 宮本 雄一, 河村 文夫
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 53-57
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    純化せるTMVにX線を照射し, それがこのバイラスの病原性及び抗元性に与える影響について研究した。バイラスの感染力は Nicotiana glutinosa への半葉法による接種試験で調べ, 抗元性のテストには沈降反応 (混合法) を用いた。
    X線照射によつて病原性を失つたバイラスは依然強い抗元性を有し, 照射線量の増加に伴つて抗元性が強くなる傾向が認められた。
    X線照射によるTMVの障害量と照射線量との間には指数函数的関係が成立する。従つて一方に活性バイラス残存率の対数をとり, 他方へ照射線量をとつて半対数グラフを作ると, TMVのX線による障害曲線は大体単純な直線となつた。従つてこれらの結果は ionizing radiation によるバイラスの不活性化は single ionization によるという説と一致する様に思われる。
    X線照射によるTMV障害曲線は照射時のTMV濃度が低いと, その傾斜はより急になつた。これらの曲線より得られたTMVの大凡の不活性化線量 (37%線量) は照射時のTMV濃度0.2%の場合は28×104r であり0.02%の時は2×104rであつた。
  • 吉村 彰治
    1954 年 19 巻 1-2 号 p. 58-60
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    For estimating the degree of damage of the rice plants affected with sheath blight (Hyp. Sasakii Shirai), following formula has been proposed.
    Degree of severity(%)=3n1+2n2+1n3+0n4/3N×100
    where, N=n1+n2+n3+n4: n1…number of stems having affected upper leafsheaths up to the top leaf: n2…number of stems having blighted upper leafsheaths except the top leafsheath: n3…number of stems having blighted leafsheaths except uppermost 2 leafsheath: n4…number of stems having the 4 uppermost leafsheaths healthy.
  • 1954 年 19 巻 1-2 号 p. 65-87
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
  • 1954 年 19 巻 1-2 号 p. 87-95
    発行日: 1954/12/30
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
feedback
Top