栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
21 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 鈴木 慎次郎, 手塚 朋通, 久我 達郎, 大島 寿美子, 寺田 喜巳男
    1963 年 21 巻 2 号 p. 29-31
    発行日: 1963年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    Seven kinds of trial margarines which were hardened by mixing corn oil with wholly hydrogenated tallow, monoglyceride and sorbitanmonostearate were taken 60g per day for a week by seven groups each group consisting of 4 girls.
    The seven kinds of the margarines were made from:
    No. 1. Corn oil 90% & wholly hydrogenated tallow 10%
    No. 2. Corn oil 80% & wholly hydrogenated tallow 20%
    No. 3. Corn oil 75% & wholly hydrogenated tallow 25%
    No. 4. Corn oil 90% & monoglyceride 10%
    No. 5. Corn oil 80% & monoglyceride 20%
    No. 6. Corn oil 75% & monoglyceride 25%
    No. 7. Corn oil 75% & sorbitanmonostearate 25%
    Results obtained showed that the serum cholesterol lowering effects of the margarines which contain monoglyceride and sorbitanmonostearate were much more than those of triglyceride.
  • 梶本 五郎
    1963 年 21 巻 2 号 p. 32-36
    発行日: 1963年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    1. 変敗油 (過酸化物価404) の毒性の解毒に, ピリドキシン, ナイアシン, リボフラビンおよびその等量混合物を250γ/白ネズミ体重50g当/dayずつ補充し, 生長阻止の防止効果を比較すると, ピリドキシン補充が最も生長阻止を防ぎ, 体重増加がいちじるしく, 次いでナイアシン, リボフラビン, 混合物補充の順であつた。
    2. たん白質20%, ピリドキシン補充量250γ/50g/dayとし, 変敗油の投与量を5%, 10%, 20%として, 体重増加の傾向をみると, 変敗油10%投与が最も体重の増加があり, 20%投与では飼育開始初期の成長は劣るが, 除々に体重増加を示した。
    3. 油脂量10%, ピリドキシン補充量を一定にし, たん白質の投与量を10%, 20%, 30%として体重増加の傾向を調べると, ピリドキシンを補充しなくとも, たん白質の投与量30%にすると, 変敗油による生長阻止を幾分防いでいるが, たん白質20%にピリドキシンを補充するほうが, さらに生長阻止を防ぎ, 体重の増加はいちじるしい。また, この投与量の場合, たん白質30%にピリドキシンを補充した試験群の体重増加と同一であつた。
    したがつて, 変敗油の解毒には, たん白質20%, 変敗油10%, ピリドキシン250γ/50g/dayの補充が最も望ましい。
  • 見目 明継, 岩尾 裕之
    1963 年 21 巻 2 号 p. 37-40
    発行日: 1963年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    Rats feeding districted diets of 15gm per day for weeks, which were same as previously discrived one, were fasted 24 hours prior to Co-60 gamma irradiation of 600 roentgens on whole-body, and followed by 12 hours' urine collection, during the period the rats were given only tapped water.
    Immediately after the collection period, the rats were killed by decapitation, and their livers were removed and weighed.
    Both the amount of nitrogen in the urine samples and fresh livers were measured by semimicrokjeldahl method. Allantoin content were also measured in urine samples by the method of young et al.
    The obtained results were shown in the tables, which demonstrate the following informations.
    1. Gamma ray irradiation caused the enlargement of the liver. The effect was remarkable in the rats feeding on low protein diet, but the nitrogen concentrations were almost same in all cases.
    2. Urinary total nitrogen and allantoin excretion incresed by the irradiation. The rate of the incresing, however, showed little difference between high and low protein diets.
  • 草間 正夫, 村上 ハルヨ, 城所 八千代
    1963 年 21 巻 2 号 p. 41-45
    発行日: 1963年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    夏まきホウレン草である豊葉, ニユーアジヤ, 新日本の生と茹でたものについて, 葉身と葉柄のシユウ酸含量を測定し, 品種間の差異を認めると共に, 茹でることによるそれらシユウ酸含量に及ぼす影響を比較検討した。
    1) ホウレン草の可食部の割合は, 生ホウレン草では90.3~92.3%, 茹ホウレン草では88.0~88.6%であり, 葉身と葉柄の量は反比例して品種間の差異を示している。また, 乾燥による歩止りは, 葉身, 葉柄とも, 茹でたものは生のものより少ない傾向を示した。
    2) 生ホウレン草のシユウ酸含量は, 葉身では1g当り9.085~13.915mg, 全量504.2~840.7mg, 葉柄では1g当り0.995~1.945mg, 全量は35.2~58.1mg, 葉身と葉柄の合計では1g当り5.938~9.953mg, 全量は539.4~898.3mgであつた。葉身のシユウ酸含量に対する葉柄のシユウ酸含量は, 単位重量当り11.0~14.0%, 全量では6.9~9.2%であつた。
    3) 茹ホウレン草のシユウ酸含量は, 葉身では1g当り5.134~6.511mg, 全量は315.7~415.1mg, 葉柄では1g当り0.464~0.501mg, 全量は11.3~14.2mg, 葉身と葉柄の合計では1g当り3.717~4.845mg, 全量は329.3~426.4mgであつた。また葉身のシユウ酸含量に対する葉柄のシユウ酸含量は, 単位重量当り7.1~9.8%, 全量では2.7~4.3%であつた。
    4) 茹でることによるシユウ酸の除去量は, 葉身では単位重量当り43.49~53.21%, 全量は37.39~50.62%, 葉柄では単位重量当り49.65~76.09%, 全量は61.36~80.55%, 葉身と葉柄の合計では37.40~51.32%であつた。
  • 1963 年 21 巻 2 号 p. 46
    発行日: 1963年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
  • 太幡 利一, 馬場 春夫, 福場 博保, 高居 百合子, 岩尾 裕之
    1963 年 21 巻 2 号 p. 47-53
    発行日: 1963年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
  • 太幡 利一, 馬場 春夫, 福場 博保, 高居 百合子, 岩尾 裕之
    1963 年 21 巻 2 号 p. 54-56
    発行日: 1963年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
feedback
Top