栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
38 巻 , 6 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 香川 靖雄, 西村 薫子, 佐東 準子, 所沢 和代, 村上 郁子, 岩田 弘, 太田 抜徳, 工藤 快訓, 武藤 信治, 手塚 統夫
    1980 年 38 巻 6 号 p. 283-294
    発行日: 1980/11/25
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    朝食の欠食は日周リズムを変え, これによって肥満, 高コレステロール血を増加させ, 各種の知的機能テストの成績を低下させると報告されている。そこで寮内学生 (19~21歳) につき分析を行い下記の成績を得た。
    1978 (人数=102) 1979 (人数=106)
    朝食 欠食者(85名) 摂取者(17名) P 欠食者(64名) 摂取者(42名) P
    〔摂取量/日〕
    エネルギー (kcal) 1,916 2,180 <0.1 2,105 2,459 <0.01
    たん白質 (g) 63.1 66.4 <n.s. 67.0 80.8 <0.01
    炭水化物 (g) 283.6 345.1 <0.01 295.4 352.2 <0.001
    カルシウム (mg) 296.4 408.8 <0.02 409.4 499.0 <0.02
    〔24時間尿中成分〕
    尿素 (g) 7.05 6.58 <0.5 7.49 8.43 <0.5
    カルシウム (mg) - - - 410.8 497.3 <0.05
    〔血清〕
    コレステロール (mg/dl) 190.8 186.4 n.s. 188.5 191.4 n.s.
    〔学業〕
    全学科成績 71.51 75.74 <0.01 72.97 75.29 <0.02
    平均得点順位 58.1 35.9 <0.01 59.4 44.1 <0.02
    年間欠席時限数 87.3 53.7 <0.05 89.2 63.4 <0.05
    コレステロール値は米国青年の値よりわずかに高い。
    身長 (169.9対170.7cm), 体重 (61.6対63.0kg), HDL-コレステロール (52.5対53.5mg/dl), トリグリセリド (116.8対123.7mg/dl), カウプ指数 (2.147対2.181), 出身地南北差等には上記両群の差はなかった。
    朝食の欠食は上記の表の栄養素摂取量を低下させたが, 食事の欧風化にも拘らず, 肥満やコレステロールを増加させなかった。また欠食者に学業成績, 出席率の不良なものが多く見出された。
  • 三谷 璋子, 守 康則
    1980 年 38 巻 6 号 p. 295-301
    発行日: 1980/11/25
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    酵素的褐変反応物のα-アミラーゼに対する作用を, カテコールーポリフェノールオキシダーゼ褐変系及びカテコールーポリフェノールオキシダーゼーアミノ酸褐変系について検討し, 次の結果を得た。
    1) カテコールーポリフェノールオキシダーゼ系の褐変反応液は, α-アミラーゼ活性を阻害し, 褐変反応液の透析性成分, 非透析性成分ともに酵素活性を阻害し, 後者の酵素阻害度が若干大きい。
    2) カテコールーポリフェノールオキシダーゼーアミノ酸系の褐変反応液はα-アミラーゼ活性を阻害するが, 酵素-カテコールーアミノ酸系の酵素阻害度は, 酵素-カテコール系に比較して小さく, また, その阻害活性は反応系のアミノ酸の種類によって左右される。
    3) カテコールーポリフェノールオキシダーゼ系褐変反応液は, セファデックスG-25のゲル炉過により2つの褐変色素成分 (P-1, P-2) に分画され, このうち高分子褐変色素成分 (P-1) が低分子褐変色素成分 (P-2) より酵素阻害度が大きい。
  • 池上 幸江, 斎藤 衛郎, 永山 スミ子, 印南 敏, 西出 英一
    1980 年 38 巻 6 号 p. 303-309
    発行日: 1980/11/25
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    PCB投与動物におけるビタミンA貯留の低下と過酸化脂質生成の機構を明らかにする目的で本実験を行った。
    PCBは0, 0.01, 0.025%と, ビタミンEはα-トコフェロールアセテートとして10, 25mg%を組み合わせた飼料を雄, 幼白ねずみに10日間投与した。
    1. 白ねずみの体重増加に対しては, PCBもビタミンEも有意な影響は与えなかった。PCBの投与量が増加すると, 肝臓の肥大が著しくなるが, ビタミンE含量が25mg%の飼料の投与によってこれを抑制することはできなかった。
    2. PCBと同時に, ビタミンE含量の高い飼料 (25mg%) を投与すると, 肝臓のビタミンE含量が高まる。これに対し, PCBを含まない飼料では, 飼料中のビタミンE含量が肝臓のビタミンE含量に影響することはなかった。
    肝臓のビタミンA含量は, PCBの投与量の増加にともなって低下し, 飼料ビタミンE添加による影響はみられなかった。
    3. PCBの投与量が多い場合には, 肝臓のTBA値は有意に上昇するが, 飼料ビタミンEレベルの増加 (通常レベルの2.5倍) による効果はみられなかった。
    肝臓全体に含まれるグルタチオンパーオキシダーゼ活性は, PCBの投与や飼料ビタミンEのレベルによって変わらず, したがってPCBによる肝臓肥大のために組織g当たりでは活性は低下していた。
    4. PCBの投与は, 肝臓ミクロゾームのチトクロームP-450を誘導するが, 飼料ビタミンEレベルの増加はこれを抑制した。
  • 小畠 義樹, 石黒 紀子, 平原 文子, 印南 敏, 西出 英一
    1980 年 38 巻 6 号 p. 311-319
    発行日: 1980/11/25
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
    オキアミを10%または20%たん白質レベルで添加した飼料をラットに21週間連続投与し, 対照の10%と20%カゼイン飼料投与ラットと栄養状態を比較した。10%オキアミ飼料投与では対照群との間で, 種々のデータについて差が殆んど見られなかった。しかし20%オキアミ飼料は対照のカゼイン飼料に比べ, 体重増加量, 飼料摂取量, 血清鉄濃度, ヘモグロビン濃度, 赤血球数, 副睾丸周辺脂肪組織重量等の低下または減小が起こり, 逆に総鉄結合能, 腎臓重量等は増加していた。更に飼料中へ無機塩を必要量を越えて添加した場合も血清鉄濃度低下, 赤血球容積の低下が起こっていた。これらの結果から, 20%オキアミ飼料投与により鉄欠乏性貧血の発症の疑いをいだかせた。また体内過酸化脂質や血清コレステロールもオキアミ飼料投与で特に上昇を認めなかった。脂肪組織脂肪酸組成はオキアミ飼料投与によりオキアミ脂質の影響を強く受けていた。
  • 厚生省公衆衛生局栄養課
    1980 年 38 巻 6 号 p. 321-325
    発行日: 1980/11/25
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
feedback
Top