栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
45 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 伊東 蘆一
    1987 年 45 巻 1 号 p. 3-9
    発行日: 1987年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 吉田 繁子, 若林 敏子, 出宮 一徳
    1987 年 45 巻 1 号 p. 11-22
    発行日: 1987年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    高齢化社会にあたり, 老年者への栄養指導の指針を得ることを目的に, 3世代同居世帯の老人を対象に, その嗜好と食物摂取行動を調査し, 次の結果を得た。
    1) 食品96種のうち老人の好きな食品は, 飯・餅・玉ねぎ・豆腐・わかめ・いちご, 嫌いな食品は, いか・たこ・レバー・鯨肉・納豆・山羊乳・スキムミルク・チーズ・ヨーグルト・ハム・ソーセージ・スパゲッティ・さんま・わかさぎ・竹輪・がんもどき・インスタントラーメン・ふだん草で, 食品35種への嗜好には, 数量化III類により性差, 年齢差がみられた。
    2) 料理65種類のうち老人の好きな料理は, 刺身・魚の煮付け・たくあん漬け・いもの煮ころがし・五目寿司, 嫌いな料理は豚ちり・しゅうまい・うの花和え・からし和えおよびわさび和え・カレーライス・ピラフ・サンドイッチで, 数量化III類により, 性差, 年齢差がみられた。
    3) 食品群嗜好の主成分分析によると, 第1主成分は嗜好の大きさ, 第2主成分はたん白質性食品, 非たん白質性食品への嗜好の性質, 第3主成分は豆・豆製品類と穀類, 卵類の嗜好に関する成分であり, 料理群嗜好の第1主成分は料理群への嗜好の大きさ, 第2主成分は和風の日常的料理と洋風料理への嗜好傾向を示した。
    4) 主食摂取パターンには性差がみられ,“3食とも飯”は男性に多く, 統計上有意の差があった。また, 味付けの好みには年齢差はなく性差がみられ, 特に“酸っぱいもの”を好むものは, 有意に女性に多かった。
  • 坂本 むつ子, 小松 良子, 河内 卓, 豊川 裕之
    1987 年 45 巻 1 号 p. 23-31
    発行日: 1987年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    地域における成人病の動態を, 人口動態調査死亡票より性・年齢・病名・住所別に調査したところ, 疾病構造パターンに地域特異性があることがわかった。
    地域特異性のある2地区 (心疾患死亡優位地区と脳血管疾患死亡優位地区) の日常生活に不自由なく, 健康な60歳以上の高齢者 (男50人, 女55人, 計105人, 平均年齢71.2歳, ほとんどの人が無職) を対象に, 食事調査を実施した。
    調査方法は3日間の食物摂取状況調査, 食生活アンケート調査で, 多変量解析により食物消費パターンの検討も行った。
    結果は, 地域・各個人により大きな差があることがわかった。心疾患死亡優位地区では, 主食パン型副食多食の近代型で, スナック, コーヒー, 牛乳という食生活で, 朝・昼・夕にご飯という人は, わずかに17%にすぎなかった。また, 脳血管疾患死亡優位地区では, 主食米型副食少食の伝統型で, 約70%の人が朝・昼・夕ご飯を食べてみそ汁と漬け物をとっていた。個々人についてみると, 心疾患死亡優位地区では, 糖質, 脂肪がそれぞれ所要量の3.8倍, 2.2倍も多く摂取している人がいた。反対に脳血管疾患死亡優位地区では, エネルギー, 脂肪が所要量にみたない人がいるなど個人差が幅広くみられた。
  • 石榑 清司, 垂水 公男, 池田 順子
    1987 年 45 巻 1 号 p. 33-39
    発行日: 1987年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    習慣的飲酒者と非習慣的飲酒者の食物摂取状況を把握するために, 1984~1985年にかけて, 学生500名, 都市部勤労者196名, 農村部勤労者629名の成人男子計1,325名を対象に, 著者らが分類した11の食品群と酒の摂取頻度を調査した。
    習慣的飲酒者と非習慣的飲酒者の間の食品群摂取頻度は, 学生, 勤労者のいずれの集団もほとんどの食品群で大きく相違していなかった。また, 両者間の頻度の相違の傾向も全集団に共通するような場合は認められなかった。しかしながら, 数量化分析II類の結果では, 習慣的, 非習慣的飲酒者の判別に果物, 漬物・梅干, いもの3食品群がほとんどの集団で比較的大きく寄与し, 都市部勤労者の習慣的飲酒者は非習慣的飲酒者に比べていもの摂取頻度が高いのに対し, 農村部勤労者の習慣的飲酒者は摂取頻度が低い傾向にあった。
  • 厚生省保健医療局健康増進栄養課
    1987 年 45 巻 1 号 p. 41-44
    発行日: 1987年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top