栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
ISSN-L : 0021-5147
63 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 奥 恒行
    2005 年 63 巻 1 号 p. 1-2
    発行日: 2005/02/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
  • 岡 純
    2005 年 63 巻 1 号 p. 3-12
    発行日: 2005/02/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
    Hyperuricemia and gout are included among such lifestyle-related diseases as obesity, diabetes, hypertension and dyslipidemia. Hyperuricemia involves the serum urate level exceeding the solubility limit, the resulting crystallized urate deposits causing gouty arthritis and a renal disorder induced by gout. Uric acid is an end product of purine nucleotide degradation. This review summarizes recent biochemical and molecular biological data from principally Japanese studies on purine nucleotide biosynthesis, uric acid formation and its renal excretion. The Japanese Society of Gout and Nucleic Acid Metabolism published in 2001 guidelines for the management of hyperuricemia and gout in order to standardize the diagnosis and therapy of these disorders. These guidelines define hyperuricemia as a urate concentration of over 7mg/dl in the blood, indicating the solubility limit based on the physicochemical properties of urate. The required change of patients' lifestyles, including dietary habits, is also reviewed
  • 瀬川 和史, 山本 由喜子
    2005 年 63 巻 1 号 p. 13-20
    発行日: 2005/02/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
    大阪市内の保育所における食物アレルギーへの対応状況, 除去食実施の状況を調べ, 保育所での除去食実施上の困難や問題点を検討した結果, 以下のことが明らかになった。
    1) 大阪市内の保育所給食では食物アレルギー児に対する除去食や代替食品による対応の普及が高い水準にあったが, 一部に不十分な対応もみられた。また, 食物アレルギー児や除去食対応児は, 園児数が少ない保育所で高率であることが示された。
    2) 除去食の開始に医師の了解を必要とする保育所は70.7%と高い割合であった。しかし, 保護者や保育士の申し出により開始している保育所もあり, 医師の指示のもとに除去食を開始することをさらに徹底させる必要性があると考えられた。
    3) 食品別では卵と牛乳の除去が特に多かった。卵の除去は低年齢で高い割合であるが高年齢で減少した。そば, 果物, 種実などの除去は高年齢になるにつれて増加し, 高年齢で除去食品の構成が複雑化することが示された。
    4) 除去食品の組み合わせでは, 3種類の除去が8.4%, 4種類以上の除去が6.6%で, 複雑な除去食に対応している状況が示された。2種類以上の組み合わせでは卵と牛乳の除去が特に多く, 除去に際しては十分な栄養面での配慮が必要であると考えられた。
    5) 食品除去の困難さは, 素材食品そのものよりもそれを加工・調理したものの方がより大きく, 特に醤油などの大豆を使った調味料の除去が最も困難であることが示された。また, 除去食実施上の困難さは, 園児が受け入れやすい外観を確保する, といった心理的配慮の面で困難さが大きいことが示された。また, その困難さは, 除去食対応児のより多い保育所が少ない保育所よりも, より強く感じていることが示された。
    6) 除去食実施の担当者は調理員が主要な担い手であることが示され, 除去食の準備に必要な専門知識を持った栄養士がより多く配置されて, 保育所給食に対応することが望まれた。
  • 薄井 澄誉子, 金子 香織, 岡 純, 田畑 泉, 樋口 満
    2005 年 63 巻 1 号 p. 21-25
    発行日: 2005/02/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
    The basal metabolic rate (BMR) in 46 fit older people (age: 66±3yrs., height: 163.3±9.5cm, body weight (BW): 59.0±10.4kg; mean±SD) was evaluated in relation to the body composition (body fat mass (FM): 15.3± 4.0kg, lean body mass (LBM): 43.7±9.5kg). BMR for all the subjects was 1, 328±218kcal/day, 22.6±1.9kcal/kgBW/day, and 30.9±3.6kcal/kgLBM/day. BMR (kcal/day) was significantly correlated with BW (r=0.87, p<0.001) and LBM (r=0.85, p<0.001). The height, BW, BMI and LBM were significantly higher in the males than in the females (p<0.01, respectively). No difference was apparent in FM between the two sexes. BMR (kcal/day) was higher in the males than in the females (p<0.01), but the males had lower BMR in terms of kcal/kgBW/day and kcal/kgLBM/day than the females (p<0.05 and p<0.01, respectively). No significant difference was apparent in the adjusted BMR (kcal/(kgLBM±24.5)/day) between the males and females. A multiple-regression analysis showed the most powerful predictor to be LBM and the second most powerful to be FM of BMR in fit older people.
  • 松崎 広志, 根元 智子, 勝間田 真一, 上原 万里子, 鈴木 和春
    2005 年 63 巻 1 号 p. 27-31
    発行日: 2005/02/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
    The effect is investigated of dietary magnesium (Mg) supplementation on the Mg, calcium (Ca) and phosphorus (P) utilization in Mg-deficient rats. Three-week-old male Wistar rats were fed on either a control diet (control group) or Mg-deficient diet (Mg-deficient group) for 28 days. Half the rats in the Mg-deficient group were then changed from the Mg-deficient diet to the control diet (recovery group) for 14 days. The Mg-deficient group displayed a change in Mg, Ca and P utilization (balance study and serum level). After the diet had been changed, the apparent absorption of Mg, the urinary excretion of Mg and Ca, and the retention of Mg and P were significantly higher in the recovery group than in the Mg-deficient group. The urinary P excretion was also significantly lower in the recovery group than in the Mg-deficient group. The serum Mg and P levels were also significantly higher in the recovery group than in the Mg-deficient group after the diet had been changed, while the serum Ca level was significantly lower in the recovery group than in the Mg-deficient group. The results of this study suggest that the Mg-deficient diet induced changes in the Mg and P balance, and that the serum levels of Mg, Ca and P were restored by changing from the Mg-deficient diet to the control diet.
  • 金田 雅代
    2005 年 63 巻 1 号 p. 33-38
    発行日: 2005/02/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
  • 薄井 澄誉子, 田畑 泉
    2005 年 63 巻 1 号 p. 39-40
    発行日: 2005/02/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
feedback
Top