RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
46 巻 , 4 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 緒方 良至, 加藤 洋介, 落合 佐栄子, 戸松 浩, 佐藤 芳郎, 笹川 庄平, 堀場 博夫, 古手川 太一, 西澤 邦秀
    1997 年 46 巻 4 号 p. 205-213
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    放射性廃液槽内の放射能濃度を均一とするために100m3の貯留槽用の撹拌システムを製作した。システムは, 放水器, 水中ポンプ, 配管系と制御装置で構成されている。システムの性能は, 赤インクの計算濃度と1槽あたり6か所で採取した濃度とを比較することにより評価した。方向可変6吐出口を装備した放水器を用いて60-120分撹拌後に濃度は平衡に達した。希釈用の水道水中の残留塩素は, 赤インクを脱色し, その濃度を低下させる場合があった。希釈槽の槽頂部から水道水を注水するのみでは, 濃度は均一とならなかった。撹拌システムは, 廃液を排水する前に, 排水中の放射能濃度が法定濃度限度以下であることを保証するために有効である。
  • 松坂 尚典, 山川 洋司, 佐藤 至, 津田 修治, 小林 晴男, 西村 義一
    1997 年 46 巻 4 号 p. 214-218
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    妊娠17日目のマウスに137Csを1回静脈内に投与した後, 胎子および母体臓器における137Csの取込みを放射線測定およびマクロオートラジオグラフィによって調べた。投与後24時間目の胎子1匹あたりにおける取込み量は投与量の0.8%で, 1腹あたりに換算すると投与量の11%となった。さらに, 投与後24時間目における胎子各臓器の137Cs濃度は0.4-0.8%/gであったのに対して, 母体各臓器の濃度は2-6%/gであり, 母体臓器における濃度のほうが胎子臓器の濃度よりも4-6倍ほど高くなった。特に, 母体の器官のなかでも唾液腺が最も高い濃度を示し, 投与後1時間目および24時間目では, それぞれ25%/gおよび6.4%/gとなった。唾液腺は甲状腺に近接して存在しているので, 唾液腺における137Csの顕著な取込みについて注目する必要がある。マクロオートラジオグラムの所見は, 放射線測定によって得られた結果を支持するものであり, カラーで示された像は137Csの臓器分布を視覚的に捉えるのに役立つ。
  • 村瀬 研也, Youpu ZHANG, Yilong MA, 山本 皓二, Alan C. EVANS
    1997 年 46 巻 4 号 p. 219-225
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    Magnetic resonance imaging (MRI) provides high-resolution anatomical information. In this study, we investigated the usefulness of an MRI-constrained method for image reconstruction of positron emission tomography (PET) . We started the reconstruction process with a conventional Bayesian reconstruction (BAY) method. Typically after 7 iterations, we calculated the apparent radioactivity ratio between gray matter and other tissues such as white matter and cerebrospinal fluid from both the PET image and tissue classification probability images generated from segmented MR images, and then increased this ratio to enhance the functional boundary gradient. We multiplied the apparent ratio by 2.0. Subsequently, the cross-correlation between anatomical and enhanced functional boundary maps was incorporated into BAY using the weighted line site method. This algorithm was tested with simulated PET projection data generated from an MRI based three-dimensional brain phantom, including the effects of resolution, attenuation, scatter and Poisson noise. The reconstructed images were evaluated in terms of root mean square distance (RMSD) from the true image. This method improved RMSD by 39.6%, 33.5%, and 33.0% on average, compared to (i) the filtered backprojection method, (ii) the maximum-likelihood expectation-maximization method and (iii) BA Y method, respectively. Our preliminary results suggest that incorporation of both anatomical and tissue classification information into the image reconstruction process is useful for improving the qualitative and quantitative accuracy of PET images.
  • 加藤 克彦, 池田 充, 田所 匡典, 吉田 貴代, 小林 英敏, 石垣 武男
    1997 年 46 巻 4 号 p. 226-229
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    In the present study, we examined the influences of gender and ages on accumulation in the patellae on scintigram. The subjects were 828 patients who underwent bone scintigraphy during the past one and half years at the Department of Radiology, Nagoya University Hospital. Patients younger than 20 years old and those with abnormality of the patellae were excluded. The degree of accumulation in the patellae was evaluated using the A-P whole body scintigraphy in comparison with accumulation at the diaphysis of the femur and classified to two categories, “Positive” (higher accumlation than that of the diaphysis of the femur) and“Negative” (equal or lower than that of the diaphysis of the femur) . In general, the degree of accumulation was higher in females than in males. In both males and females, the degree of accumulation increased with age. A difference between the two sides in the degree of accumulation in the patellae was observed in 32% of subjects. The results of this study may serve as basic data for the interpretation of bone scintigrams.
  • 津村 昭人, 市橋 秀樹, 山崎 慎一
    1997 年 46 巻 4 号 p. 230-238
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 忠和
    1997 年 46 巻 4 号 p. 239-253
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 古坂 道弘
    1997 年 46 巻 4 号 p. 254-259
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 勝村 庸介
    1997 年 46 巻 4 号 p. 261-262
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 松山 倫也
    1997 年 46 巻 4 号 p. 263-264
    発行日: 1997/04/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top