RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
55 巻 , 11 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 小川 幸次, 依田 一重, 岩波 茂, 野崎 正
    2006 年 55 巻 11 号 p. 665-669
    発行日: 2006/11/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    次の操作により, 99mTc-過テクネチウム酸をジェネレータから蒸発残渣の存在しない水溶液として得ることができる。 (1) 生理食塩水の代わりにNaNO2水溶液による溶離; (2) NH4形の陽イオン交換樹脂による溶離液中におけるNa+のNH4+置換; (3) 溶出液の99mTcを含む部分の捕集と加熱によるNH4NO2のN2とH2Oへの分解。この方法の必要性と有用性を検討し, 適用例として99mTc標識炭素エーロゾルの調製を示す。
  • 山野 俊也, 小林 祐介, 原 雅樹, 白川 芳幸
    2006 年 55 巻 11 号 p. 671-678
    発行日: 2006/11/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    モニタリングポストは, 原子力施設における放射線及び放射性物質の漏えい監視のために有用な装置である。この装置は空間線量率 (μSv/h, nGy/h) や計数率 (cpm, cps) のデータを定期的に提供するものである。著者らはこのようなデータの他に原子力事故の早期の発見, あるいは異常データの的確な解釈に有用なγ線の飛来方向を計測できる新型のモニタリングポストを試作した。この検出器は, 扇形をしたNal (Tl) , CsI (Tl) , BGOの3種類のシンチレータと光電子増倍管より構成される。飛来方向によって, それぞれのシンチレータが作る光電ピークの計数が変化することを利用したものである。低エネルギーの241Am (60keV) , 中エネルギーの133Ba (356keV) , 137Cs (662keV) , 高エネルギーの60Co (1250keV) を用いて, 電磁カスケードモンテカルロシミュレーション (EGS) , 及び実験によってエネルギー領域ごとの方向計測感度の特性を評価した。この結果, 本検出器は広いエネルギー領域においてγ線の飛来方向を計測できることが確認された。
  • 楢崎 幸範, 安岡 由美, 志野木 正樹, 石川 徹夫, 床次 眞司
    2006 年 55 巻 11 号 p. 679-686
    発行日: 2006/11/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    地下水起源の飲用水中には高濃度のラドンが含まれることがある。飲用水中のラドンは, 人に対して健康被害をもたらすことも認められている。この水中に存在するラドンの濃度を低減させる目的で, 浄水器, 加熱, 曝気及びくみ置きについて, 飲用水中からのラドンの除去効果を検討した。 (1) 家庭用浄水器: ろ過材に粒状活性炭を用いた浄水器では, 短期間の除去効果は認められたが, 処理水量が増えるほどラドンの除去率は低下した。 (2) 加熱: 水中のラドン濃度は, 水温とともに減少し, 沸騰が開始するとラドンはほとんど除去された。 (3) 曝気: 空気を水中に分散させることによって, 効率の良いラドンの除去効果が得られた。ラドンの除去率は, 通気量とともに指数関数的に増加した。 (4) くみ置き: 蓋をしない容器中のラドン濃度は徐々に低下した。ラドンの除去率は水と空気との接触面積の大きさ, 容器の形状や深さに関係した。沸騰や曝気のように激しく界面が乱れ, 水中からの泡立ちがラドンの除去には効果的であった。
  • 佐久間 厚志, 中山 美保
    2006 年 55 巻 11 号 p. 687-690
    発行日: 2006/11/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    Radiation hormesis was studied for salad rocket plant (Eruca vesicaria sp.sativa), using different energies of X-ray (100 kV and 10 MV) . To get the optimum dose for plant to provide the highest growth, the dose for the seeds was changed from 0 to 3 000 mGy using 100 kV of X-ray. The highest growth of the plant was found for the dose of 600 mGy. When the seeds were irradiated to 600 mGy with 100 kV and 10 MV X-rays, in both cases, the growth of the irradiated seeds was higher than those without irradiation, where P-values were 0.0112 and 0.0214, respectively. In the case of 600 mGy irradiation, there was not any significant change in the plant growth between the seeds irradiated with 10 MV and 100 kV X-ray (P=0.862) .
  • 小村 和久
    2006 年 55 巻 11 号 p. 691-697
    発行日: 2006/11/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 理工学部会超低レベル放射能測定専門委員会
    2006 年 55 巻 11 号 p. 699-707
    発行日: 2006/11/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top