RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
64 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
原著
資料
  • 西尾 孝之, 北野 雅昭, 酒井 護, 高倉 晃人, 加田平 賢史, 西谷 隆司
    2015 年 64 巻 4 号 p. 229-244
    発行日: 2015/04/15
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    東北地方大震災で発生したがれきの広域処理を行うにあたり,大阪市域の放射性セシウムのバックグラウンド調査を行うとともに,市内のごみ焼却工場における焼却灰,下水汚泥焼却灰,浄水発生土の放射能に関して,これらの廃棄物回収系による集積・除去機能について検討した。大阪市で観測された降下ばいじん中放射性セシウム濃度から,市域に降下した放射性セシウムは約4.3GBqと推定されたのに対して,2011年に下水汚泥やごみとして回収された放射性セシウムは年間約0.9GBqにのぼると推定された。大阪市域の降下ばいじん中放射性セシウムは2012年6月以降検出限界値未満となり,原発事故2年目以降の追加的な放射性セシウムによる汚染は非常に少なくなったと考えられたが,2013年のごみ焼却飛灰中放射性セシウムは,2011年3月15日を基準日として減衰補正すると2011年の4割程度の濃度レベルであると計算された。剪定枝などの環境ごみ以外に,放射性セシウムを含有するものが市域外から移入されていると考えられた。
  • Susumu MINATO
    2015 年 64 巻 4 号 p. 245-253
    発行日: 2015/04/15
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    In order to understand the distribution of dose rate in the Fuji volcanic belt, theories of partial melting of rock and crystallization‐differentiation of magma have been applied to data of uranium, thorium and potassium contents of bedrocks collected through a literature survey.Dose rates due to mantle material(mantle dose rate) were estimated by using the partial melting theory. Applying the magmatic differentiation theory as well, dose rates due to bedrocks(rock dose rate) were calculated based on the mantle dose rate, which were compared favorably with observed data.Analysis of data of dose rates due to surface soils(soil dose rate) collected by other researchers along with a number of data measured newly in a considerable part of this belt revealed an across‐arc lateral variation in soil dose rate.
総説
  • 大井 信明, 白岩 善博
    2015 年 64 巻 4 号 p. 255-264
    発行日: 2015/04/15
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    微細藻類を用いたバイオ燃料創出のための技術開発が精力的に行われている。その実現のためには,オイル含有量の高い新規微細藻類株の自然界からの単離,培養条件の最適化によるオイル生成速度と蓄積量の増大,遺伝子工学や代謝工学による有用燃料脂質の合成能の向上や代謝改変技術の確立等を実現する必要がある。そのためには,微細藻類の有用脂質代謝経路に関する基礎情報が不可欠となるが,その詳細な解析技術は不十分である。そこで,イオントラップ型質量分析計を導入して,微細藻類のための脂質メタボロミクス手法の開発を試みた。その結果,海洋優占種の1種であるハプト藻Emiliania huxleyiを用いて,油溶性画分から10脂質種600以上の脂質分子種を同定する解析系の確立に成功した。
安定同位体利用技術
連載講座
中性子散乱による原子・分子のダイナミクスの観測
福島周辺における空間線量率の測定と評価
  • 津田 修一, 吉田 忠義, 安藤 真樹, 松田 規宏, 三上 智, 谷垣 実, 奥村 良, 高宮 幸一, 佐藤 信浩, 関 暁之, 武宮 博 ...
    2015 年 64 巻 4 号 p. 275-289
    発行日: 2015/04/15
    公開日: 2015/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    環境中における空間線量率測定に関する実用面で役に立つ情報を提供する。この中で,精度の高い測定に必要とされる基本的要件について実データを例示しながら説明するとともに,信頼のおける環境測定に広く使用されている手法の特徴や測定例について紹介する。また,これまでに公的機関を中心に測定された空間線量率やこれに関連したデータを閲覧できるインターネットサイトに関する情報を提供する。
feedback
Top