RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
61 巻 , 7 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
原著
ノート
  • 小濱 太郎, 石原 信弘, 小俣 和夫, 山田 善一, 喜多村 章一
    2012 年 61 巻 7 号 p. 365-371
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/07/28
    ジャーナル オープンアクセス
    素粒子,原子核実験の分野で広く使用されているマルチワイヤーチェンバー(multi-wire chamber)を進展させ,アノードワイヤーのピッチpaを狭く(1mm)にし,位置精度のよいチェンバーを試作した。アノードワイヤー面とグリッドワイヤー面は平行で,簡易に2次元的情報を得るようワイヤーの方向は互いに直角にした。
    設計にあたっては経験やシミュレーションに頼らず,電磁気学の基本に立ち,チェンバーの諸特性を解析的に求めた。信号の読み出しには独特の荷電分割法を開発し,信号は計4個のプリアンプで処理した。チェンバーの性能確認には,241Amから放出されるα線を使って「楓の葉」をサンプルにして影像を描かせて行った。
    アノードワイヤーのピッチが狭くてもチェンバーは稼働する。主要な特性を解析的に設計したチェンバーで平面スクリーン上に2次元的に,鮮明な「楓の葉」を映し出すことができた。
速報
総説
feedback
Top