RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
50 巻 , 8 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 山本 哲夫, 三枝 健二, 有水 昇, 国安 芳夫, 伊東 久夫
    2001 年 50 巻 8 号 p. 331-342
    発行日: 2001/08/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    千葉大学病院のホールボディカウンタを用いて, 405名の健常人と186名の患者を対象に, 全身カリウム (K) 量の測定を行った。全身K量は以下に示すレファレンス値として算出した。すなわち20歳代の健康人の全身K量を標準値とし, 体表面積で除し, かつ年齢と男女差を加味して補正し%表示した。405名の健常人のレファレンス値は100.65±9.22%であった。各疾患ごとのレファレンス値は以下のようになった。肝硬変: 94.24±11.22%, 慢性肝炎: 95.74±11.24%, 甲状腺機能亢進症: 99.37±10.8%, バーター症候群: 82.0±9.01%, 周期性四肢麻痺: 93.99±9.86%, 筋無力症: 97.34±6.42%, 低カリウム血症: 90.64±11.76%であった。また子宮癌, 乳癌, 貧血, 高血圧症ではそれぞれ, 97.78±11.5%, 99.22±8.88%, 96.64±12.73%, 98.5±9.63%となった。14例が75%以下の異常低値を示した。その内訳は肝硬変1例, 高血圧症3例, 糖尿病1例, 低カリウム血症3例, 周期性四肢麻痺1例, バーター症候群2例, 薬物中毒2例, 乳癌1例であった。バーター症候群の1例, 周期性四肢麻痺の3例, 高血圧症2例, 肝硬変1例, 筋無力症1例では, 経時的に全身K量が測定され, 病状の経過との間に関連が見られた。
  • 中村 綾子, 大崎 進, 早渕 尚文
    2001 年 50 巻 8 号 p. 343-352
    発行日: 2001/08/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    2000年6月から11月までの福岡県久留米市中央浄化センターの放流水と下水汚泥中の99mTc, 123I, 67Ga, 201Tl, 111Inと131Iの放射能濃度を測定した。あわせて, 処理区域内の四つの医療機関に対して, 患者に投与した放射性医薬品の投与量の調査も実施した。処理場の放流水中には, 投与量の99mTcでは約1.1%, 123Iでは約1.5%, 67Gaでは約4.3%, 201Tlは約0.4%の放射能が検出された。これらの核種の濃度は, 法令で定められた濃度限度の約1/100000に相当した。
    131Iは, 処理場の汚泥中のみで検出され, 放流水中では検出されなかった。汚泥中の131Iの有効半減期は, 汚泥の連続測定から概算して約5.5日であった。
    下水処理システムにおける核医学で使用した放射性核種の移行過程を, コンパートメントモデルを用いて分析した。その結果, 下水処理場へ流入している排水中の放射性核種の濃度が, 濃度限度の約1/10000から1/1000程度であると推察された。
  • 佐藤 至, 津田 修治, 鈴木 忠彦, 小林 晴夫
    2001 年 50 巻 8 号 p. 353-356
    発行日: 2001/08/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    The radioprotective effects of certain heavy metals are due to the induction of metallothionein synthesis. However, magnesium, which does not induce metallothionein, also shows a similar radioprotective effect. Thus, some factor other than metallothionein may contribute to the radioprotective effects of metals. In this study, metallothionein, glutathione, glutathioneperoxidase, catalase and superoxide dismutase were examined in mice injected with magnesium or manganese to elucidate the mechanism of the radioprotective effect. Magnesium affected none of the antioxidative factors examined. Manganese increased metallothionein content in the liver but not in the kidneys, brain or intestinal mucosa. The other factors were not affected by manganese. These results suggest that the radioprotective effect of magnesium is not mediated by the activation of antioxidative systems in the body.
  • 木村 捷二郎, 山沖 留美
    2001 年 50 巻 8 号 p. 357-362
    発行日: 2001/08/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    The water culture experiment of Houttuynia cordata of the medicinal plant was carried out, and basic study on 137Cs accumulation characteristic and internal circulation in H.cordata in the fruiting stage was investigated since the flowering season.
    H. cordata accumulated 80 % of 137Cs absorbed unlike K to the root, rhizome, terminal bud of the underground part for the rhizome reproduction. 137Cs content to the young leaf, spike, involucre increased in the flowering season. Thereafter, 137Cs was recirculated to the developing organs in second generations such as the rhizome and bud.
  • (1) 外科用TiインプラントからのTi漏出測定
    井手 亜里
    2001 年 50 巻 8 号 p. 363-369
    発行日: 2001/08/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
  • (2) 超高分解能マイクロビームPIXE計画による生物学利用計画
    神谷 富裕
    2001 年 50 巻 8 号 p. 370-376
    発行日: 2001/08/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
  • 加藤 美砂子
    2001 年 50 巻 8 号 p. 377-379
    発行日: 2001/08/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
feedback
Top